#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第27章 観察 40偈

40 ここなる人が苦しみを見ないというのは、見ない人が(個人存在の諸要素の集合が)アートマンであると見ることなのである。しかし(すべてが)苦しみであると明らかに見るときに、ここなる人は「(何ものかが)アートマンである」ということを、つねにさらに吟味して見るのである。

                              以上第27章 観察


(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)


*法津如来のコメント

この偈はわかりにくいかもしれませんが、すなおに読んでいきましょう。

「ここなる人」とは、ある人ということです。「ある人が苦しみを見ないということは」、つまりこの人は衆生です。

訳者がカッコで補った(個人存在の諸要素の集合が)は、色受想行識のこと、つまり個人の存在がアートマン(我、自己)だと考えることです。

「しかし(すべてが)苦しみであると明らかに見るときに、」これがわかり難くしているのですが、これを「しかし(すべてが)苦しみであると明らかに見るべきときに、」とすれば、わかり易くなるでしょう。解脱した覚者は、「(すべてが)苦しみであると明らかに見る」のです。

「ここなる人は「(何ものかが)アートマンである」ということを、つねにさらに吟味して見るのである。」とは、衆生は「何がアートマン(我、自己)であるか」と、つねにさらに吟味して見るということです。






この記事へのコメント