#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第33章 バラモン 82偈

82 熱心につとめ瞑想しているバラモンにとって、これらの徳が現れるとき、かれは全世界を照らしている。___ブッダはすべての束縛の絆(きずな)から解脱しているからである。

(中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)
 

*法津如来のコメント

「かれは全世界を照らしている。」とは、ブッダ(仏、如来)は人々に進むべき道を示しているという意味です。

かれがそれができるのは、「すべての束縛の絆(きずな)から解脱しているからである。」と説かれています。

「束縛の絆(きずな)」については、この章の72偈で説明しました。
https://76263383.at.webry.info/202007/article_11.html

その要点は次の通りです。
(以下引用)

「一切の煩悩の汚れ」が「かれの束縛の絆(きずな)」なのです。

例えば、怒りという煩悩を考えましょう。怒りが現れた人は怒りに束縛されます。かれは穏やかな幸せな気分で居たくともそれはできません。

欲望という煩悩でも同じです。あるものに対する欲望が生まれた人には、どんな美しい風景のなかに居ても、その風景を楽しむことはできません。その人はその欲望に束縛されているからです。

しかし、真理を観ずることができるようになれば、かれの潜在意識は束縛の絆(きずな)は幻想であることを知るのです。それがわかれば束縛の絆(きずな)は消滅するのです。
(以上引用)