優しさと、人間として一番優れていること

10月4日の記事の中で、「『やさしい』を漢字で書くと『優しい』となります。」と書きました。

それについて、halさんから「人を 憂える やさしい ひと」とコメントを頂きました。

始めは、優は「人を憂う」と書いていることに気づきませんが、さらにhalさんから、次のブログ記事の紹介コメント頂きました。

【優という字 太宰治】 優しさと、人間として一番優れていること
https://ameblo.jp/kotonohakokoro/entry-11437946340.html

(以下引用)
■太宰治

「私は優という字を考えます。
 これは優(すぐ)れるという字で、
 優良可なんていうし、
 優勝なんていうけど、

 でももう1つ読み方があるでしょう?
 優(やさ)しいとも讀みます。
 そうしてこの字をよく見ると、
 人偏(にんべん)に、憂ふと書いています。
 人を憂(うれ)へる。

 ひとの寂しさ侘しさ、つらさに敏感な事、
 これが優しさであり、
 また人間として一番優(すぐ)れている事ぢゃないかしら」

 1946年4月30日付け 河盛 好蔵あて書簡より

(以上引用)

halさんのコメントはいくつかのコメントの中で埋もれてしまわないように、今回取り上げてみました。