健康と満足信頼あるならば しかし涅槃に至れば最高

ダンマパダ 204

健康は最高の利得だ
満足は最高の財産だ
信頼は最高の親族だ
涅槃は最高の幸福だ


○この詩から学ぶこと

 「健康にまさる幸せはない」という諺があります。特に病院に入院して退院した時などには、つくづくそのように感じます。

 どんな条件下でも、満足している人は幸福です。健康であっても満足していない人々もいます。先日、ある知人から「職探しなかなかうまく運ばない」とメールがきました。 その方は健康で、そこそこ悪くない職場で働いているのに、不満を漏らしているのです。私は「そこにある今の幸せ感じろよ」と返信しましたが、健康であっても、満足してない人は幸福とは言えません。その方もこのブログを読むかもしれませんので、あまり悪口は言えません。その方はとても良い方なのです。

 信頼が幸福であることは、太宰治の短編小説「走れメロス」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E3%82%8C%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%82%B9)を読むと感動的に理解できます。しかし、現代日本社会では信頼が親族と結びつかないことが残念です。

 健康は幸福です。満足も幸福です。信頼も幸福です。しかし、それら以上の幸福、最高の幸福が涅槃だとこの詩は述べています。

○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200807/article_15.html

○この詩に関するスマナサーラ長老の法話(日本テーラワーダ仏教協会HPより)

http://www.j-theravada.net/howa/howa114.html
 一番を目指して生きる ~「最高」の理論的な定義~

○健康と満足信頼あるならば しかし涅槃に至れば最高

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

"健康と満足信頼あるならば しかし涅槃に至れば最高" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント