103.唯一自己に打ち克てるかれこそ真の勝者なり

ダンマパダ 第8 千の章 103

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマー サンブダッサ
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

戦場において百万の
敵人を征服するよりも
唯一自己に打ち克てる
かれこそ真の勝者なり


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

戦場で百万人に
打ち勝つよりも
一人の己に勝つ者が
最上の勝者だ 


○子供のためのダンマパダ

君が勝つのがむずかしい
最強の相手は誰だか知っている?
それは君自身だよ
なぜだか分かるかな?





○一口メモ

 今日は、「子供のためのダンマパダ」の君に答えてみましょう。

 かけっこで速いA君に、かけっこで負けるよね。でもかけっこで負けるだけだから、たいしたことないよ。相撲の強いB君に相撲で負けるね。でも相撲で負けるだけだから、たいしたことないよね。ゲームの強いC君に、ゲームで負けるね。でもゲームで負けるだけだから、たいしたことないよね。負けても、みんなで楽しく遊べるから問題ないよ。

 でも、自分で決めたことを守れないとどうだろう。例えば、君は学校の授業をよく遅刻するね。なぜ遅刻するのかな。君は遅刻はしないと決めたよね、でも守れない。なぜかな?朝早く起きれないからですね。なぜ朝早く起きれないのかな? 早く寝ないからだよね。 なぜ早く寝ないのかな?ゲームで遊んでいるからだよね。ゲームが面白くてやめられないのだよね。でも、遅刻しないためには、ゲームをやめて、早く寝る必要があるのだよ。ゲームを続けたいという自分の欲望に勝つ必要があるのだよ。この自分の欲望に打ち勝つのは、大人でもなかなか難しい。それで、人生を失敗する大人が多いだよ。

 君は遅刻しないためには、ゲームを早く止めることに、半分気がついていても、そういうことだとはっきりさせなかったよね。でも、人のことだとよく分かるのだよ。君のお姉さんがダイエットをしてるくせに、美味しいケーキを二個食べているの知っているよね。君は一個でやめればいいのにとよく分かっているよね。でも自分のことになると、そういうことも分からなくなるのだよ。人間は自分が成長するために、幸福になるために、自分の欲望を制限しなければならないとは知っていても、それを実行することは非常に困難なことなのだ。だから、「自分自身の最強の相手とは自分自身なのだ」というのだよ。

 スマナサーラ長老の説法はこの問題に別の観点に書かれています。この詩のできた由来の物語も解説されていますので是非お読み下さい。

○この詩に関するスマナサーラ長老の説法

本気でチャレンジ ~されど競争相手は作るな~
http://www.j-theravada.net/howa/howa36.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

戦場で百万人に勝つよりも一人の己に打ち勝ちがたい
http://76263383.at.webry.info/200903/article_17.html


○パーリ(語)原文

103.
ヨー サハッサン サハッセーナ
Yo   sahassaṃ   sahassena,
彼が  千に    千によって (1000X1000=1000000)
サンガーメー マーヌセー ジネー
saṅgāme     mānuse    jine;
戦場で    人間達に   勝つとしても
エーカンチャ  ジェッヤマッターナン
Ekañca       jeyyamattānaṃ,
一人の しかし 勝つなら 自己に
サ  ウェー サンガーマジュッタモー
sa   ve     saṅgāmajuttamo.
彼は 実に   最上の戦勝者

○99番までの詩のパーリ語については、日本テーラワーダ仏教協会のホームページの「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ(記録文責 柴田尚武様)を参照しておりましたが、99番で終了しております。100番からは、正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。関係者のみなさま大変ありがとうございます。尚、このまとめは現在ネット上にはアップされておりません。広く皆様にも活用できますように、ネット上に掲載して頂けるようにお願いしております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~


~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

"103.唯一自己に打ち克てるかれこそ真の勝者なり" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント