仏教徒 法に反して 望まない 子供と財産 権力などを(84)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ナ   アッタヘートゥ  ナ   パラッサ   ヘートゥ
Na   attahetu       na   parassa    hetu,
なく  自分のためで  なく  他人の   ためで

ナ  プッタミッチェー ナ   ダナン  ナ   ラッタン
na   puttamicche   na    dhanaṃ  na    raṭṭhaṃ;
ない 子供を欲し   ない  財産を  ない  国を

ナ  イッチェッヤ アダッメーナ  サミッディマッタノー  
Na   iccheyya   adhammena   samiddhimattano,
ない  欲し     法に反して    成功を  自分の

サ  シーラワー  パンニャワー  ダンミコー    スィヤー
sa   sīlavā     paññavā     dhammiko     siyā.
彼は 戒を守る   智慧のある   法に従う者で  あるだろう


○直訳
自分のためでなく、他人のためでなく
子供を欲しない、財産(を欲し)ない、国(を欲し)ない
法に反して欲しない、自分の成功(を欲し)ない
彼は戒を守る、智慧のある、法に従う者であるだろう

○意訳
賢者は自分のためにも、家族のためにも
子供も、財産も、権力も欲しいと思わない
道理に反して、自分が成功しようとは思わない
彼は戒と智慧と真理を備える者となるだろう

○一口メモ
このブログの中で、一番アクセス数が多い記事はこの84番の詩に関するものです。なぜなれば、従来のこの詩の日本語訳では仏教を誤解される恐れがあることを、2008年9月28日のこのブログで発言し、誤解のない訳を発表したからです。

その日の前日、ゴータミー精舎でスマナサーラ長老はこの詩の解説をされました。その眼目は、仏教は法(道理)に反する主張はしないということにありました。ですから、この詩において、「子を望んでではならぬ。財をも国をも望んではならぬ。」と主張することは道理に反する思考と取られます。この詩で述べていることは「法に反して、子供、財産、権力、自分の成功を望まない」ということでありました。

今回この詩をパーリ語で読み返してみると、「子供を望んではならぬ」とは書いてないのです。「子供を望まない」という賢者の気持ちが書いてあるのです。賢者は全てについて、執着がないのですから、子供、財産、権力なども望まないのです。別に無理しているわけではないのです。「自己の繁栄を願うてはならぬ」とは書いてありません。「法に反して、自分の成功を望まない」と書いてあるのです。しかし、この違いは重要で、「望んではならぬ」と書くと、仏教は反社会的主張をするように誤解されます。訂正しておかなければいけないと思います。


仏教徒 法に反して 望まない 子供と財産 権力などを


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200809/article_28.html
http://76263383.at.webry.info/200903/article_2.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_6.html

○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。



このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"仏教徒 法に反して 望まない 子供と財産 権力などを(84)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント