賢者なら 黒い行為を 捨て去って 白い行為を 実践すべし(87)人里を 離れた所で 瞑想し 欲望捨て

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


カンハン  ダンマン    ウィッパハーヤ
Kaṇhaṃ   dhammaṃ   vippahāya,
黒い     法を      捨てて

スッカン  バーウェータ  パンディトー
sukkaṃ   bhāvetha     paṇḍito;
白い    修習せよ     賢者は

オーカー   アノーカマーガンマ
Okā      anokamāgamma,
家から    非家に 至って

ウィウェーケー   ヤッタ    ドゥーラマン
viveke        yattha    dūramaṃ.
離れた所で     所で    楽しみのない
(87)

タトゥラービラティミッチェッヤ
Tatrābhiratimiccheyya,
そこに喜びを 求めるがよい

ヒトゥワー  カーメー     アキンチャノー
hitvā     kāme       akiñcano;
捨て     諸々の欲を   何物もない

パリヨーダペッヤ   アッターナン
Pariyodapeyya     attānaṃ,
浄化するがよい    自分を

チッタクレーセーヒ    パンディトー
cittaklesehi        paṇḍito.
心の煩悩から離れて   賢者は
(88)


○直訳
賢者は黒い法を捨て
白い法を修習するがよい
家から非家に至って
楽しみのない離れた所で(87)

諸々の欲を捨て、何物もない
そこに喜びを求めるがよい
賢者は自分を浄化するがよい
心の煩悩から離れて(88)


○一口メモ
今回は、87番と88番を別にすると、意味が不完全になりますので、セットで説明します。
「黒い法」とは悪行為のこと、「白い法」とは善行為のことです。賢者は悪行為をしないで、善行為を実践するように。
「家」とは在家での生活あるいは世俗への執着という意味です。「非家」とは「出家して」という意味あるいは「世俗への執着を離れて」という意味です。
「楽しみのない離れた所」とは、「世俗的な楽しみのない人里離れた所」とい直接的な意味と「人との交わりを求めない、一人に満足する気持ち」でと言う意味があります。

そして、いろいろな欲望を捨てて、何物もない、何物もない状態に満足する。世間では、ないことに満足することは考えられないことです。あるいは考えたこともないでしょう。何かを欲しがってそれを得た時、満足することが当たり前であると思いますが、最近では、「断捨離」などと言う言葉もできて、捨てた時の満足、爽快さを味わった方もおられると思います。それをさらに徹底して、何物もない状態の満足と言うものがあるのです。

この詩では、賢者はそこに喜びを求めるがよいと述べているのです。そうすることで、心の煩悩から離れ、心を浄化できるのだと述べられているのです。

世間の生活にどっぷりつかっている間は、この詩は途方もないことをブッダは述べて、おられると思われるかもしれませんが、小さな欲やこだわりを捨てる経験をすると、それは大変なことではなく、満足できる、爽快な気分を味わえるものだと分かります。その経験の積み重ねから、この詩の意味を理解できるようになり、納得できるようになると思います。


「賢者なら 黒い行為を 捨て去って 白い行為を 実践すべし」

「人里を 離れた所で 瞑想し 欲望捨てて 喜び見出せ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_4.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_8.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"賢者なら 黒い行為を 捨て去って 白い行為を 実践すべし(87)人里を 離れた所で 瞑想し 欲望捨て" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント