空中も 海水中も 山中も 死なない場所は どこにもないよ(128)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ナ   アンタリッケー  ナ   サムッダマッジェー
Na    antalikkhe     na    samuddamajjhe,
ない  空中に      ない  大海の 中に

ナ   パッバターナン  ワイワラン   パウィッサ
na   pabbatānaṃ     vivaraṃ     pavissa;
ない  山の       洞窟に     入っても

ナ   ウィッジャティ ソー       ジャガティッパデーソー
Na   vijjati      so          jagatippadeso,
ない 見出さ     その(場所)は   大地のどの地方

ヤッタッティタン    ナッパサヘッヤ   マッチュ
yatthaṭṭhitaṃ    nappasaheyya    maccu
そこに立てる者を   征服しない     死が


○直訳
空中にない、大海の中にない
山の洞窟に入ってもない
そこに立てる者を死が征服しないその場所は
大地のどの地方にも見出されない


○一口メモ
昨日の詩のテーマは「業から逃れられる場所はない」というものでしたが、今回は「死から逃れられる場所はない」がテーマです。寿命すなわち生と死も業の一部であり、業によって決まります。その意味では今回の詩は前回の各論の意味もあります。しかし、死は古来、人生問題の一大テーマなのです。ですから、死には特別な意味があります。多くの思想家、文学者によって死について多く語られています。しかし、それらの見解からは混乱と無知に陥ってしまうように思います。

まず、ブッダから死について学び、自ら確かめてみるべきでしょう。

人間は 必ず死ぬと 悟るなら 無駄な争い やめるだろうな(6)
人として 生まれて死ぬ べきならば 善いこと多く するべきだろう(53)
そして今回の詩
空中も 海水中も 山中も 死なない場所は どこにもないよ(128)

これらで述べられていることは、人間(生命)は必ず死ぬということです。

しかし、人間は本能的に「どうしても生きていたい、死にたくない」強く思っています。ですから、人間(生命)は必ず死ぬという事実は受け入れられないのです。そのため、死は人間にとって最大の恐怖となっているのです。

この事実を受け入れ、この恐怖を乗り越える道はあるでしょうか?

これは困難な道ですが、死を見ないようにするのではなく、死を見ることから始めるべきでしょう。

死は突然現れるのではなく、生まれると同時に死に初めていることを理解する必要があるのです。私たちは生きていると同時に死んでいることを理解することです。

これも受け入れるのは難しいかもしれません。老化は緩やかな死の現れでしょうが、老化も受け入れ難い事実です。

自分だけなく、自分以外のすべての生命も同じように死に、生きながら死んでいることを理解する必要があります。そうして、老化して死んでいくことを学ぶのです。この学びも心はなかなか受け入れないでしょう。しかし、繰り返し学ぶことで受け入れられるようになるでしょう。これが無常を悟ることなのです。

この詩を以って、「第9 悪の章」が終わります。この死のテーマは、次の「第10 暴力の章」に引き継がれます。そこでは「なぜ生き物を殺してはならないか?」の明確な根拠が示されます。


「空中も 海水中も 山中も 死なない場所は どこにもないよ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_31.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_7.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"空中も 海水中も 山中も 死なない場所は どこにもないよ(128)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント