もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は(137~140)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は
次の災難 訪れる 激しい痛みと 老衰と 身体の破壊と 重病と
心の錯乱 逮捕投獄 誹謗中傷 一族滅亡 破産の末に 火事に遭い
死後は必ず 地獄に再生(137~140) 


ヨー ダンデーナ  アダンデース     アッパドゥッテース     ドゥッサティ
Yo   daṇḍena  adaṇḍesu,    appaduṭṭhesu    dussati;
人は  棒で    棒のない者   悪意のない者に   害する

ダサンナマンニャタラン ターナン   キッパメーワ ニガッチャティ
Dasannamaññataraṃ   ṭhānaṃ,  khippameva  nigacchati.(137)
十のうちの一つの     状態に  極めてすぐに  陥る

ウェーダナン パルサン ジャーニン サリーラッサ チャ ベーダナン
Vedanaṃ   pharusaṃ  jāniṃ,   sarīrassa   ca  bhedanaṃ;
感受     激しい   老衰    肉体の   と   破壊

ガルカン ワーピ   アーバダン チッタッケーパン   ワー パープネー
Garukaṃ  vāpi   ābādhaṃ,   cittakkhepaṃ  va   pāpuṇe.(138)
重大な  或は   病気     心の錯乱    或は  得るであろう

ラージャトー ワー ウパッサッガン アッバッカーナン ワー ダールナン
Rājato   vā   upassaggaṃ,   abbhakkhānaṃ   va   dāruṇaṃ;
王からの  或は  禍        誹謗       或は  恐ろしい

パリッカヤン ワー ニャーティーナン ボーガーナン ワー パバングラン
Parikkhayaṃ  va  ñātīnaṃ,    bhogānaṃ   va  pabhaṅguraṃ.(139)
滅亡      或は 親族の    財産の   或は 破滅

アタ ワッサ アガーラーニ アッギ ダハティ パーワコー
Atha  vāssa    agārāni,    aggi   ḍahati     pāvako;
或は  また彼の  家を     火が  焼き尽くす  かがやく


カーヤッサ ベーダー ドゥッパンニョー ニラヤン ソーパパッジャティ
Kāyassa    bhedā    duppañño,    nirayaṃ  sopapajjati.(140)
身体の    破壊から   智慧なき    地獄に   彼は再生する


○直訳
棒のない者、悪意のない者に棒で害する人は
十のうちの一つの状態に、 極めてすぐに 陥る(137)

激しい感受(激痛)①、老衰②と 肉体の破壊③
或は重大な病気④、心の錯乱⑤、を 得るであろう(138)

或は王からの禍⑥、或は恐ろしい誹謗⑦、
或は親族の滅亡⑧、或は財産の破滅⑨、(139)

或はまた彼の家をかがやく火が 焼き尽くす⑩
智慧なき彼は身体の破壊から地獄に再生する(140)


○一口メモ
今回の詩は、四つの詩が一つながりまとめて掲載します。
要約は短歌でまとめられないので、長歌にしました。
おかげで、万葉時代の柿本人麻呂の気分になりましたが、詩の内容は恐ろしいですね。
決して、悪いことはできないと思います。

しかし、仏教は決して脅して、教えを信じさせると言うやり方はとりません。自分で確かめながら、理解して、実践するものなのです。ですから、ブッダは情報を提供しているのです。この詩が示すように、棒のない者とは、抵抗しないもの、非暴力な人です。悪意のない人は怒りのない人、心の清らかな人です。そのような人を暴力で傷つけたらどうなるでしょうか。考えてみて下さい。過去にそのような人はどうなったでしょうか。ここに上げた10項目はサンプルです。日本や世界の歴史上の暴君を調べて見ても、彼らの末路はどうなったかを見れば、この詩に述べられていることはこの詩の正当性が納得できるのではないでしょうか。

もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は
次の災難 訪れる 激しい痛みと 老衰と 身体の破壊と 重病と
心の錯乱 逮捕投獄 誹謗中傷 一族滅亡 破産の末に 火事に遭い
死後は必ず 地獄に再生(137~140) 


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_6.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_13.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"もろもろの 武器も悪意も ない者を 棒で害する 悪者は(137~140)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント