怨みある 人々の中で 怨みなく 真に気楽に 生きていこうよ(197)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

=================================================================
9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内
来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復興応援バザーを開催します。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.geocities.jp/msrwp662/
=================================================================

○子供のためのダンマパダ

子供のように生きてみよう
戦火の下で屈託なく笑い
いがみ合う人々の足元で
うらみなく元気に遊ぼう


○パーリ語原文と訳語

ススカン   ワタ   ジーワーマ、
Susukhaṃ   vata   jīvāma,
真に幸福に  実に   生きよう

ウェーリネース   アウェーリノー
verinesu       averino; 
怨みある者の中で  怨みのない者として

ウェーリネース  マヌッセース 
Verinesu      manussesu,
怨みある     人々の中で

ウィハラーマ  アウェーリノー
viharāma    averino. 
住もう     怨みなく


○直訳
実に真に幸福に生きよう
怨みある者の中で怨みのない者として
怨みある人々の中で
怨みなく住もう


○一口メモ
「第15 幸福の章」の始めの詩の一行目の句は、「実に真に幸福に生きよう」です。これはブッダの全生命へのメッセージです。

「幸福の章」の幸福は、パーリ語はsukha です。sukhaには楽、安楽、幸福などの意味があります。
「真に幸福」はsusukha です。これはsu+sukha でsukha に「よき、善き、良き、妙なる、易き、極めて」などの意味を持つ接頭語suが付いたものです。それで一応、真に幸福という訳にしたのです。ですが、「実に安楽に」や「本当に気楽の」などと訳すことができると思います。以前はそのような訳にしたこともあります。

こころから気楽に生きてみよう
本当に楽に生きてみよう
真に気楽に生きてみよう
真に幸福に生きよう

これらはブッダのメッセージです。いろいろ訳せますが、ブッダの意図が分かると思います。ブッダは「生きることは苦だ」と言っています。しかし、決して「苦しめ」と言っていないのです。この詩のように「楽に、安楽に、幸福に生きよう」と私たちを励ましておられるのです。そして、それができるのです。

今日から3日間同じ形式の詩が続きますが、今日はその一つです。先ず、人間は怨みを持つと、楽に、安楽に、幸福に生きていけないのです。怨みは、単なる怒りとは異なります。怒りがあっても幸福にはなれませんが、怒りは比較的、短時間の感情でるのに対して、怨みは怒りが持続している感情ですから、心はさらに暗くなり、さらに苦しくなり、さらに不幸になってしまうのです。ですから、怨みはなくさなければいけません。怨みがあった状態から怨みがない状態に変わると心は明るくなり、楽になり、安楽になり、幸福になります。

世の中の人々に、怨みは持続する感情ですから、なかなか消えずに残っているのです。しかし、怨みがあれば幸福になれませんから、怨みを捨てるのです。他の人々は怨みを持っていても、自分は怨みを持たないと決心し、覚悟を決めるのです。そうすれば、怨みを捨てることができます。幸福になることができるのです。その時、心は成長し、強くなるのです。

ダンマパダの3番、4番、5番の詩を想い出して下さい。

怨みある 人々の中で 怨みなく 真に気楽に 生きていこうよ(197)


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200807/article_10.html
http://76263383.at.webry.info/200905/article_23.html
http://76263383.at.webry.info/201004/article_1.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"怨みある 人々の中で 怨みなく 真に気楽に 生きていこうよ(197)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント