テーマ:病気

「無分別智(その22)」

SRKWブッダのホームページの理法「無分別智」」の引用、その22。 http://srkw-buddha.main.jp/rihou029.htm [悩み苦しんだ末ではない] 無分別智は、何にせよ、あれこれと悩み苦しんだ末に現出するものではありません。  無分別智は、確かに最も悩ましい局面において、すなわち一大事…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

欲と飢え 老化が病気 それなのに 九十八の 病気に増えた<再311>

○ワン爺さんの独り言<311> ・・・ 人間の病気は次の三つでした。 欲しいという気分。 お腹がすくこと。 歳を取ること。 第2 小さな章 7.バラモン法経 28. ○中村元先生訳 311 昔は、欲と飢えと老いという 三つの病いがあっただけであった。 ところが諸々の家畜を祀りのために殺したので、 九…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

修行者は 病気や飢えと 寒さ暑さ これらに堪えて 精進すべき<966>

○少年少女のためのスッタニパータ<966> ・・・ 病気は嫌だ。空腹も嫌だ。 寒いのは嫌だ。暑いのも嫌だ。 しかし、嫌なものに堪えなければ、 修行はできない。 第4 八つの詩句の章 16.サーリプッタ経 12. ○毎田周一先生訳 966. 病気に罹(かか)り飢えに襲(おそ)われても 又寒さやひどい暑さにあ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

捏造で 誤知していると  完全に 分かった人は 知りつくした人<530>

○少年少女のためのスッタニパータ<530> ・・・ 何かが欲しいと思うこと お腹がすくこと だんだん老人になること これらが始めの病気だった。 第3 大きな章 6.サビヤ経 21. ○中村元先生訳 530 内的には差別的<妄想とそれにもとづく名称と形態>とを究め知って、 また外的には病いの根源を究め知っ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

欲と飢え 老化が病気 それなのに 九十八の 病気に増えた<311>

○少年少女のためのスッタニパータ311. ・・・ 人間の病気は次の三つでした。 欲しいという気分。 お腹がすくこと。 歳を取ること。 スッタニパータ311. 第2 小さな章 7.バラモン法経 28. ○中村元先生訳 311 昔は、欲と飢えと老いという 三つの病いがあっただけであった。 ところが諸々の家…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

欲望は 病気、はれもの 矢と災難 それらを避けて 一人で歩く<51>

○少年少女のためのスッタニパータ51 ・・・ 欲望は病気だと思えますか? 欲望は災難だと思えますか? そのように思えれば、 欲望を避けますよね。 51.第1 蛇の章 3.犀の角経 17 ○毎田周一先生訳 「これは私にとつて禍ひであり腫物であり難儀であり 病であり矢であり怖れである」と 欲望の向ふ処にこの怖…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

空腹で己が苦だとよく分かる己を知って涅槃に至る

ダンマパダ 203 飢えは最大の病気だ 身心は最大の苦だ これをありのままに知って 涅槃という最高の幸福に至る ○この詩から学ぶこと  詩の訳を少し変えました。  なぜ飢えが最大の病気なのかは、前回説明しました。  この詩の因縁物語は、スマナサーラ長老の法話で説明されています。  飢えは不治の病なのです…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

阿羅漢の住む所みな楽土だよ村であろうが森であろうが

ダンマパダ 98 村でも森でも 低地でも高地でも 阿羅漢が住む所は 楽土となる ○この詩から学ぶこと  なぜ阿羅漢の住む所は、どんな所でも楽土になるのでしょうか?  生きていくことは楽ではないのです。苦しいのです。と釈尊は仰っています。しかも私たちは自然に逆らって、法則に逆らって生きているのですから、さらに…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more