テーマ:功徳

SRKWブッダ著「仏道の真実++」修行(10)

(以下引用) 【修行】(10)  さて、もしも覚りに向けた修行が、たとえば幾何学を理解するようなことであるならばまだ分かり易いであろう。つまり、シンプルな幾何学の証明を沢山学んでおき、その上で高度な幾何学の問題に取り組む。ここで充分に学んでいればその問題が周到に解けるものと期待され得るというようなものである。実際、素養を身に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第31章 心 43偈

43 汚れの無い心で、一つの生きものをさえ慈しむならば、それによって善が生ずるであろう。生きとし生けるものすべて心で慈しむならば、聖者は多くの功徳を積むことになる。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。)  *法津如来のコメント 本日は、SRKWブッダのホームペイジ「覚りの境地…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第24章 広く説く 17偈、18偈、19偈

17 (愚かな者が)たとい毎月(苦行者の風習にならって)クシャ草の端(はし)につけて(極く僅かの)食物を摂(と)るようなことをしても、仏を信じること(の功徳)の十六分の一にも及ばない。 18 (愚かな者が)たとい毎月(苦行者の風習にならって)クシャ草の端(はし)につけて(極く僅かの)食物を摂(と)るようなことをしても、ダルマ(法、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第14章 憎しみ 13偈、14偈

13 もしもつねに正しくこの世を歩んで行くときに、明敏な同伴者を得ることができたならば、あらゆる危険困難に打ち克って、こころ喜び、念(おも)いをおちつけて、かれとともに歩め。 (ダンマパダ328 もしも思慮深く聡明でまじめな生活をしている人を伴侶として共に歩むことができるならば、あらゆる危険困難に打ち克って、こころ喜び、念いをおち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 6偈

6 この世で他人のした悪い行ないを見ては、ひとは非難するであろうが、その悪い行ないを自からしてはならない。悪人は実に(自分の)業に束縛されている。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *ワン爺のコメント 今回はSRKWブッダの業(カルマ)に関するいくつかの言葉を引用します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第5章 愛するもの 20、21、22、23偈

20 久しく旅に出ていた人が、遠方から無事に帰ってきたならば、親戚、親友、友人たちは、かれが帰って来たのを祝う。 (ダンマパダ219 久しく旅に出ていた人が、遠方から無事に帰ってきたならば、親戚・友人・親友たちは、かれが帰って来たのを祝う。) 21 そのように、善いことをしてこの世からあの世に行った人を、善業が喜んで迎える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

供養と功徳

ワン爺の独り言(2017.4.30.) 諸仏を供養するということは、諸仏の願いに応えることだと思います。諸仏の願いに少しでも応えることができたら、功徳を積んだと言えるのだと思います。SRKWブッダの供養と功徳に関する理法は次の通りです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou099.htm…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

正しく「言葉を用いる」

ワン爺の独り言(2017.3.22.) 言葉を正しく用いることは、人間が日常生活を送る上で非常に大切なことです。これにより人間関係が良好になり、幸せな人生を送れる条件ができると思います。しかし、仏教で目指すものはそれ以上のものであり、完全な幸せであり、そのためにも正しく「言葉を用いる」ことが必要なのです。 http://www.ge…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

功徳と福徳の違い

ワン爺の独り言(2017.3.1.) 功徳と福徳の違いを知ることは、それぞれの意味を知る以上の意味があります。SRKWブッダはその違いを、風味と旨みの違いで説明していますが、それは解脱の不思議を教えるもののようです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou046.htm (以下引用)…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

梵行は みごとに説かれ 果報あり 出家はけして 空しくはない<567>

○少年少女のためのスッタニパータ<567> ・・・ 日本では出家するなんって、 暗いイメージがあるかもしれませんが、 本当はすべてを捨てて、 さとりを求める決意です。 第3 大きな章 7.セーラ・バラモン経 20. ○中村元先生訳 567 師(ブッダ)が答えた ──「セーラよ。清らかな行いが、みごとに説…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

偏見と 主観乗り越え 解脱した ブッダと弟子を 供養するなら(195)及び(196)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ================================================================= 9月23日(日)ゴータミー精舎 バザーのご案内 来る9月23日(日)、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎にて、有志の方が東日本復…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more