テーマ:性欲

SRKWブッダ著「仏道の真実++」【女性の修行(その2)】(6)

(以下引用) 【女性の修行(その2)】(6)  ◇ 結婚と修行  結婚生活とは、配偶者と一生を共に生きるということである。もし結婚生活を送りながら仏道修行に勤しみたいというのであるならば、もちろん相手の同意を得なければならない。  また、すでに仏道修行に勤しんでいる人が結婚相手の理解を得ることができない場合には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色即是空・空即是色

ワン爺の独り言(2017年10月8日) 「色即是空・空即是色」の真実は「真実の真相を知らない人々(衆生)にとって、これらのことはすぐには了知できないことであろうがこれが真相なのである。」とSRKWブッダは述べられておられます。しかし、そのおよその輪郭を学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_bu…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

若ければ 性欲もあり 煩悩は いろいろあるが なくせば聖者<再218>

○ワン爺さんの独り言<218> ・・・ 性欲は人間の本能だから、 克服するのは大変ですが、 性欲以上に解脱を求める気持ちが 強ければ克服できるでしょう。 218.第1 蛇の章 12.聖者の経 12. ○毎田周一先生訳 218(12) 清らかな人の道を行き 性の関係を離れて 若い人達のどこへも引きつけられる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

親戚や 知人の妻と 浮気する 恐れを知らぬ 賤民と言う<再123>

○ワン爺さんの独り言<123> ・・・ 人の奥さんと浮気をしたら、 自分もまわりの人も不幸にし、 世間から非難され、 地獄におちますよ。 第1 蛇の章 7.賤民経 8. ○毎田周一先生訳 123. 親戚や友達の妻に 無理強いに又は相愛して 会っているもの 彼を「賤民」と知るべきである ○中村…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

賢者だと 認められても 偽物は 欲に負ければ 愚者だと解る<820>

○少年少女のためのスッタニパータ<820> ・・・ 性欲も食欲と同じように コントロールするのが難しいが、 解脱という大きな目標を持てば 乗り越えられる。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 7. ○毎田周一先生訳 820. 唯一人の道をしっかりと進み 賢い人だと世間からも認められていた人が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

性欲に ほんろうされた 修行者の 破滅のあり様 教えて下さい<814>

○少年少女のためのスッタニパータ<814> ・・・ 本能としての性欲は 楽しむためではなく 子孫を残すためと 考えた方がよい。 第3 八つの詩句の章 7.ティッサ・メッティヤ経 1. ○毎田周一先生訳 814. 「性の関係に沈溺(ちんでき)するものが        と長老ティッサ・メッテーヤが尋ねた そ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

淫欲と 欲望捨てて いきものを 避けることなく 執着もしない<704>

○少年少女のためのスッタニパータ<704> ・・・ 弱い友達でも 強い友達でも 分けへだてなく 仲良く遊びましょう。 第3 大きな章 11.ナーラカ経 26. ○中村元先生訳 704 婬欲のことがらを離れ、 さまざまの愛欲をすてて、 弱いものでも、強いものでも、諸々の生きものに対して、 敵対すること…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

若ければ 性欲もあり 煩悩は いろいろあるが なくせば聖者<218>

○少年少女のためのスッタニパータ218. ・・・ 男は女を求め 女は男を求めるが、 求める心を見てみよう。 妄想でしょう。 218.第1 蛇の章 12.聖者の経 12. ○毎田周一先生訳 218(12) 清らかな人の道を行き 性の関係を離れて 若い人達のどこへも牽きつけられることなく 自惚と放埒とをすつかり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

性欲も 憂いと恐れの 原因だ 原因除けば 憂いがなくなる(215)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ○子供のためのダンマパダ 男の子は女の子に興味がある 女の子は男の子に興味がある 男の子はスカートめくりが好きで 女の子はキャーと言って逃げる これは何だろう ○パーリ語原文と訳語 カーマトー  ジャーヤティー  ソーコー K&…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

283.284.乳を飲む子牛が母をしたうように男は女に執着する

ダンマパダ 第20 道の章 283、284 ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します 林を切れ、木を切るな 恐怖は…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

214.215.性欲から憂いが生まれ、性欲から恐れが生まれる

ダンマパダ 第16 愛の章 214、215 ================================ ~~~~~お 知 ら せ~~~~~ ◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日 ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP) を是非クックして下さい。htt…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

欲の森恐怖の森を切り倒し欲望のない涅槃者であれ(283)

ダンマパダ 283、284 森を切り倒せ、木ではない 森(欲)から恐怖が生まれる 森も繫みも切り倒し 比丘たちよ、欲のない(涅槃)者であれ(283) 欲の繁みが切り取られない限り 女への男の欲が少しでもあれば 乳を飲む子牛が母をしたうように 男は女に執着する (284) ○この詩から学ぶこと …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

性欲も憂いと恐れの原因だ原因除けば憂いがなくなる

ダンマパダ 214、215 快楽から憂いが生まれ 快楽から恐れが生まれる 快楽から離れた人には憂いがない どうして恐れがあろうか 性欲から憂いが生まれ 性欲から恐れが生まれる 性欲から離れた人には憂いがない どうして恐れがあろうか ○この詩から学ぶこと  今回の詩は快楽と性欲がテーマで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more