テーマ:為すべきこと

あり得べき正しい見解(2)

ワン爺の独り言(2017年12月7日) 「命を繋ぐことにこだわる者は、死を怖れている。」死によって命を繋ぐことができなくなるためですが、これらの人々は死を超えることができるとは知らないからです。明知ある人は死は超えることができると知っているのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou2…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

行および為すべきこと

ワン爺の独り言(2017年9月12日) 「徳行に篤い人は、解脱以前においても安楽を得る。そして、それは解脱の因ともなり得るものである。」これはSRKWブッダの言葉です。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou217.htm (以下引用) 【行および為すべきこと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「為すべきことを為し終えた」の続き「死を超える」

ワン爺の独り言(2017.2.14.) 私は人がなぜ死を恐れるのか?という問いに対して、「かれがこの世において為すべきことをまだ為し終えていないからである。」という答えは初めて聞いた答えです。SRKWブッダの説明を読んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou022_sub.h…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「為すべきことは為し終えた」とは?

ワン爺の独り言(2017.2.13.) 「為すべきことは為し終えた」という言葉は、多くの経典で使われています。例えば、ダンマパダ386偈では、「静かに思い、塵垢なく、おちついて、為すべきことをなしとげ、煩悩を去り、最高の目的を達した人、――かれをわれはバラモンと呼ぶ。」(中村元氏訳)とあります。この意味をSRKWブッダの理法から学びま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more