テーマ:沙門

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第11章 道の人 13偈

13 頭を剃ったからとて、身をつつしまず、偽りを語る人は、<道の人>ではない。欲望と貪りにみちている人が、どうして<道の人>であろうか? (ダンマパダ264 頭を剃ったからとて、いましめをまもらず、偽りを語る人は、<道の人>ではない。欲望と貪(むさぼ)りにみちている人が、どうして<道の人>であろうか?) (中村元訳「ブッダの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第11章 道の人 1偈

1 勇敢に流れを断て。諸の欲望をきっぱりと去れ。諸の欲望を捨てなければ、聖者は一体に達することができない。 (ダンマパダ383 バラモンよ。流れを断て。勇敢であれ。諸の欲望を去れ。諸の現象の消滅を知って、作られざるもの(=ニルヴァーナ)を知る者であれ。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しまし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

それならば 如何なるものに 基づいて その欲望は 起こるのですか<866>

○少年少女のためのスッタニパータ<866> ・・・ 分からないことは、 分かる人がいるならば、 質問を途中でやめないで、 分かるまで質問した方がよい。 第3 八つの詩句の章 11.争いと論争の経 5. ○毎田周一先生訳 866. 「それではその欲求は この世で何を元として起こるのでしょうか 又色々に考えて…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

静まって 善と悪とを 捨て去って 生死を超えた 彼が沙門だ<520>

○少年少女のためのスッタニパータ<520> ・・・ 善と悪を捨てるとは よく分からないよね。 とりあえずは悪を捨てて 善いことを行って下さい。 第3 大きな章 6.サビヤ経 11. ○中村元先生訳 520 安らぎに帰して、善悪を捨て去り、 塵を離れ、この世とかの世とを知り、 生と死とを超越した人、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遠くから やって来ましたね サビヤさん あなたのために 解答しましょう<511><512><散文>

○少年少女のためのスッタニパータ<511><512><散文> ・・・ サビヤさんはよかったね。 ブッダに直接質問できて、 現代の私達はお経から学びましょう。 八万四千もあるのだから。 第3 大きな章 6.サビヤ経 2.3.散文 ○中村元先生訳 511 師は答えた、 「サビヤよ。あなたは質問しようと願って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more