テーマ:出家

出家して 家がなくとも 法行と 梵行あれば 宝あるという<再274>

○ワン爺さんの独り言<274> ・・・ 道徳を守り 慈悲の瞑想を行うことは、 家があり、 高級車をもつことよりも 勝れている。 第2 小さな章 6.法行経(カピラ経) 1. ○中村元先生訳 274 理法にかなった行い、清らかな行い、 これが最上の宝であると言う。 たとい在家から出て家なきに入り、 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

家を捨て 在家の人と 親交せず 遍歴する人は 論争しない<844>

○少年少女のためのスッタニパータ<844> ・・・ 家に対する愛着が少なくなったので 家を捨て遍歴します。 家を捨てなければならないから 捨てるわけではありません。 第3 八つの詩句の章 9.マーガンディヤ経 10. ○毎田周一先生訳 844. 家の生活を捨ててひとところに定住せず 思いのままに道を行き …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「わがものと」 思う心が 悲しみの もとになるから 家を出るべし<805>

○少年少女のためのスッタニパータ<805> ・・・ 自分のものはないと 思えれば、 何がなくなっても 悲しくないよね。 第3 八つの詩句の章 6.老経 2. ○毎田周一先生訳 805. 人々はわがものと思うもので悲しむ 何故ならひとの所有するものはいつもそこにあるものでもなく 又成長する一方のものないか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

もろもろの 渇愛捨てて 出家する 渇愛消えた 彼はバラモン<640>

○少年少女のためのスッタニパータ<640> ・・・ 渇愛って何ですか? のどがかわいたときに、 水を欲しいと思うような 気持ちです。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 47. ○中村元先生訳 640 この世の愛執を断ち切り、 出家して遍歴し、 愛執の生活の尽きた人、 ──かれをわたくしは<バラモン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

もろもろの 欲望捨てて 出家する 欲望消えた 彼はバラモン<639>

○少年少女のためのスッタニパータ<639> ・・・ 欲を捨てるなんて できるかな? 欲より大切なものが 見つかれば できるとも。 第3 大きな章 9.ヴァーセッタ経 46. ○中村元先生訳 639 この世の欲望を断ち切り、 出家して遍歴し、 欲望の生活の尽きた人、 ──かれをわたくしは<バラモン>…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梵行は みごとに説かれ 果報あり 出家はけして 空しくはない<567>

○少年少女のためのスッタニパータ<567> ・・・ 日本では出家するなんって、 暗いイメージがあるかもしれませんが、 本当はすべてを捨てて、 さとりを求める決意です。 第3 大きな章 7.セーラ・バラモン経 20. ○中村元先生訳 567 師(ブッダ)が答えた ──「セーラよ。清らかな行いが、みごとに説…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

眼ある人 矢を抜く外科医 英雄が 説かれることを よく聞きなさい<562><563><564>

○少年少女のためのスッタニパータ<562><563><564> ・・・ セーラ・バラモンは 多くの弟子に聖智を教える 先生でしたが、 お釈迦様の話しを聞いて 出家して、弟子になりました。 第3 大きな章 7.セーラ・バラモン経 15.16.17. ○中村元先生訳 562 (セーラは弟子どもに告げていった…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

遍歴者 サビヤはブッダに 帰依して 修行に励み 阿羅漢になった<547の後の結び>

○少年少女のためのスッタニパータ<547の後の結び> ・・・ 遍歴者サビヤさんは ブッダに帰依して 出家して、修行を完成させ 阿羅漢になりました。 第3 大きな章 6.サビヤ経 <547の後の結び> ○中村元先生訳 そこで、遍歴の行者サビヤは尊き師(ブッダ)の両足に頭をつけて礼して、言った、──「すばらしいこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この在家 煩わしくて 汚れてる ところが出家 その逆である<406>

○少年少女のためのスッタニパータ406 ・・・ 悩み苦しみがあるとすれば、 それはあなたの行ないが 法則から外れているのです。 世の中は法則に従って 成り立っているのですから。 スッタニパータ406. 第3 大きな章 1.出家経 2. ○中村元先生訳 406 「この在家の生活は狭苦しく、煩わしくて、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

五欲捨て 決意によって 家を出て 苦を終わらせる 者になるべし<337>

○少年少女のためのスッタニパータ337. ・・・ 故郷を捨てて 東京に出てきたならば、 目的を成し遂げるまで 頑張るべきだろう。 スッタニパータ37. 第2 小さな章 11.ラーフラ経 3. ○中村元先生訳 337 「愛すべく喜ばしい 五欲の対象をすてて、 信仰心によって家から出て、 苦しみを終滅せ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

出家者は 四種類ですが それぞれを よく理解して 疑問を晴らせ<85>

○少年少女のためのスッタニパータ85 ・・・ もの事を理解するためには 始めに知りたいことを いくつかに分類してみます。 分類したそれぞれについて調べます。 それから、それらをまとめて考えます。 85.第1 蛇の章 5.チュンダ経 3. ○毎田周一先生訳 自覚者達は誰を道の勝利者といはれるのですか    …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

勝利者と 道を説く人 守る人 道汚す人 これらが出家<84>

○少年少女のためのスッタニパータ84 ・・・ 道徳の先生は答えます。 真理を悟り、道徳を体得している人 道徳を守り、人にも教えることができる人 道徳を守るように努力している人 道徳を平気で破る人 84.第1 蛇の章 5.チュンダ経 2. ○毎田周一先生訳 四種の修行者がゐて第五の者はゐない        …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

出家にも 救い難い人 在家にも かかわり避けて 一人で歩く<43>

○少年少女のためのスッタニパータ43 ・・・ 性格の悪い人が多い。 それらの人々と付き合って、 苦労するよりは 一人の寂しさの方が ましだと思いませんか。 ○毎田周一先生訳 出家の人の中にも広やかに人を容れない者があるが 在家の生活をする俗人には尚それが多い 人の家の子に特に執著することを止めて 犀の角のや…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

バラモンは バカモンでない 修行者は 修行する人 垢を落とす人(388)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ バカモンでないのでバラモン 行い静かだから静かな人 垢を落としたので 垢抜けた人と呼ばれる ○パーリ語原文と訳語 バーヒタパーポーティ  ブラフマノー Bāhitapāpoti       brāhmaṇo, 排除した 悪を と …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

出家者も 在家の人も 生き難い 輪廻を離れ 涅槃に向かえ(302)

○子供のためのダンマパダ。 ・・・ 生徒は勉強や部活で大変ですが、 先生も授業や生徒指導で大変ですよ。 嫌いな友とも付き合わなければ、 生きている限り苦労は付き物だ。 この苦労から抜け出す道はただ一つ、 悟ってしまうことですよ。 ○パーリ語原文と訳語 ドゥッパッバッジャン ドゥラビラマン Duppabba…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

出家には 坊主頭で なるのでない 欲のかたまり どうして出家(264)及び(265)

○子供のためのダンマパダ。 お坊さんはなぜ頭をそるの? お釈迦さまが決めたことだから。 スマナサーラ長老は 「めんどくさいから」と答えました。 ============================== ~~~お知らせ~~~ ◎11月2日(金)より、今日まで、サーバーのメンテナンスのため、ブログ更新ができませんで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

賢者なら 黒い行為を 捨て去って 白い行為を 実践すべし(87)人里を 離れた所で 瞑想し 欲望捨て

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 カンハン  ダンマン    ウィッパハーヤ Kaṇhaṃ   dhammaṃ   vippahāya, 黒い     法を      捨てて スッカン  バーウェータ  パンディトー sukka&…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

もろもろの欲望捨てて出家する欲望消えた彼はバラモン(415)

ダンマパダ 第26章 バラモン 415 この世の欲望を捨て去って 出家して遊行する 欲望の生存が消えた人 彼を私はバラモンと呼ぶ 〇この詩の蛇足  この詩では、「この世の欲望を捨て去って」この段階に到る前段階が難しいのではないのかなと思います。このような発想に至らないのです。この道に進むためには、仏教の情報が必…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

比丘なのに悪いことするわがままな彼らは業で地獄に再生

ダンマパダ 第22章 地獄 307 首に袈裟をまとって悪を行ない 野放図の者たちが多い 彼ら悪人たちは悪業によって 地獄に生まれ変わる ○この詩から学ぶこと  この詩は出家者について述べられたものです。同じ悪行をしても、出家者は在家の人より罪が重いのです。なぜならば、在家者は、出家者が修行して、心を清め、悟りを開…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

出家には坊主頭でなるのでない欲のかたまりどうして出家(264)

ダンマパダ 264、265 坊主頭で出家になるのではない 戒を守らず、嘘を言い 欲求と貪欲ばかりの人が どうして出家であろうか(264) 大小の一切の 悪を静めた人は 色々な悪を静めたことで 彼は出家と呼ばれる(265) ○この詩から学ぶこと  今回はパーリ語の「samana」を出家と訳しました。「s…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more