テーマ:他人を見下す人

#感興のことば(#ウダーナヴァルガ) 第27章 観察 2偈

2 他人の過失を探し求め、つねに他人を見下(みくだ)して思う人は、卑しい性質が増大する。怒りたける人は、煩悩の汚れが増大する。かれは煩悩の汚れの消滅から遠く隔っている。  (ダンマパダ253 他人の過失を探し求め、つねに怒りたける人は、煩悩の汚れが増大する。かれは実に真理を見ることから遠く隔っている。) (中村元訳「ブッダの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more