テーマ:真実から目を逸らしてはならぬ

SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むには(4)

(以下引用) 【功徳を積むには】(4)  ● 修行者は、真実から目を逸らしてはならない。そこに、功徳を積む動機を生じるからである。ある種の真実は直視するに恐ろしいものである。それでも、立派な修行者はその真実を見つめるであろう。功徳を積んだ人は、そこに凜とした決心を生じるのである。その決心は、解脱の根拠となるものである。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more