テーマ:

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21F偈

21F 池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、愛執をすっかり断ち切ったった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。                        以上第18章 花 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21E偈

21E 池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、貪りをすっかり断ち切ったった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 今回の偈も、21A偈と同じ構造です。テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21D偈

21D 池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、おごり高ぶりをすっかり断ち切ったった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント この偈も、21A偈と同じ構造です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21C偈

21C 池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、迷妄をすっかり断ち切ったった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 今回も21C偈も文の構造は、21A偈と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21B偈

21B 池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、憎しみをすっかり断ち切ったった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如来のコメント 今回の21B偈は、前回の21A偈の「情欲…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21A偈

21A 池に生える蓮華の茎や花をば、水にもぐって折り取るように、情欲をすっかり断ち切ったった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。 (スッタニパータ2 池に生(は)える蓮華(れんげ)を、水にもぐって折り取るように、すっかり愛欲を断(た)ってしまった修行者は、この世とかの世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 21偈

21 (諸の存在の実体は)ウドゥンバラ樹の花(優曇華)をもとめても得られないようなものだとさとって、諸の生存のうちに堅固なものを見出さなかった修行者は、こちらの岸を捨て去る。___蛇が旧い皮を脱皮して捨て去るようなものである。)    (スッタニパータ5 無花果(いちじく)の樹(き)の林の中に花を探し求めても得られないように、諸々(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 19偈、20偈

19 この世は水瓶のように脆いものだと知って、陽炎(かげろう)のようなはかない本性のものであると、さとったならば、この世で悪魔の花の矢を断ち切って、死王に見られないところへ行くであろう。 20 この世は泡沫(うたかた)のようなものだと知り、陽炎(かげろう)のようなはかない本性のものであると、さとったならば、この世で悪魔の花の矢を断…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 17偈、18偈

17 この身体は水瓶のように脆いものだと知って、陽炎(かげろう)のようなはかない本性のものであると、さとったならば、この世で悪魔の花の矢を断ち切って、死王に見られないところへ行くであろう。 18 この身は泡沫(うたたか)のようなものと知り、陽炎(かげろう)のようなはかない本性のものであると、さとったならば、この世で悪魔の花の矢を断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 14偈、15偈、16偈

14 花を摘(つ)むのに夢中になっている人を、死がさらって行くように、___眠っている村を、洪水が押し流して行くように、____ 15 花を摘(つ)むのに夢中になっている人が、未だ望みを果たさないうちに、死神がかれを征服する。 (ダンマパダ47 花を摘むのに夢中になっている人を、死がさらって行くように、眠っている村を、洪水が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 12偈、13偈

12、13 大道に捨てられた塵芥(ちりあくた)の山堆(やまずみ)の中から香ぐわしく麗(うるわ)しい蓮華が生ずるように。塵芥にも似た盲(めしい)た凡夫のあいだに、正しくめざめた人(ブッダ)の弟子たちは智慧をもて輝く。  (ダンマパダ58、59 大道に捨てられた塵芥(ちりあくた)の山堆(やまずみ)の中から香(かぐわ)しく麗(うるわ)し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 11偈

11 修行僧らよ。雨期にはバグラの花が(萎れた)花びらを捨て落とすように、情欲と罪過とを捨て去れよ。 (ダンマパダ377 修行僧らよ。ジャスミンの花が萎(しお)れた花びらを捨て落とすように、貪り(むさぼ)と怒りとを捨て去れよ。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法津如…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 10偈

10 うず高い花を集めて多くの華鬘(はなかざり)をつくるように、人として生まれまた死ぬべきであるならば、多くの善いことをなすべし。  (ダンマパダ53 うず高い花を集めて多くの華鬘(はなかざり)をつくるように、人として生まれまた死ぬべきであるならば、多くの善いことをなせ。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 9偈

9 他人の過去を見るなかれ。他人のなしたこととしなかったことを見るなかれ。ただ自分の(なしたこととしなかったことについて)それが正しかったか正しくなかったかを、よく反省せよ。
 (ダンマパダ50 他人の過失を見るなかれ。他人のしたこととしなかったことを見るな。ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ。) (中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 8偈

8 蜜蜂は(花の)色香を害に、汁をとって、花から飛び去る。聖者が、村のなかを行くときは、そのようにせよ。 (ダンマパダ49 蜜蜂は(花の)色香を害(そこなわず)に、汁をとって、花から飛び去る。聖者が村に行くときは、そのようにせよ。) (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) *法…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 6偈、7偈

6 うるわしく、あでやかに咲く花でも、香りの無いものがあるように、善く説かれたことばでも、それを実行しない人には実(み)のりがない。 7 うるわしく、あでやかに咲く花で、しかも良い香りのあるものがあるように、善く説かれたことばも、それを実行する人には、実(み)のりがある。 (ダンマパダ51 うるわしく、あでやかに咲く花で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 5偈

5 自己の愛執を断ち切れ、___池の水から出て来た秋の蓮を手で断ち切るように。静けさに至る道を養え。めでたく行きし人(=仏)は安らぎを説きたもうた。 (ダンマパダ285 自己の愛執を断ち切れ、___池の水の上に出て来た秋の蓮を手で断ち切るように。静かなやすらぎに至る道を養え。めでたく行きし人(=仏)は安らぎを説きたもうた。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 4偈

4 たとい僅かであろうとも、親族に対する人の欲望が断たれていないあいだは、その人の心はそこに束縛されている。___乳を吸う子牛が母牛を恋い慕うようなものである。  (ダンマパダ284 たとい僅かであろうとも、男の女に対する欲望が断たれないあいだは、その人の心はそこ束縛されている。___乳を吸う子牛が母牛を恋い慕うように。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 3偈

3 (単に)一つの樹をを切るのではなくて、(煩悩の)林を切れ。危険は林から生じる。(煩悩の)林とその根とを切って、林(=煩悩)から脱れた者となれ。修行僧らよ。  (ダンマパダ283 一つの樹をを伐(き)るのではなくて、(煩悩の)林を伐れ。危険は林から生じる。(煩悩の)林とその下生(したば)えとを切って、林(煩悩)から脱れた者となれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第18章 花 1偈、2偈

1 だれがこの大地を征服するであろうか? だれが神々とともなる閻魔の世界を征服するであろうか? わざに巧みな人が花を摘(つ)むように、善く説かれた真理のことばを摘み集めるのはだれであろうか? 2 学びにつとめる人こそ、この大地を征服し、神々とともなる閻魔の世界を征服するであろう。わざに巧みな人が花を摘(つ)むように、学びつとめる人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大道に 捨てられた ごみ山に 香りうるわし ハス咲く如く(58)その如く 愚かな人の 間にあって 

大道に 捨てられた ごみ山に 香りうるわし ハス咲く如く(58) その如く 愚かな人の 間にあって ブッダの弟子は 光かがやく(59) 阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヤター  サンカーラターナスミン Yathā   saṅkāra&#778…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

花の香は 山を越えぬが 徳の香は 山越え空越え 天までとどく(56)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 アッパマットー   アヤン   ガンドー Appamatto     ayaṃ   gandho, 少量         この    香り ヤーヤン   タガラチャンダニー yāyaṃ      tag…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

香りよき 花はあれども 徳の香は すべてにまさり 最高ですよ(55)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 チャンダナン  タガラン   ワーピ Candanaṃ    tagaraṃ    vāpi,* 白檀       タガラ    もまた ウッパラン  アタ   ワッスィキー uppalaṃ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

花の香は 風にしたがい 徳の香は 風に逆らい 四方にかおる (54)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ    プッパガンドー   パティワータメーティ Na    pupphagandho    paṭivātameti, ない  花の香は       風に逆らって行か ナ   チャンダナン  タガラマッリカー na…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人として 生まれて死ぬ べきならば 善いこと多く するべきだろう(53)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヤターピ  プッパラースィンハー Yathāpi   puppharāsimhā, ように    集められた花から カイラー  マーラーグネー  バフー kayirā    mālāgu…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

香りある 花があるように 実践ある ほとけの教えが 教えと言える(52)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヤターピ   ルチラン   プッパン Yathāpi    ruciraṃ   pupphaṃ, ように    光かがやく  花は ワンナワンタン  スガンダカン vaṇṇa…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

香りない 花があるように 実践ない ほとけの教えは 教えではない(51)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヤターピ  ルチラン   プッパン Yathāpi   ruciraṃ    pupphaṃ, ように   光かがやく  花は ワンナワンタン   アガンダカン vaṇṇavanta&…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

他の人の あれやこれやを 言わないで 己の行為を 観察すべき(50)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ナ   パレーサン  ウィローマーニ Na    paresaṃ    vilomāni, でなく  他人の    過ち ナ    パレーサン  カターカタン na    paresaṃ    ka…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蜜蜂が 花を訪れ 去るように 聖者は村を 訪れ去りぬ(49)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 ヤターピ   バマロー  プッパン Yathāpi     bhamaro  pupphaṃ, ように も   蜜蜂    花の ワンナガンダマヘータヤン vaṇṇagandhamahe&#778…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

花求め 不満の人を 死神は 思いのままに 支配するなり(48)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。 プッパーニ  ヘーワ     パチナンタン Pupphāni   heva       pacinantaṃ, 花を     実に ように   摘んでいる ビャーサッタマナサン   ナラン byāsattama…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more