アクセスカウンタ

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

プロフィール

ブログ名
ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
正しい「学びの心」
ワン爺の独り言(2017.3.29.) 「それが何を目指してのことであろうと、正しい学びの心を持たなければ、努力を重ね犠牲を払ったとしても目的を達成することはとても出来ない。」とSRKWブッダは言われる。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou073.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/29 04:30
経を転じる(=こころに実践する)
ワン爺の独り言(2017.3.28.) 「経を転じる」という言葉は聞きなれない言葉だと思いますが、反対の意味の「経に転ぜられる」という言葉もあります。「経に転ぜられる」と同様な意味の言葉は「論語読みの論語知らず」だと思います。経典の真意を理解せず、表面的な言葉にとらわれて、それを実行に移せないことのたとえです。「経を転じる」は、経典の真意を学んでこころに実践するという意味です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou072.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/28 04:22
「すぐれた言葉」及び「すぐれた言葉(2)」
ワン爺の独り言(2017.3.27.) SRKWブッダは「すぐれた言葉」と「すぐれた言葉(2)」を述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou071.htm http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou071_sub.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/27 04:28
「在家であろうとも」阿羅漢になれる
ワン爺の独り言(2017.3.26.) 以前私は、出家しなければ阿羅漢になれないように思っていました。しかし、SRKWブッダの存在を知ってからは、彼はそうではないのに慧解脱をされたのですから、出家をしなくても慧解脱できることが分かりました。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou070.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/26 04:18
お話だけであるとしても
ワン爺の独り言(2017.3.25.) 「たとえそれがお話だけ知っているというものであるとしても、真実を知る人には利益(りやく)がある。それは、必ず真実の結果をもたらすからである。」とSRKWブッダは言われます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou069_sub.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/25 04:28
「物まね」の意義
ワン爺の独り言(2017.3.24.) 「覚りの境地に至ることを目指す人が『物まね』することについて」考えたことはありませんでした。 しかし、SRKWブッダはそれについて語っています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou069.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/24 04:11
「性格」は覚りの境地に至ることに関して関係あるか?
ワン爺の独り言(2017.3.23.) 「性格」は覚りの境地に至ることに関して関係あるか?の解答にSRKWブッダはどんな性格な子供も大人になれるという比喩で、どんな性格の人も覚りの境地に至れると述べました。面白いですね。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou068.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/23 04:16
正しく「言葉を用いる」
ワン爺の独り言(2017.3.22.) 言葉を正しく用いることは、人間が日常生活を送る上で非常に大切なことです。これにより人間関係が良好になり、幸せな人生を送れる条件ができると思います。しかし、仏教で目指すものはそれ以上のものであり、完全な幸せであり、そのためにも正しく「言葉を用いる」ことが必要なのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou067.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/22 04:18
この世に「最高」ということが存在するのか?
ワン爺の独り言(2017.3.21.) ダンマパダ184偈に「ニルヴァーナは最高のものである」と述べられています。ですから、「最高」ということがあるのでしょうが、それがなぜかSRKWブッダの理法から学んで学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou066.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/21 04:20
見事に説かれた言葉
ワン爺の独り言(2017.3.20.) SRKWブッダの「見事に説かれた言葉」とゴータマ・ブッダも同様に四種述べておられます。諸仏は同じことを説くという証拠ですが、現代人に少し分かりやすい言葉になっていると思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou010.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 04:16
「文字」を機縁として覚りの境地に至る
ワン爺の独り言(2017.3.19.) 「文字を機縁として覚りの境地に至るのは間違いないことである。もし、文字が無ければ、誰ひとりとして覚りの境地に至ることは無いであろう。」とSRKWブッダは述べます。それを学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou065.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/19 04:14
教判(きょうはん)=教相判釈(きょうそうはんじゃく)
ワン爺の独り言(2017.3.18.) 教判は教相判釈の略で、仏教経典をその時期・形式・内容などによって分類・体系化し、相互の関係や価値を判定して仏の究極の教えがどこにあるかを解釈することです。教判について学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou064.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/18 04:20
こだわり
ワン爺の独り言(2017.3.17.) 「美しさにこだわった」など最近は、こだわりを良い意味で使う場合がしばしばあります。しかし、こだわることがどのような結果になるのか、また、こだわりはどのようにして生じるのか学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou063.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/17 04:21
真実の言葉
ワン爺の独り言(2017.3.16.) SRKWブッダは「真実の言葉は、ただ一つのことを語る。賞賛や非難の言葉は、一つの言葉でありながら同時に二つのことを語っている。」と述べられています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou062.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/16 04:17
離れるべきこと
ワン爺の独り言(2017.3.15.) 覚りの境地をめざす修行者が進むべき道は中道です。それは両極端から離れるということですが、それを具体的に学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou061.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/15 04:15
普遍妥当なる道
ワン爺の独り言(2017.3.14.) SRKWブッダは「如来が知ったその道こそが人が覚りの境地に間違いなく至る道であるのだと断言する普遍妥当性の根拠は、如来がその道によって至った覚りの境地を常に体現し、またそれを世に示現しているということに尽きるのである。」と言われる。そこで「普遍妥当なる道」について学ぶ。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou060.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/14 04:19
心構えの違い
ワン爺の独り言(2017.3.13.) 今回は「心構えの違い」によってどのような違いが現れるのだろうか学ぼう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou059.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/13 04:12
正しい「心構え」
ワン爺の独り言(2017.3.12.) 正しい心構えとは、先ず「心を落ち着けて精進する」ということのようです。覚りの境地をめざす特定の修行法はないのですから、心構えが大切なのです。SRKWブッダの理法を引用します。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou058.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/12 04:22
対比ではなくして
ワン爺の独り言(2017.3.11.) 昨日は「公案」について学んだのは、今日のテーマSRKWブッダの理法「対比ではなくして」について学ぶためでもあるのです。基本公案「どうしてもいけなければどうするか」について述べられているからです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou056.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/11 04:10
仏道修行において、「公案」に取り組むことの意味
ワン爺の独り言(2017.3.10.) 仏道修行において、「公案」に取り組むことの意味について学んでみましょう。いままで「公案」についての理法を引用しませんでしたが、SRKWブッダの理法を学ぶためには、「公案」について知っておいた方がよいと思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou008.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/10 04:16

続きを見る

トップへ

月別リンク

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる