アクセスカウンタ

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

プロフィール

ブログ名
ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
こだわりを捨て去ること
ワン爺の独り言(2017.4.26.) 「こだわりを捨て去ることは容易ではない。なぜならば、こだわりを捨てようと思うその思い自体がこだわりに他ならないからである。」とSRKWブッダは述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou095.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/26 04:23
人は信じて裏切られてはならず、決して「裏切られないものを信ぜよ」
ワン爺の独り言(2017.4.25.) 覚りの境地は頭で考えただけで到達できるものではない。こころから信じなければならないことがある。しかし、その信じるものに裏切られてはならない。決して裏切られないものを信じなければならない。それは何かSRKWブッダの理法で学ぼう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou094.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/25 04:22
ブッダが何かを語るとき、それらはすべて「知って語られる」のである。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou093_sub.htm 「如来(および<道の人>)が何かを語るとき、それらはすべて知って語られるのである。なぜならば、如来(および<道の人>)は、知らないことを口にすることはないからである。」とSRKWブッダは言われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/24 04:25
「覚者が語る真実」とは何か?
ワン爺の独り言(2017.4.23.) 「覚者が語る真実」とは何か?を知ることは大切なことです。しかし、それに対する執著を捨てることも大切です。以下のSRKWブッダの理法より。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou093.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/23 04:18
苦のありかとその滅尽(苦は意外なところに潜んでいる)
ワン爺の独り言(2017.4.22.) 苦のありかとその滅尽(問題になる苦は意外なところに潜んでいる)。覚りの境地を求める方はこの理法を是非読んで下さい。このSRKWブッダの理法を受け入れることができた方は必ずその境地に達するはずだと私は信じています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou092.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/22 04:18
「真実ならざる断定」を捨て、「虚妄ならざる縁起」によって妄執を超えよ
ワン爺の独り言(2017.4.21.) 世人は、世間のうちに迷っている。しかし、人は覚りの境地に至る前に、一体どのようにして真実を知り得るのであろうか? SRKWブッダのこれに関する理法を引用します。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou091.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/21 04:18
「不退転のもの」こそが道に適った行為であるのだと理解すべきである
ワン爺の独り言(2017.4.20.) 「この世のすべてのものは変化するものであるが、唯一人が覚りの境地に至る道筋におけるすべてのことはその根底において変じない性質のものを源泉(ルーツ)としている。」それを「不退転のもの」という。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou090.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/20 04:15
聴覚器官としての耳を無くすことになろうとも、「聞く耳」だけは決して無くしてはならない
ワン爺の独り言(2017.4.19.) 「たとえ聴覚器官としての耳を無くすことになろうとも、『聞く耳』だけは決して無くしてはならない。」と言われた時の『聞く耳』とは何だろう。その答えをSRKWブッダの理法で学んでみよう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou089.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/04/19 03:59
「すぐれた行為」とはどのようなものか?
ワン爺の独り言(2017.4.18.) 凡夫の行為というものは、自覚があるか、ないかに関わらず、事前には不安があり、事後には後悔がつきものですので、「すぐれた行為」とは言えないのです。ではいかにしたら「すぐれた行為」ができるのでしょうか? http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou088.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/18 03:57
少なくとも...(この言葉を聞いたのであるから)
ワン爺の独り言(2017.4.17.) 私は「”少なくとも...”」の理法を読んで、解説の内容とタイトルが結び付かなかったのです。解説の内容は私には「ぴったり」であったのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou087.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/17 04:17
真理はつねに穏やかに語られる
ワン爺の独り言(2017.4.16.) 「耳にさわるような荒々しく汚い言葉を口にするよりは、耳に心地よい、穏やかな、清らかな言葉を口にする方がすぐれている。」とSRKWブッダは述べています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou086.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/16 04:03
経典を縁として覚りの境地に近づき至ることがある
ワン爺の独り言(2017.4.15.) 初期仏教の経典であろうが大乗仏教の経典であろうが正法の書かれている本物の経典であれば、読誦して我がものとするならば、その経典を縁にして悟りの境地に近づき至ることがある。それをSRKWブッダの理法で知った。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou085.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/15 04:04
観音および観自在と名づけられるもの
ワン爺の独り言(2017.4.14.) 「その観の対象となった言葉が明らかに外的なものであるときには観音(を為す)と名づけ、その観の対象となった言葉がまさしく内的なものであるときには観自在(を為す)と名づけるのである。」とはSRKWブッダの言葉です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou084.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/04/14 05:26
悪を捨て去るばかりでなく善からも離れるべきである
ワン爺の独り言(2017.4.13.) 「心の中の悪を捨て去るばかりでなく善からも離れるべきである」に疑問をもたれる方は、自分の思っている善が本当に善なのかよく考えてみる必要があります。SRKWブッダは中国の六祖恵能の言葉を引用して説いておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou083.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/04/13 04:10
利他は相手が悲しみ苦しむ姿を見たくないゆえに行ぜられるのである
ワン爺の独り言(2017.4.12.) 「能く利他を行じる人は、自らも大いなる利益を得る。これは、不滅の真理である。」とSRKWブッダは説かれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou082.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/12 04:14
普遍性を持つ根拠のある言説は一つも存在してはいない。
ワン爺の独り言(2017.4.11.) 「誰にとっても明らかで、確かな、時と場所を超えて普遍性を持つ、揺るぎなき根拠のある言説は、実は唯の一つも存在してはいない」とSRKWブッダは説きます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou081.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/11 04:10
知識にもとづいて生じる世の顛倒を自らの学識によって超越せよ。
ワン爺の独り言(2017.4.10.) 「知識を超えて知られるそれ」とは真の学識であるが、それによって知識にもとづいて生じる世の顛倒を自らの学識によって超越できる。そのようにSRKWブッダは言われます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou080_sub.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/04/10 04:15
「学識」ある人は語られた言葉を真摯に受け止め理解する
ワン爺の独り言(2017.4.9.) 「学識」の意味を辞書的でなく、生きた言葉として理解する必要があると思います。まさに「学識」の本当の意味は単に多くの物事を知識として知っているということでなく、他人事でなく当事者として受け止めていることです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou080.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/09 04:16
自ら得意とするところのものによって「煩い、憂い、苦悩」するのである
ワン爺の独り言(2017.4.8.) 人々は、自分の不得意によって、「煩い、憂い、苦悩」すると考えていますが、SRKWブッダは、そうではなく、得意とするところのものによって「煩い、憂い、苦悩」すると言われています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou079.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/08 04:14
ひねくれた心を正すのは、容易ではない。
ワン爺の独り言(2017.4.7.) 「ひねくれた心を正すのは、容易ではない。なぜならば、ひねくれた心を、別の誰かが正してあげることは出来ないからである。」とSRKWブッダは言われます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou078.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 04:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる