アクセスカウンタ

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

プロフィール

ブログ名
ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第34偈
34 この容色は衰えはてて、病の巣であり、脆くも滅びる。腐敗のかたまりで、破れてしまうであろう。生命は終に死に帰着する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/20 05:37
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第33偈
33 ひとびとの命は昼夜に過ぎ去り、ますます減って行く。___水の少ない所にいる魚のように。かれらにとって何の楽しみがあろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/19 05:10
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第32偈
32 歩んでいても、とどまっていても、ひとの命は昼夜に過ぎ去り、とどまりはしない。___河の水流のようなものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/18 05:27
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第31偈
31 ひとびとは昼も夜も損なわれ、つねに過ぎ去って帰らない。魚が火あぶりにされているように、生死の苦しみを受けている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/17 05:22
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第30偈
30 たとい百歳を生きたとしても、終には死に帰着する。老いか、病いか、または死が、この人につきそって殺してしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/16 05:20
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第29偈
29 なんじ、いやしき<老い>よ! いまいましい奴だな。お前はひとを醜くするのだ! 麗しい姿も老いによって粉砕されてしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/15 05:29
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第28偈
28 いとも麗わしき国王の車は朽ちてしまう。身体もまた老いに近づく。しかし善い立派な人々の徳は老いることがない。善い立派な人々は互いにことわりを説いてきかせる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/14 05:37
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第27偈
27 この世で老いぼれた人を見て、また病んだ人を見て、また意識作用の消え失せた死人を見て、思慮ある人は家の絆を捨て去った。___世間の人々にとって欲楽は実に断ち難いものであるが。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/13 05:30
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第26偈
26 この世においては、過去にいた者どもでも、未来にあらわれる者どもでも、一切の生き者は身体を捨てて逝くであろう。智ある人は、一切を捨て去ることを知って、真理に安住して、清らかな行ないをなすべきである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/12 05:16
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第25偈
25 大空の中にいても、大海の中にいても、山の中の奥深いところに入っても、およそ世界のどこにいても、死の脅威のない場所は無い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/11 05:39
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第23偈、第24偈
23 生きとし生ける者どもは死ぬであろう。生命は終には死に至る。かれらは、つくった業(ごう)の如何にしたがっておもむき(それぞれ)善と悪との報いを受けるであろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/10 05:19
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第22偈
22 いくら財産を貯えても、最後には尽きてなくなってしまう。高い地位身分も終には落ちてしまう。結びついてものは終には離れてしまう。生命は終には死に至る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/09 05:10
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第21偈
21 男も女も幾百万人と数多くいるが、財産を貯えたあげくには、死の力に屈服する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/08 05:27
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第20偈
20 「わたしには子がいる。わたしには財がある」と思って愚かな者は悩む。しかし、すでに自分が自分のものではない。ましてどうして子が自分のものであろうか。どうして財が自分のものであろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/07 05:22
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第19偈
19 眠れない人には夜は長く、疲れた人には一里の道は遠い。正しい真理を知らない愚かな者にとっては、生死の道のりは長い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/06 05:12
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第18偈
18 昼夜は過ぎ行き、生命はそこなわれ、人間の寿命は尽きる。___小川の水のように。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/05 05:31
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第17偈
17 牛飼いが棒をもって牛どもを駆り立てて牧場に到着させるように、老いと死とは諸の病いをもって人々の寿命を終わらせる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/04 05:32
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第16偈
16 功労でも些細なことでも、苦しみとむすびついている。水面を杖で打っても、直ぐに迹が消えてしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/03 05:16
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第15偈
15 山から発する川(の水)が流れ去って還らないように、人間の寿命も過ぎ去って、還らない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/02 05:14
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第1章 無常 第14偈
14 死刑囚が一歩一歩と歩んで行って、刑場におもむくように、人の命も同様である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/01 05:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる