アクセスカウンタ

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

プロフィール

ブログ名
ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ものごとを問うということ
ワン爺の独り言(2017年9月21日) 「真実の答えを得ることができるかどうかは問うた相手によって決まることではない。真実の答えを得る人は、自ら発したこころからの問いそのものによってそのよすがを得るからである。」とはSRKWブッダの言葉です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou225.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/21 06:14
覚りについての所感
ワン爺の独り言(2017年9月20日) ここには九つのSRKWブッダの所感が記されています。このうち一つだけでも共感できる言葉があるならば、その方は覚りの道を歩いているのだと思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou224.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/20 09:44
何一つ無駄なことはない
ワン爺の独り言(2017年9月19日) よく考えれば世の中のことは無駄ばかりのような気がします。ですから、「何一つ無駄なことはない」とは、世俗のことがらについて言っている言葉ではないと思います。覚りに至る道においてはこの通りなのでしょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou223.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/19 09:56
法華経の不思議
ワン爺の独り言(2017年9月18日) 法華経の内容は知らなくとも、名前だけは知っている日本人は多いと思います。特に、日蓮宗ではその題目だけ唱えれば功徳があると教えていますからなおさらです。しかし、その内容を知り、またその大切なところ(正法)を知れば、その功徳は計り知れないものがあると思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou222.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/18 10:51
雑感
ワン爺の独り言(2017年9月17日) 今回はSRKWブッダの覚りについての雑感です。「他の人が覚った(悟った)と言う話や声を書物やインターネットで見聞きして、自分も仏になれるかも知れないと本気で思ったことが重要なターニングポイントであった。」と述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou221.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/09/17 09:56
しあわせの形
ワン爺の独り言(2017年9月16日) この理法は「しあわせ形」と「しあわせに至る道」に関する二つの問いに答えるものです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou220.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2017/09/16 07:13
覚りの縁起
ワン爺の独り言(2017年9月15日) 今回は昨日引用した「微妙なこと」に関連するものであります。覚りにまつわる事柄は微妙なことでありますので、覚りの縁起も微妙なものであります。それをSRKWブッダの言葉から感じてください。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana045.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/15 10:18
微妙なこと
ワン爺の独り言(2017年9月14日) 人は白黒はっきりしてほしいと思っています。しかし、覚りの道はそのようには行かない微妙なのだとSRKWブッダは言われます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou219.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/14 07:58
念仏
ワン爺の独り言(2017年9月13日) 念仏といえば、仏様にお願いごとを叶えてもらうということになりますが、その願いごとが単なる個人的な願いごとではなく、大きくいえば人類の願いごとをお願いすればそれには非常に大きな意味があるということになります。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou218.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/13 10:19
行および為すべきこと
ワン爺の独り言(2017年9月12日) 「徳行に篤い人は、解脱以前においても安楽を得る。そして、それは解脱の因ともなり得るものである。」これはSRKWブッダの言葉です。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou217.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/09/12 10:08
無師独覚
ワン爺の独り言(2017年9月11日) 「法(ダルマ)は、口伝できないものである。それゆえに、法が師から弟子へと伝えられるという考え方は間違いである。」と言うSRKWブッダの言葉を禅宗の人々は否定するかもしれません。 
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou216.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/09/11 10:15
各自のことがら
ワン爺の独り言(2017年9月10日) いろいろな事柄に対して肯定的に捉えるか否定的に捉えるかは「各自のことがら」です。肯定的に捉え実践する人は肯定的結果、否定的に捉える人は否定的結果になると思います。ではどうするべきでしょうか? http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou215_sub.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/10 10:35
仏道は厳しい道程なのか?
ワン爺の独り言(2017年9月9日) 今回の理法の趣旨はすでに引用しました「難所」と同様であると思います。すなわち、人々は、自分自身を信じることができずにいるために、解脱できない。そこが難しい事であり、厳しい道のりであるという事でしょう。しかし、それは難しい、厳しい道のりでしょうか? http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou215.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/09 09:32
仏道を歩むということ
ワン爺の独り言(2017年9月8日) 「仏道を歩むということ」とは、解脱して、完全な覚りに至る修行をすることです。しかし、多くの人々はそのような修行をすることを望んでいません。また望んだとしても、種々の誤解のために正しい道を歩むことができないのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou214.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/08 10:01
悪魔とその軍勢
ワン爺の独り言(2017年9月7日) 「魔がさす」という言葉があります。「仏がさす」という言葉はありません。しかし、「仏がさす」というような現象があり、それにより人は悪魔とその軍隊を撃破し、ついに苦悩から解脱するのだとSRKWブッダは教えています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou213.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/07 09:54
愚問
ワン爺の独り言(2017年9月6日) はじめは愚問かどうか恐れずに、問いを発した方がよいと思います。なぜならば自分の疑問(興味)がどこにあるかはっきりしてない場合が多いからです。しかし、ある程度問えば、自分の問いが愚問かどうか考察する必要があるでしょう。どのような問いが愚問なのかこの理法から学ぶべます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou212.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/06 10:07
仏智の現れ
ワン爺の独り言(2017年9月5日) 人智は人が考えられる知恵ですが、仏智は人が考えられない智慧です。しかし、仏智は人の口から語られます。それを聞き逃すことなく、それが仏智だとわかった人が解脱するのだとSRKWブッダは言われているようです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou211.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/05 10:01
難所
ワン爺の独り言(2017年9月4日) 難所がそこにあるとは思いませんでした。確かにそれは最大の難所でしょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou210.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/04 10:04
戯論
ワン爺の独り言(2017年9月3日) 人々は戯論(無意味で,役に立たない議論)が好きです。それが何を意味するのか今回の理法で学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou209.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/03 06:04
「しかも」という言葉
ワン爺の独り言(2017年9月2日) 「しかも」という言葉について、ここで述べられている理由は、前回の理法「すべての人々をやすらぎに導くその法」の中に「・・・、しかも南無仏と唱えるならば、誰もが無上のやすらぎへと到達することができる。」という文章があるからです。この「しかも」が重要な意味を持つのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou208_sub.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/02 08:59

続きを見る

トップへ

月別リンク

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる