アクセスカウンタ

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

プロフィール

ブログ名
ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ただそれだけによっても
ワン爺の独り言(2018年1月21日) SRKWブッダの理法、そして感興句といろいろ紹介してきましたので、皆さんの中にはたくさんあってどうして良いかわからないと思われている方もおられるかもしれません。そのような方は是非今回の感興句をお読みください。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana010.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/21 05:47
思いとそのあり得べき帰趨
ワン爺の独り言(2018年1月20日) 「思いの真実とは、どのようなものか?」SRKWブッダから学び、自分と他人の思いを観察し、考察して見ましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana009.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/20 05:44
崇高なる境地
ワン爺n独り言(2018年1月19日) 「孤独の境地」に励むならば、<崇高なる境地>に至る。そして因縁によって「覚りの境地」に至るとSRKWブッダは言われます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana008.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/19 05:36
「それ」
ワン爺の独り言(2018年1月18日) 「ありのままに想う者でもなく、誤って想う者でもなく、想いなき者でもなく、想いを消滅した者でもない。──このように理解した者の形態 (rupa)は消滅する。けだしひろがりの意識は、想いにもとづいて起こるからである。(スッタニパータ)」この言葉はSRKWブッダのホームページの「正法」の欄に記されています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana007.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/18 05:52
しあわせなひと
ワン爺の独り言(2018年1月17日) ある人は何かがあればしあわせになると思い、ある人は何かになればしあわせになると思い、ある人は何かが達成されればしあわせになるとなると思います。しかし、それはどうも違うようです。だた、この感興句で述べられていることを「しあわせ」と思えるかどうかはその人次第です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana006.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/17 05:38
気高さの中に存している
ワン爺の独り言(2018年1月16日) 私は残念ながら「気高さ」というものを実感したことがないのです。ですから、実感のある言葉として何も書けません。しかし、それに遭遇したいと思いますから、それがどんな時に、どんな所にあるものかSRKWブッダの言葉から学んで見たいと思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana005.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/16 05:32
因縁
ワン爺の独り言(2018年1月15日) 「人が解脱して覚りの境地に至ることに限らず、この世の出来事はすべからく因縁にもとづいて起こるのである。」を知ると同時に「世のさまざまな因縁を超えて覚りの因縁を生じ、自らの因縁によって円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと到達」できることを知るべきです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana004.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/15 05:46
争論を超えよ
ワン爺の独り言(2018年1月14日) 争論の始まりは、真実を知ろうとすることから始まるのかもしれませんが、情欲によって真実から離れて行くのでしょう。「ゆえに、こころある人は、たとえ争論の中にあっても争論を超えよ。しかしもちろん、こころある人は争論に近づいてはならない。」とSRKWブッダは述べられるのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana003.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/14 05:47
友・<最上の宝>
ワン爺の独り言(2017年1月13日) この歳(74歳)になって、久しぶりに「友人」について考えてみました。いろいろ懐かしい想いが思い出されます。幼い頃の友、学生時代の友、社会人になってからの友、そして修行仲間。どのような友が親友(善き友)なのだろうか? そして、何よりも自分が他の人の善き友であっただろうかと考えます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana002.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2018/01/13 05:40
宗教には属さない
ワン爺の独り言(2018年1月12日) 今日から、SRKWブッダの「理法」に変わって「感興句」を引用させていただきます。はじめに、「人が不滅の安穏に至るその道はいかなる宗教にも属さない。」ことを述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/udana001.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2018/01/12 05:59
定慧と仏道修行者
ワン爺の独り言(2018年1月11日) 今回引用するSRKWブッダの理法は、今のところではSRKWブッダの最後のものとなっています。その内容は、正しい定と智慧とは一対のものであることを教えるものです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou334.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/11 05:40
思いと言葉
ワン爺の独り言(2018年1月10日) 「人は、思ったことについて責任を取るのでは無く、口にしてしまったことについて責を負うべきである。」とはSRKWブッダばかりではなく、諸仏の言われることであります。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou333.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/10 05:44
根本の戒め
ワン爺の独り言(2018年1月9日) 「あらゆる戒律は上手に振る舞うためにあるのではなく、むしろ自由闊達に自信を持って修行するために存在している。」とSRKWブッダは述べておられます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou332.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/09 05:39
明けの明星
ワン爺の独り言(2018年1月8日) 釈尊(ゴータマ・ブッダ)の覚りの瞬間の一般に知られている事柄について、SRKWブッダはその深い意味をこの理法で述べられておられるのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou331.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/08 05:46
執著の結び
ワン爺の独り言(2018年1月7日) 他人の覚りが気になる人は、「他の人の覚りは自分とは何ら関係ない筈であるのに、自分の方からそのことについての執著の結びを作って しまう。」とSRKWブッダは述べています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou330.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/07 05:09
修行者の楽しみと栄え
ワン爺の独り言(2018年1月6日) 「苦行によって覚ろうとする者も、心から楽しんで修行する者も、覚りには達しない。覚りの道は、これらの両極端を離れた中道であるからである。立派な修行者は、楽しみと栄えとともに道を歩み、ついにこの円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)に到達する。この楽しみは、衆生の楽しみとは違うものである。」これはSRKWブッダの「修行者の楽しみと栄え」に関するツイッターからの言葉です。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou329.ht... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/06 06:00
覚りの根本の真理
ワン爺の独り言(2018年1月5日) 今回のSRKWブッダの理法はまさに「覚りの根本の真理」です。五つの節に別れていますが、その一節ずつ丁寧に読んでよく理解してください。これらを理解し納得し、実践すれば、因縁によって解脱するということです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou328.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/05 05:48
大変だ!
ワン爺の独り言(2018年1月4日) 今回の理法は非常に興味深いものであります。「大変だ!」という言葉に対して、衆生と菩薩と道の人(覚った人)のそれぞれがどのように反応するかを知ることで、自分の境地をチェックできるからです。しかし、覚った人の反応は書かれていないのです。それを考えさせようとしているのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou327.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/04 05:44
覚りは一瞬に起こる
ワン爺の独り言(2018年1月2日) この情欲を超えて「その表象」を生じたとき、それ以後はつねにそれが出来るようになる。それで一定の境涯に達したと認められるのである。この意味は難しいのですが、この時、SRKWブッダは心解脱の完成と言われています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou326.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2018/01/03 05:59
自分に甘い修行者
ワン爺の独り言(2018年1月2日) 今回の理法のテーマは「自分に甘い修行者」ということですから、SRKWブッダの修行者に対するお叱りの言葉かなと思いましたが、読んでみるとそのようなものではないと知りました。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou325.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2018/01/02 05:42

続きを見る

トップへ

月別リンク

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる