ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 奉じてる 知識・学問 徳行や 思想等のみ 最上とする<797>

<<   作成日時 : 2015/02/17 03:45   >>

トラックバック 0 / コメント 3

○少年少女のためのスッタニパータ<797>
・・・
依怙贔屓(えこひいき)はいけないと
みんな言うけれど
みんな依怙贔屓しているのが実情です。


第3 八つの詩句の章 4.最上八詩句経 2.

○毎田周一先生訳
797.
知識や学問や徳行や思想の
優れた成果が 自分の中にあると思っているものは
それらのことだけを自分でつかまえて
その外のすべてのものは劣っていると見る


○中村元先生訳
797
かれ(=世間の思想家)は、見たこと・学んだこと・戒律や道徳・思索したことについて、
自分の奉じていることのうちのみすぐれた実りを見、
そこで、それだけに執著して、
それ以外の他のものをすべてつまらぬものであると見なす。


○正田大観先生訳
804.(797) 
見られたものについて、聞かれたものについて、戒や掟(執着の対象に成り下がった宗教行為)について、あるいは、思われたもの(我執の思いで対象化され他者化した認識対象)について、
すなわち、自己〔の見解〕について〔のみ〕、福利を見るなら、
彼は、そこにおいて、それ(自己の見解)だけに執持して、
他の一切を「劣る」と見る。(2)


○パーリ語原文
803.(797)
ヤダッタニー     パッサティ    アーニサンサン
Yadattanī       passati      ānisaṃsaṃ,
およそ・自己の   見ると      利益があると

ディッテー    ステー    スィーラワテー   ムテー     ワー
diṭṭhe       sute      sīlavate        mute       vā;
見たこと     聞いたこと 戒・掟         思ったもの   或は         

タデーワ    ソー     タッタ    サムッガハーヤ
Tadeva     so      tattha    samuggahāya,
それだけに  彼は    そこで   執着して

ニヒーナトー    パッサティ   サッバマンニャン
nihīnato       passati      sabbamaññaṃ.
劣ったものと    見る       他のすべてを


○一口メモ
昨日の偈、「自分の重んずるこの」或は「優れていると見なす見解」と述べられているもの少し具体的に示されています。すなわち、知識(見たこと)、学問(学んだこと)、徳行(戒律や道徳)、思想(思索したこと)です。「清浄八詩句経」において、これらによって清浄にならないと述べられてものです。

しかし、それらの中に、優れて成果が自分の重んじた知識、学問、徳行、思想等の中にあると思っているものは、そのことだけを摑まえて、その他のものを劣っていると思うのです。見解に対す態度と同じです。これらのものによっては清浄にならないものであるので、最上にはならないだろうと思いますが。


奉じてる 知識・学問 徳行や 思想等のみ 最上とする<797>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090−2311−9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
それらに対する姿勢が問題だと私は思います。

「真理とは何だろうか?」と謙虚に学問を学んだりするのなら決して悪くないと私は思います。

得た知識や確立された思想を最高とし、他を劣ったとする高慢な態度が問題だと思います。

何故なら、学問的知識や思想は日々塗り替えられる故に、「優れたー劣った」という枠組みの中では、気持ちが落ち着くはずがないからです。

2015/02/17 04:25
おはようございます。
ワンギーサ長老の分かり易い解説「自分の重んじた・・そのことだけを摑まえて、その他のものを劣っていると思う」胸に響きました。自己啓発系?の頃の自分がこの状態でした。
自分や相手が凄いと思っている知識の内容の「根拠」を説明しようとしても、時間がかかる+結局理解に繋がらない経験をしています。
また、●相手(との論争)に勝とう
●相手をこっちに勧誘しよう
●相手に自分の商品を売ろう
みたいな意向があった時はその相手(の心)をクリアに感じない・色図んで見えるなと思った事があります。
(知識等ではなく)その方の生き様で捉えた方が、分かり易いし勉強になるなと思いました。
自分の生き様、日々反省しそして精進したいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
身の丈修行者
2015/02/17 08:57
自分が価値があると思っているものが価値があると信じ固定概念を持ち、そうでないものをさげすむ様に認識する状況は日常で見る光景です。特に宗教・思想などはその部類に入るでしょうか。その見解に凝り固まった私の頂けない所・・に気が付ける方は皆無だと思います。
そのような状況を一歩超えた生き方をして参りたいです。
こころざし
2016/10/06 07:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
奉じてる 知識・学問 徳行や 思想等のみ 最上とする<797> ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる