ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 身についた 思い込み捨て 一定の 立場を取らず 鵜呑みもしない<800>

<<   作成日時 : 2015/02/20 04:15   >>

トラックバック 0 / コメント 4

○少年少女のためのスッタニパータ<800>
・・・
人々はみんな
自分の好きな色眼鏡をかけています。
しかし、そのことを忘れて
自分が見える色が正しいと言います。


第3 八つの詩句の章 4.最上八詩句経 5.

○毎田周一先生訳
800.
既に身についているものを捨てて何も掴まず
智慧についても一定の立場をとらない人は
意見の違いから分裂した人達の中でどちらの側にもつかず
どんな考え方もそれを鵜呑みにしない


○中村元先生訳
800
かれは、すでに得た(見解)[先入見]を捨て去って執著することなく、
学識に関しても特に依拠することをしない。
人々は(種々異なった見解に)分かれているが、かれは実に党派に盲従せず、
いかなる見解をもそのまま信ずることがない。


○正田大観先生訳
807.(800) 
自己を捨棄して、執取せずにいる者は
――彼は、〔いかなる〕知恵でさえも、依存を為さない。
彼は、まさに、相争う者たちのなかにいながら、〔特定の〕党派に走り行く者ではない。
彼は、〔いかなる〕見解でさえも、何であれ、信受しない。(5)


○パーリ語原文
806.(800)
アッタン    パハーヤ    アヌパーディヤーノー
Attaṃ     pahāya      anupādiyāno,
自己を    捨てて      執着しないで

ニャーネーピ   ソー    ニッサヤン   ノー     カローティ
ñāṇepi        so      nissayaṃ    no      karoti;
知識さえも     彼は     依存を     ない     なさ(ない)

サー    ウェー    ウィヤッテース     ナ    ワッガサーリー
Sa      ve       viyattesu         na    vaggasārī,
彼は    実に     分裂する者において  ない  群れに流され

ディッティンピ   ソー    ナ    パッチェーティ    キンチ
diṭṭhimpi       so      na    pacceti         kiñci.
見解をも      彼は    ない  信じ          如何なる


○一口メモ
この偈の一行目は、パーリ語の直訳では正田先生のようになります。すなわち、「自己を捨棄して、執取せずにいる者は」です。ここで「自己を捨棄して」の意味を、毎田先生は「既に身についているものを捨てて」と説明し、中村先生は「すでに得た(見解)[先入見]を捨て去って」と訳されました。自己とは、「既に身についているもの」或は「すでに得た(見解)[先入見]」と解釈しているのです。

このような状態を「色眼鏡をかけている」という比喩で表現されます。例えば、青い色眼鏡をかけて世の中を見れば、世の中はすべて青色に見えます。世の中をありのままに正しく見るためには、青眼鏡を外さなければなりません。それが自己を捨ててということなのです。別の言葉で言えば、自我を捨てるということです。

次に、パーリ原文の二行目ñāṇepiのñāṇeは、毎田先生は「智慧」、中村先生は「学識」、正田先生は「知恵」と訳されていますが、悟りの智慧(paññā)とは異なります。「悟りに関する知識」と言ったような意味です。ですから、ここの意味は「悟りに関する知識にも依存しない」という意味になります。

徹底して、自分の先入見や知識、悟りに関する知識などを排除して、それらに依存しないという態度が示されています。しかし、多くのの人々は自分の先入見や知識、悟りに関する知識などに依存し、それに執着していますから、個人が異なれば、当然意見・見解は異なり、お互いに対立し、論争するのです。

「自己を捨棄して、執取せずにいる者」は、対立する人々のどちらにも側にもつかず、どんな見解も盲従することがないと述べられています。


身についた 思い込み捨て 一定の 立場を取らず 鵜呑みもしない<800>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎ゴータミー精舎では毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090−2311−9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
仏教に関する知識も仏教だからと鵜呑みにせず、自ら検証したり確かめる態度が重要ですね。

2015/02/20 09:48
「思考は色眼鏡になる。その内容が素晴らしくて気にっていても事実を見えにくくしていまう。」と理解しました。
りんご
2015/02/20 11:44
見解があると、その見解をもとにしか見れないような印象があります。
その見解を捨てる・・となると、我を捨てるようなニュアンスが必要になる気が致します。
お釈迦様の仏教を習っても、その見解に執着してしまうと解脱には近づかない印象も感じます。そのような事にも注意して精進していきたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
身の丈修行者
2015/02/20 12:24
私事の余談を恐縮です。ご縁を頂いた方がアドラー心理学をされている様子でした。こんな私か○○・◆◆と成功して・・との紹介文みたいなのが掲示されてました、悪い事ではないとは思いますが、自我という色眼鏡をつけてみている状況は変わらない様に感じました。それを見て学んでみようと思った方も・・
色眼鏡がかかっている事に気が付く事、しっかりとやって参りたいです。
こころざし
2016/10/07 07:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
身についた 思い込み捨て 一定の 立場を取らず 鵜呑みもしない<800> ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる