ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 我は知り 我は見たとて この我は 清浄になる ことができるか<908>

<<   作成日時 : 2015/06/08 04:02   >>

トラックバック 0 / コメント 4

○少年少女のためのスッタニパータ<908>
・・・
池にお金を落としたのに
池の周りを探しても
お金は見つからない。


第4 八つの詩句の章 13.大集積経 14.

○毎田周一先生訳
908.
『私は知る 私は見る これが本当である』
というような考え方で ある人はそこに清らかさがあると信じているが
もし何かを見たとしても それがその人自身にとって一体何になるだろう
彼等は本来居るべき処をゆき過ぎて 即ち他のものによって 清らかさをいっているのに過ぎない


○中村元先生訳
908
「われは知る。われは見る。これはそのとおりである」
という見解によって清浄になることができる、と或る人々は理解している。
たといかれが見たとしても、それがそなたにとって、何の用があるだろう。
かれらは、正しい道を踏みはずして、他人によって清浄となると説く。


○正田大観先生訳
915.(908)
『〔わたしは〕知る。〔わたしは〕見る。まさしく、そのとおりに、この〔清浄〕を』〔と〕
或る者たちは、見解によって清浄を信受します。
もし、〔彼が〕見たとして、そのことが、自身にとって、まさに何になるというのでしょう。
〔道を〕外れて、〔彼らは〕他のもの(他者・他物)によって、清浄を説きます。(14)


○パーリ語原文
914.(908)
ジャーナーミ    パッサーミ   タテーワ       エタン
Jānāmi        passāmi     tatheva        etaṃ,
私は知る      私は見る    まさしくその通り  これは

ディッティヤー   エーケー    パッチェーンティ    スッディン
diṭṭhiyā        eke        paccenti         suddhiṃ;
見ることで     ある人達は   理解する        清浄(になると)

アッダッキ    チェー    キンヒ     トゥマッサ  テーナ
Addakkhi     ce       kiñhi      tumassa    tena,
見たとて     もし     実に何か   自分の    それによって

アティスィトゥワー    アンニェーナ   ワダンティ     スッディン
atisitvā           aññena       vadanti       suddhiṃ.
道を離れて        他人によって   説く        清浄(になると)


○一口メモ
今回の偈は話しの流れが少し変わります。「私は知る。私は見る。これが本当である。」と言う考え方で清浄になることができると理解している人について批判しています。

何故この考え方で清浄になれないのでしょうか?二つの理由を考えてみましょう。「私は知る。私は見る。」とは、私には知らないことがあるから、清浄でないのだという考え方です。だから、知らないことを知って、知らないことを調べて、自分を清浄にしようとする考え方です。世界には無限に知らない対象があります。無限の対象に対して、有限の時間しか持たない人間が調べ尽くすことはできません。そうすると人間は清浄になれないということになります。

もう一つの理由は、そもそも清浄になるものは「私は知る」の私なのです。この私を探究せずに、私の外の対象に対して、知らないから知ろうとして調べても、探究の対象を間違えているのですから、私は清浄になれないのです。そのことがこの偈の三行目と四行目で述べられているのです。


我は知り 我は見たとて この我は 清浄になる ことができるのか<908>


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎特別連絡:6月12日(金)から6月16日(火)のゴータミー精舎における夜の自主瞑想会はお休みいたします。尚、朝5時から7時の自主瞑想回は通常通り行います。理由はワンギーサが熱海の瞑想合宿に参加するためです。しかし、朝の自主瞑想会は代理人により通常通り開催いたします。


◎ゴータミー精舎では、通常は毎日朝晩、自主瞑想会を行っています。朝5時から7時まで、および夜7時から9時まで。但し、木曜日夜7時から9時までの自主瞑想会は休みます。また変更のある場合はこの「お知らせ」で、あらかじめ報告します。詳細はワンギーサの携帯番号090−2311−9317に御連絡下さい。


◎このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
最初はよく理解できずにとまどいました。ところが先生の「二つの理由」解説で腑に落ちました。「世界には無限に知らない対象があります。無限の対象に対して、有限の時間しか持たない人間が調べ尽くすことはできません。」
「この『私』を探究せずに、私の外の対象に対して、知らないから知ろうとして調べても、探究の対象を間違えているのですから、私は清浄になれないのです。」
おかげで、私のような者にも理解することができました。日々の慈愛に満ちたご指導に、改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。
kempsford
2015/06/08 04:20
「瞑想して神と遭遇した」というのはその具体でしょうか。

この宇宙を創造した全知全能の神。人間にとっては無限な世界のすべてを知ってる「神」という概念を用いれば、有限の問題は一応は解消されるのかもしれません。

しかし「それを知ろう、それを見よう」というのは、そもそも何かを得ようとする「欲望」だと思いますね。

もし、「瞑想して神と遭遇した」という具体的例が、この場合妥当であるならば、それはごくごくありふれた俗ぽいものです。

2015/06/08 05:39
おはようございます。
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「・・私には知らないことがあるから、清浄でないのだという考え方・・無限に知らない対象があり・・調べ尽くすことはできません・・この私を探究せずに・・探究の対象を間違えている・・私は清浄になれない」心に響きます。
以前自己啓発系?に居た頃に、学んでも一向に根本的解決にならなかった理由が分かりました様に思います。
自分の心を観察して参りたいです。
ワンギーサ長老・皆様の今日も素晴らしい一日となりますように。
身の丈修行者
2015/06/08 08:20
私事ですが、学んでいる高齢者介護の話で「私はこのような介護をしたい」と思えるように成ったら、新人ではないと学び吃驚に思いました。また反対に、そのようなものを持てないと良い介護は出来ないと教えて頂きました。僭越ですが本文の「私を探究せずに・・外の対象に対して・・調べても、探究の対象を間違えている・・」が当てはまる様に感じました。私について、灯台元暗しにならない様探求したいです。
こころざし
2016/11/13 19:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
我は知り 我は見たとて この我は 清浄になる ことができるか<908> ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる