ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 自らにのみ依拠して

<<   作成日時 : 2017/02/21 04:16   >>

トラックバック 0 / コメント 1

ワン爺の独り言(2017.2.21.)
自らにのみ依拠し、自ら(正しく)気をつけて行い、自ら見いだし、自ら知って、自ら決心し、自ら至るのが、仏道に他ならない。とSRKWブッダは言う。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou041.htm

(以下引用)
【自らにのみ依拠して】
一切世間においていかなる喧騒と安楽のすがたを眼のあたりにしようとも、また種々さまざまに世間に飛び交う欠点のある、あるいは欠点の無い言説を耳にしようとも、覚りの境地を目指す人はすべからく、自分ならざる何ものにも依拠することなく、ただ自らにのみ依拠して、自ら見いだした正しい道を歩まなければならない。

しかしながら、それは決して容易なことではない。 なぜならば、人々(衆生)は名称と形態(nama-rupa)を心に有し、それが自分のこころそのものであると(否応なくも)誤解し、その作用(=感受作用・表象作用・識別作用)につねに翻弄されている存在であるからである。人々は、ものを欲しがり、ものに執著を起こして、それゆえに自らにのみ依拠して(正しく)行為することが根源的に困難になっているのである。

ところで、人が覚りの境地に至るということは、かれが根本的無知(=<無明>と名づく)ゆえに誤って後生大事に抱え込んでいるこの名称と形態(nama-rupa)と名づく心それ自身が、自ら抱く名称と形態(nama-rupa)への執著を離れて、自ら抱く名称と形態(nama-rupa)であるところの心それ自身を滅尽することに他ならない。つまり、覚りの真実とは「それ自身」によって「それ自身」を滅する道なのである。したがって、仏道とは次のようなものであると言えるのである。

● 自らにのみ依拠し、自ら(正しく)気をつけて行い、自ら見いだし、自ら知って、自ら決心し、自ら至るのが、仏道に他ならない。

ところで、ここで留意すべきことがある。

 『人は、自分以外の何ものにも依拠することなくただ自らにのみ依拠して行為すべきである。しかし、それは自分勝手なものであってはならない。またそれは、自分の心を(予め)滅して得た何かであってもいけない。なんとなれば、(理法に適う)正しい拠り所は、それらの両極端とは別のところにあると知られるからである。』

仏道は、決して遠いところにあるのではない。それは各自の極近くにあって、しかしそれゆえに知り難く、それゆえに得難く、またそれゆえに歩み難い道である。 明知の人は、ことわりをこころに知って、自らにのみ依拠することの真実を自らによって識り分けて、すみやかに覚りの境地へと到達せよ。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
今回の引用文を読んで、ダンマパダ166番を思い出しました。
「たとい他人にとっていかに大事であろうとも、(自分ではない)他人の目的のために自分のつとめをすて去ってはならぬ。自分の目的を熟知して、自分のつとめに専念せよ。」(中村元氏訳)
ここで、「自分の目的」とは自分の解脱を意味しています。多くの人々の悩みは、他人の事柄に首を突っ込んで悩んでいる場合が多いのです。たとえ親や子の問題であっても、それらは彼らに任せて、自分の目的を熟知して、自分のつとめに専念した方がよいのです。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「自相と共相」とを観じて、無礙に転ずるのを妙観察智(智慧)といい、
「自己意識」というべき末那識が変化して得られる智慧が平等性智です。
Satya
2017/02/21 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
自らにのみ依拠して ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる