ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 気をつけること(いわゆるサティのことではない)

<<   作成日時 : 2017/02/04 04:12   >>

トラックバック 0 / コメント 1

ワン爺の独り言(2017.2.4.)
「覚るために為すべき、たった一つのことがらとは何であるか? それは「気をつけること」である。ただし、もちろん、これはいわゆるサティのことではない。」 これはSRKWブッダの「気をつけること」に関する過去のtweetの一つです。では「気をつけること」とは何か学んでみましょう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou032.htm

(以下引用)
【気をつけること】
世間におけるあらゆる煩いと一切の苦悩の終滅を願う人がこころに行うべきこと。 それは、気をつけることである。 すなわち、気をつけることによって人は(あり得べき)正しい<観>の確立と完成とを為し遂げることができ、また気をつけることによって<善知識>が稀有に発する<法の句>を聞き及んで、その真実を識ることができると期待され得るからである。 そして、気をつけることは、たとえ今現在覚りの境地に至ることを目指していない人にとってもつねに利益(りやく)を生じる因となり、大いなる功徳を生むよすがとなるものである。

人は、誰かを送り出すとき次のように声をかけるであろう。

 ”いってらっしゃい 気をつけてね”

これが、気をつけることの本質を端的に言い当てている。 ここで送り手が言っていることは、「道すがら周りの様子を一々確認して行きなさいよ」という意味ではないことは明らかである。 また、「道すがら自分が手足をどのようにしながら目的地に向かっているかなどについてつねに気づいていなさい」という意味でもない。 もし人が、この言葉を言葉通りに真に受けて、そのとおりにするならば、それは危なかしくて仕方がないことであるからである。 すなわち、

 ”気をつけてね”

とは、つねに気づきの中にいなさいと言う意味ではない。 それは、必要な時に過不足のない気づきと、不測の事態への適切な対応が行えるように、余計なことを考えたり周りのことに気を取られないで、普段通りに行きなさいよと言う意味である。

ところで、人が誰かを送り出すときにわざわざこのように声をかけるのは、世の中のことはいつも通りに事が運ぶとは限らないことを(こころの深奥で)知っているからである。 たとえ、送り出す相手がいつもの時間にいつもの場所へ向かうのであり、いつものようにして行くのであると分かっていたとしても、送り出す人は敢えてこのように声をかけるのである。 もし送り出す相手が、いつもではない場所へ向かい、いつもではない時間に出発し、いつものようには向かわないことが分かっているとするならば、送り手はさらに語気を強くして、

 ”気をつけてね!”

と声をかけることであろう。 そのように敢えて強く声をかけることが、気をつけることに少しでも役だって欲しいと願うからである。

ところで、ある人が今現在まさしく気をつけているかどうかは、かれ自身直接に認知できないだけでなく、他の誰にもはかり知れないことである。 しかしながら、何かの行為が終わったとき、その行為の最中に気をつけていたかどうかは振り返えれば分かることである。 逆に、そのときに気をつけていなかった場合も、振り返ったときに必ず思い当たることである。 けだし、すべての行為の本質は、後づけで理解される性質のものだからである。

気をつけるということは、一切後悔しない行為を為すということと同じである。 なんとなれば、人が何某かの行為を為してのち、かれ自身がその行為の顛末を振り返ってかれ自身何も後悔することが無いと確信できたならば、自分がよく気をつけていたのだと分かるからである。 逆に、人が自らの行為を振り返ったとき、行為の不全感があり、何がしか後悔の念が残ったとするならば、かれは自分がよく気をつけていなかったのだと認めざるを得ないのである。

また、誰であっても、意思を働かせることによって気をつけていることはできない。 なぜならば、意思を働かせて気をつけていようと思ったその瞬間に、すでに自分本来の姿を無くしているのであるからである。 それは傍目にもぎこちないものに映る。 そして、そのようにぎこちなく映るというそのことが、かれが気をつけていないことを如実に証明している。

真実に気をつけることは、容易なことではない。 しかしながら、普段から気をつけている人は、種々さまざまなことについて気をつけていられるようになる。 なんとなれば、正しい熱望と心構えをもってことに臨み、何が起ころうとも目の前のことを疎かにせず、真摯に取り組んでいるならば、それこそがまさしく気をつけていることに他ならないからである。

なお、具体的に述べるために、強いて逆説的に言うならば、正しく気をつけることは次のようなことを為さないようにすることであると言い換えることができる。

■ 善かれと思って後悔する行為を為してしまうこと
■ 口では何と言おうとも、自分が世界で一番やさしい人間だと頑迷に決め込んでいること
■ 法(ダルマ)を求める気持ちは誰にも負けないと自負しながら、他の人の正しき発心を軽んじてしまうこと
■ あらかじめ恥を知っていたのにそれを失い、恥知らずになったゆえに煩悩に翻弄されていることに気づかぬこと
■ 自分では一歩も動くことなく人をけしかけ、しかも人が失敗して苦しむのを楽しみとしている自分の姿に気づかぬこと
■ 自ら老いる身でありながら、老いた人を嫌悪し、面倒だなと思い、しかも自分だけは老いないと思っていること
■ 自ら病にふせる身でありながら、病にふせった人を嫌悪し、面倒だなと思い、しかも自分だけはいつまでも健康であると思っていること

こころある人は、このような行為を為さないように、よく気をつけて日々を送るべきである。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
最後に、SRKWブッダの過去のteeetから、も一つ引用します。
「気をつけるということは、この世のことがらについて気をつけることではない。気をつけるということは、この世を超えたことがら(智慧の出現)について気をつけているということである。このことを理解していないと、千万億年修行しても覚ることがない。彼は、気をつけていないからである。」



〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎2017年1月31日、ブログ名を「ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)」に、及びブログ・トップのブログ紹介を変更しました。

◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いわゆる聖者や解脱者や修行者の書き記した(残した)文章を読む時、そこに真理・真実が記載されているかどうかとともに、その本人に「覚悟」が見られるかどうかに気をつけています。

語学や言葉の才能があれば、使い回された真理を語ることはたやすいのではないかと思いますが、本人の経験(体現)からの言葉か、知識によるものか、またその語る言葉にやさしさがあるか、組織化(人を縛ること)に力をそそいでいないか(権威的でないかどうか)、組織に属している場合はどれくらいの間その組織に属していたのか、ということに気をつけます。

(ブッダかどうかの判断は除いて)そういった(長い年月<10年以上>実際に見てきて、日本人に限るという自分勝手な設定ではありますがその)網に掛からない方は(すでに亡くなられた方を含め)何人か(ごく少数)があてはまるように見えるのですが、不思議と、ほぼ独りで修行してきてはいるのですが、奥さん(配偶者)のいる方でした(そうだったということだけのことですが)。

釈尊は日本人ではありませんが、その奥さんがいた1人です。

釈尊にはお弟子さんがおられましたが、ワタシには意図して組織を作ったようには見えないです。

(もちろん日本を含め世界には、独身の方にもすばらしい修行者や解脱者の方がおられますが、その件は省かせていただきます。)

さらに、目をみはるのは、身近な方で、世の片隅におられる在家の方に(年齢に関係なく、ある瞬間の言動・行動に)この人は「仏様や女神様」ではないかと見える人が居られることです。
Satya
2017/02/04 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
気をつけること(いわゆるサティのことではない) ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる