アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
如来(ブッダ)が世にとどまる理由
ワン爺の独り言(2017.2.28.) 如来が世にとどまる理由は、世間的にいうところの魂が無く、その代わりに覚りの境地に至った瞬間にこころに顕現した「諸仏の誓願」が見かけ上の魂として機能している存在しているからなのだということですが、そのことをSRKWブッダの理法で学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou045.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/28 04:15
他の人を理解した人
ワン爺の独り言(2017.2.27.) 「人間関係の中にこそ」覚りの境地に至る鍵があるようですが、そのためには他の人を理解する必要があるでしょう。しかし、「人は、他の人の思想や考えを理解しようとあれこれ努力しても真実に理解することはできない。」と言われています。ではどうするか?SRKWブッダの理法を学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou044_sub.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/27 04:16
人間関係の中にこそ
ワン爺の独り言(2017.2.26.) 昨日学んだりSRKWの理法「目の前の人」については、今回の「人間関係の中にこそ」を学ぶことによってさらに理解が深まります。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou044.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/26 04:18
「目の前の人」にいかに接するべきか?
ワン爺の独り言(2017.2.25.) 「目の前の人にいかに接するべきか?」という問いは、覚りの境地をめざす修行者にとって一番大切なテーマだと思います。それをSRKWブッダの理法は教えてくれます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou043.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/25 04:13
「正しい」と言うこと
ワン爺の独り言(2017.2.24.) 「『正しい』と言うことは、それ以外のことが正しくないと頑迷に主張するものではない。」この指摘は重要です。世の中では、「正しい」ことを主張して、争いや戦争の原因を作っていることが、それこそ正しくないことであることを知る必要があります。そこでSRKWブッダの理法を学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou042_sub.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/24 04:16
正しい道
ワン爺の独り言(2017.2.23.) 仏教の修行を始めると、自分が進歩しているかどうか心配になることがあります。また自分が正しい道を進んでいるのか不安になることがあります。しかし、「覚りの境地に至る道においては、その道中においてその道が正しい道であるという気づきは何一つ起こらない。」のであると、修行を完成させたSRKWブッダは述べています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou042.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/23 04:15
自らに依拠するとは何か?
ワン爺の独り言(2017.2.22.) 「自らに依拠するとは何か?」という問いについて、少し仏教を勉強した方には「自燈明」という言葉を思い出すと思います。その意味は今回のSRKWブッダの説法でよく解ると思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou041_sub.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/22 04:16
自らにのみ依拠して
ワン爺の独り言(2017.2.21.) 自らにのみ依拠し、自ら(正しく)気をつけて行い、自ら見いだし、自ら知って、自ら決心し、自ら至るのが、仏道に他ならない。とSRKWブッダは言う。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou041.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/21 04:16
「聖なる沈黙」とは
ワン爺の独り言(2017.2.20.) SRKWブッダの過去のツイッターに次の文章がある。「釈尊の時代には今のような経典は無かった。どうしていたのかと言えば、次のようにしていたのである。──修行者に相応しいことがある。理法について語らうことと、聖なる沈黙である。──人はこの二つのことによって覚るからである。」では「聖なる沈黙」とは何か? http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou040.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/20 04:16
覚った時に生じる「三種の明知」
ワン爺の独り言(2017.2.19.) 今回紹介するSRKWブッダの教える「三種の明知」は、例えばテーラワーダ仏教の教える「三明」とは、明らかに違います。この問題はどちらが正しいかと調べるよりは、覚りの境地に至ったとき、どのような智慧が現れるのかと検討するのがよいと思います。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou039.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/19 03:15
「熱望」の続き「満ち足りたところから」
ワン爺の独り言(2017.2.18.) 「熱意」と「熱望」について、もう少し考えてみましょう。この微妙な違いを熟慮することが学びになります。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou025_sub.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/18 04:14
「熱望」について
ワン爺の独り言(2017.2.17.) 「熱意」は借り物に過ぎないが、「熱望」は自分でも意識していない自分の本当の気持ちに属するものである。それゆえに、熱望は「発心」によってのみ呼び覚まされるのである。以上のようにSRKWブッダは述べています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou025.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/17 04:13
「平等」について
ワン爺の独り言(2017.2.16.) <精励>とは、平等、信、徳行においてつとめ励むことを言いますが、この中の「平等」について、SRKWブッダの理法を学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou013.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/16 04:53
<精励>とは、平等、信、徳行においてつとめ励むことを言う
ワン爺の独り言(2017.2.15.) 「精励」という言葉がありますが、その意味について深く考えたことはありませんでした。しかし人生において重要な言葉の意味は深く考えてみる必要があります。そこから次々に真理につながる言葉が現れます。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou024.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/15 04:25
「為すべきことを為し終えた」の続き「死を超える」
ワン爺の独り言(2017.2.14.) 私は人がなぜ死を恐れるのか?という問いに対して、「かれがこの世において為すべきことをまだ為し終えていないからである。」という答えは初めて聞いた答えです。SRKWブッダの説明を読んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou022_sub.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/14 04:14
「為すべきことは為し終えた」とは?
ワン爺の独り言(2017.2.13.) 「為すべきことは為し終えた」という言葉は、多くの経典で使われています。例えば、ダンマパダ386偈では、「静かに思い、塵垢なく、おちついて、為すべきことをなしとげ、煩悩を去り、最高の目的を達した人、――かれをわれはバラモンと呼ぶ。」(中村元氏訳)とあります。この意味をSRKWブッダの理法から学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou022.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/13 04:13
SRKWブッダの説く「修行」の続き(いかなる修行によって...)
ワン爺の独り言(2017.2.12.) 「修行」の説明の「続き」は、『人は、いかなる修行によって覚りに至るのであるか?』という問いに答えると言う形で述べられています。九つの答えがありますので、よく吟味して読んで下さい。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou106_sub.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/12 04:13
SRKWブッダの説く「修行」について
ワン爺の独り言(2017.2.11.) SRKWブッダは次のように説いています。「この世には直接にも間接にも超越的にさえも、人をやすらぎに導く手続き的な修行法などは何一つ存在していない。では、そもそも修行は存在しないのであろうか?『決してそんなことはない』とすでに覚りの境地に至ったもろもろの如来は説くのである。」このような矛盾しているように思える文章の真意は何か学んでみよう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou106.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/11 04:17
「無敵」を標榜する武道
ワン爺の独り言(2017.2.10.) 昨日は、「争うことが無い」について学びましたから、今日はそれに関連してSRKWブッダの「無敵」について学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou021_sub.htm ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/10 04:10
争うことが無い
ワン爺の独り言(2017.2.9.) 覚りの境地の大きな特徴の一つが「争うことが無い」です。これは「争わない」とは異なります。争う必要がないから争わないのです。その理法を学びましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou021.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/09 04:11
安心・安楽・安穏
ワン爺の独り言(2017.2.8.) 安心と安楽と安穏は同じような意味を持つ言葉ですが、仏教の理法から見て、それらの違いを整理してみましょう。そこには「3つのものの見方(状態)」に関するヒントが隠されています。「覚りの境地」から次の解説を引用します。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou018.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/08 04:08
空、無我ということ・[真如]
ワン爺の独り言(2017.2.7.) 空、無我などについて学んできたので、SRKWブッダの「空、無我ということ・[真如]という理法を学んでみましょう。大人と子供のたとえで説明しています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou174.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/07 04:05
「無我」の理解は覚りの境地に至るということに関しては不用 なこと
ワン爺の独り言(2017.2.6.) 無我についても、空と同様に、それについての知識がなければ覚れないというものではないということです。 それについて、SRKWブッダの「無我」についての理法から学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou034.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/06 03:52
「空住」は本当の覚りの境地ではない
ワン爺の独り言(2017.2.5.) 初期仏教でも「空」について述べられていますが、大乗仏教と言えば「空」と言えるほど繰り返し説かれてきました。そのため空に住する境地(空住)をめざす修行者も少なくないと思われます。しかし、SRKWブッダは、空に住する境地(空住)は本当の覚りの境地ではないと述べています。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou033.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/05 04:06
気をつけること(いわゆるサティのことではない)
ワン爺の独り言(2017.2.4.) 「覚るために為すべき、たった一つのことがらとは何であるか? それは「気をつけること」である。ただし、もちろん、これはいわゆるサティのことではない。」 これはSRKWブッダの「気をつけること」に関する過去のtweetの一つです。では「気をつけること」とは何か学んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou032.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/04 04:12
「一切皆苦の真実」
ワン爺の独り言(2017.2.3.) ダンマパダ278番に「一切の形成されたものは苦しみである」と述べられています。これを漢訳すると「一切皆苦」になります。この意味を具体的に知るために、人生を生老病死に分析して、それぞれについて調べてみると、老病死についてはすぐに分ると思いますが、生がなぜ苦であるかよく分からないと思います。そこでSRKWブッダは、「生」の基礎である「感受」に着目して、生が苦であることを説明しているのです。 http://www.geocities.jp/srkw_buddh... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/03 04:10
聖者の4つの階梯(預流,一来,不還,阿羅漢)
ワン爺の独り言(2017.2.2.) 「聖者の四つの階梯」については、ダンマパダやスッタニパータの解説で何度か述べました。預流,一来,不還,阿羅漢です。SRKWブッダの説明を読んでみましょう。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou030.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/02 04:20
無分別智とは、智慧(諸仏の智慧)の別称です。
ワン爺の独り言(2017.2.1.) 「無分別智」とは、仏教を学び始めると、特に禅仏教を学ぶとよく聞かれる言葉です。SRKWブッダはそれをいろいろな面から説明しています。少し難しいですが、じっくり読んでみて下さい。 http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou029.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/01 04:19

<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ) 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる