ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 正しい「心構え」

<<   作成日時 : 2017/03/12 04:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.3.12.)
正しい心構えとは、先ず「心を落ち着けて精進する」ということのようです。覚りの境地をめざす特定の修行法はないのですから、心構えが大切なのです。SRKWブッダの理法を引用します。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou058.htm

(以下引用)
【心構え】
何を為すにせよ、人が心を落ちつけて精進するならば、それはついには「精(エキス)」となってその人に望ましい果報をもたらす。しかしながら、何を為すにせよ、心を落ちつけることなく闇雲に突き進むならば、それは汚濁のごとくその人にまとわりつき、望ましからざる報いを為す。それは、ただ煩いと苦悩とをもたらすものとなる。それゆえに、覚りの境地に至ることを目指す人は、つねに心を落ちつけているべきである。

ところで、世間においても、心構え正しく、よく気をつけている人は、雑多なことがらの中から有益なものだけを選び出して修得するのである。かれは、益のないことがらについてはそれらを正しく排し、顧みることなく、当初の目的を決して見失わない。かれは、弛むことなく自分の道を歩み行きて、実に得るべきものを得、身につけるべきことをまさしく身につけるに至るのである。

それと同じく、覚りの境地に至ることにおいても、心構え正しく、よく気をつけて、徳行に篤く精励し、人と世の真実を知ろうと熱望する人が、世間において種々さまざまに遭遇する出来事の中から理法に適う教えだけを見事に選び出し、修得するに至るのである。かれは、理法に適わない諸の説は(こころに)排し、未だ知らずにいてしかし至るべきその究極の境地を(こころに)見失うことがない。かれは、多くの福徳と功徳とを積み、機縁を生じて、ついに円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと至るのである。それは、かれが望んだ以上の無上なる境地である。

このことわりゆえに、心構え正しきことはつねに称讃される。心構え正しき人は、世においてあびせくる諸説に心を汚されることがない。心構え正しき人は、世間のただ中にあっても心清き人々に囲まれ、覚り以前においてさえ世を楽しみとともに遍歴することになるであろう。かれは、修行を楽しみつつ、ついにまごうことなき覚りの境地へと至るのである。それは、ひとえに、かれの正しい心構えによってもたらされる果報なのである。
(以上引用)

注:「遍歴」については、次のアドレスの文章を参照できるようになっています。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/hennreki.htm

※ワン爺のコメント
覚りの境地をめざす修行者は、正しい遍歴をすることになるのです。その時必要なことは、正しい心構えなのです。上記アドレスの文章は、スッタニパータの第二 小なる章 十三、正しい遍歴(359偈から375偈)であります。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正しい「心構え」 ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる