ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 教判(きょうはん)=教相判釈(きょうそうはんじゃく)

<<   作成日時 : 2017/03/18 04:20   >>

トラックバック 0 / コメント 1

ワン爺の独り言(2017.3.18.)
教判は教相判釈の略で、仏教経典をその時期・形式・内容などによって分類・体系化し、相互の関係や価値を判定して仏の究極の教えがどこにあるかを解釈することです。教判について学んでみましょう。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou064.htm

(以下引用)
【教判】
過去に生きたとある人々、あるいは現在に生きるある人々は、世に存する数多の経典の真偽・関連・優劣を判じて、よりすぐれた経典を見いだし、それによって周到に覚りの境地に至ることを願っている。

例えば、ある人々は法華経を最高であると見なし、別のある人々は般若経を最高であると見なし、さらにまた他の人々は原始仏典こそが真実を語り最高のものであるなどと見なし、それぞれがそれぞれにその優位を主張している。

法華経には確かに正法の記述があり、それによって覚りの境地に至る人がいることは間違いないことである。 法華経によって覚りの境地に至った人は過去に居たし、現在にもあり、未来にも現れるであろう。

しかしながら、ただそれだけであるならば、維摩経や勝鬘経、金剛般若経などに代表される他の多くの大乗経典にも正法の(あるいは正法に準じた)記述が確かにあり、それどころか、スッタニパータ、ダンマパダ、ウダーナヴァルガなどを初めとする数多の原始仏典にもその記述が明快に見られるのである。  そして、それぞれの経典に縁有った人々は、かれ自身縁有る経典によって覚りの境地に至ったのであり、現在にも至り、未来にも至るであろう。

実のところ、それぞれの経典には優劣は無い。それぞれの経典は、等しくただ一つのことを言っているのであるからである。

したがって、聡明な人は、特定の経典へのこだわりを正しく捨て去るべきである。そして、人が特定の経典へのこだわりを捨て去ったとき、その人は経を正しく判じたのである。

こころある人は、経典を転じ、決して経典に転じられてはならない。

[補足説明]
例えば、親達が子供に向けて発するさまざまな躾の言葉について、その真偽・優劣・関連を判じても何ら意味は無いことである。なぜならば、躾の言葉は、子供がその真意を(自ら)理解して立派な大人になるために役立つ対機のことばであるからである。数多の経典の言葉も、そのようなものであると理解しなければならない。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
教判については、天台大師智の五時八経が有名ですが、私自身は原始経典に価値をおいて、大乗経典は無視してきました。しかし、初めからこのような区別することなく、良いものは良いとし、学ぶべきとところは学ぶとした方がよいと思います。自ら調べ、自ら判断することが必要です。覚りの境地に達していないものにとっては難しいことですが、他人の判断をそのまま受け入れる態度は、覚りの境地をめざす修行者の態度ではないと思います。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
書き込み失礼いたします。

そこで説かれたことばが正しいかは、それを口にした相手が誰であるかで決めることはできないと思います。

誰が口にしたことばでも、その説かれたことばが、「何を説こうとしているのか」と、よく聞くこうとすることが、ことばを正しく聞く努めに成って行くと思います。

ことばを説く人そのものが正邪ではなく、ことばそのものが正邪を説いていると思います。
てくてく
2017/03/18 08:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
教判(きょうはん)=教相判釈(きょうそうはんじゃく) ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる