ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分に甘い修行者

<<   作成日時 : 2017/03/09 04:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.3.9.)
SRKWブッダの理法には、番号が振られています。なるべくその番号順にこのブログで引用させて頂いていますが、今回は特に私のために、番号順に従わず、325「自分に甘い修行者」を引用します。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou325.htm


(以下引用)
【自分に甘い修行者】
 自分に甘い修行者とは、一言で言えば「分かった気になる修行者」である。しかしながら、それでは覚りは遠いこととなるだろう。その一方で、立派な修行者は「分かる気になって」修行に勤しむ。そうして、(因縁によって覚り)ついにすべてを理解する。

 ところで、甘いとか甘くないとかの本質は、慢心に陥るとか卑下することとは別のところにある。実際、修行者は多少慢心があるくらいで調度良い。そ うであればこそ、「分かる気になって」修行に勤しみ得るからである。また、修行者があまりにも長く修行しても成果が得られないと──その実感が無いと ──自分自身を卑下してしまうことがあるかも知れない。しかしながら、そのような場合でも、自分自身を捨て去ることがなければ問題とはならない。修行の途 中に劣等意識を生じることがあっても、意気消沈せず、修行を続けるならばきっと覚ることができるであろう。そうして、覚ったならばすべては過去のこととな る。

 たとえば、学生は成績優秀であるに越したことはない。しかしながら、それよりも大事なことは最終的に立派な大人になることである。学生としては優秀で あっても、長じて大人になったとき、子供じみた一面を多く残しているようでは、とても立派な大人(おとな)とは言えないであろう。その一方で、たとえ肉体 労働に勤しんでいても、凛として人生を送れば立派な大人であると言えよう。学生が優秀とは言え、それは既知の学問が分かっただけのことである。社会に出れ ばそれはほとんど役には立たない。その程度のことで自分が何か偉くなったように思うならば、それは始末に悪いこととなるだろう。
 
 修行者は、立派な仏になることを考えるべきである。「分かる気になって」修行に勤しめ。そうして、立派な仏となるべきである。実際、それは不可能なことではない。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
私だけに限らず、長く修行しても成果が得られないと思っている修行者には、今回の理法は励ましになると思います。

〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜

◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分に甘い修行者 ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる