ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 直き心(素直な心)

<<   作成日時 : 2017/04/01 04:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.4.1.)
自分の心が弱いと感じている方は、心を強くしたいと思っていると思いますが、強い心が自分の本来の願いをかなえるものではない。それは「直き心」なのだとSRKWブッダは述べておられます。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou074.htm

(以下引用)
【直き心】
自らの心が弱いと感じている人は、心が強くなることを望み、強い心こそがやすらぎをもたらすのだと信じることであろう。

しかしながら、心を強くすることによってその望みを達成することはとてもできない。たとえ、神の如き強い心を手に入れたとしても、その望みを叶えることはできないのである。なぜならば、やすらぎは、強い心では無く、直き心によってもたらされるものであるからである。

それゆえに、やすらぎを願い欲する人は、心の優劣を競う根本の妄想を捨て去り、心を直くすることをこそ望むべきである。しかしながら、それは決して独りよがりのものであってはならない。それでは、直き心とは言えないからである。ただ、自ら心を矯めて心をととのえ、想いを落ちつけて、よく気をつけて日々を過ごす人が、ついに最も柔和にしてしかも揺るぎなき最強のこころを身につけるに至るのである。

直き心をもつ人には、覚りの方角を指し示す時々の羅針盤さえもいらない。なんとなれば、かれは決して道を逸れることがないからである。そのようにして、こころある人は、世の難路を平らかに歩んで、ついに不滅のやすらぎ(=ニルヴァーナ)に至るのである。


[補足説明]
維摩経では、直き心について次のように述べています。

●──直き心はすなわち菩薩の浄土である。菩薩が仏になったときに、へつらわない衆生がやって来てその国に生まれるであろう。(中略)このように菩薩はその直き心をおこしたのに随って、その行いをおこし、その行いをおこしたのに随って深い願いをおこし、その深い願いをおこしたのに随って意(こころ)をととのえ、意(こころ)をととのえたのに随って説かれたとおりに行い、説かれたとおりに行ずるのに随って功徳を廻向し、その廻向するのに随って方便あり、その方便がおこるのに随って衆生を完成し、衆生を完成するのに随って、その仏国土が浄らかになる。その仏国土が浄らかになるのに随って、説法が浄らかになる。その説法が浄らかになるのに随って、その智慧が浄らかになる。その智慧が浄らかになるのに随ってその心が浄らかになる。その心が浄らかになるのに随って一切の功徳が浄らかになる。この故にもしも菩薩が浄土を得ようと欲したならば、その心を浄くすべきである。その心が浄くなるのに随って、その仏国土が浄らかになる。──
(以上引用)


※ワン爺のコメント
「直き心」という言葉は、補足説明にありますように、「維摩経」の文脈で使われているのです。菩薩の心が直き心ということです。そして「へつらわない衆生」とは、素直な心を持つ衆生という意味です。ですから、「菩薩が仏になったときに、へつらわない衆生がやって来てその国に生まれるであろう。」の意味は、「直き心を持つ菩薩が解脱してブッダになられたら、そこには素直な心を持つ衆生が集まって来るだろう。」という意味になると思います。

今回の理法から思い出されるダンマパダの偈があります。ダンマパダ80番。
「水道を作る人は水をみちびき、矢をつくる人は矢を矯(た)め、大工は木材を矯め、賢者は自己を調える」
(中村元訳)

〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
直き心(素直な心) ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる