ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 真理はつねに穏やかに語られる

<<   作成日時 : 2017/04/16 04:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワン爺の独り言(2017.4.16.)
「耳にさわるような荒々しく汚い言葉を口にするよりは、耳に心地よい、穏やかな、清らかな言葉を口にする方がすぐれている。」とSRKWブッダは述べています。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou086.htm

(以下引用)
【真理はつねに穏やかに語られる】
この世のことがらは、耳に心地よい、穏やかな、清らかな言葉で語ることが出来るものである。そして、真理も耳に心地よい、穏やかな、清らかな言葉で語ることが出来るものである。したがって、人が同じ内容のことを語ろうとするのであるならば、耳にさわるような荒々しく汚い言葉を口にするよりは、耳に心地よい、穏やかな、清らかな言葉を口にする方がすぐれている。

もし人が、たとい他の人の言葉を引用する形であれ耳にさわるような荒々しく汚い言葉を口にするならば、それを口にしたかれ自身がそのような人であると知られることになるであろう。それは、道を汚す愚かな行為と言わざるを得ないものである。

聡明な人は、耳に心地よい、穏やかな、清らかな言葉を口にする人であれ。人を安らぎに導くその言葉(=善知識)は、穏やかに語る人の眼前にまるで呼応するかのように出現するのであるからである。
(以上引用)


※ワン爺のコメント
この理法と同様なことをダンマパダの次の偈で語られています。
133.荒々しい言葉を言うな。言われた人々は汝に言い返すであろう。
    怒りを含んだ言葉は苦痛である。報復が汝の身に至るであろう。
134.こわれた鐘のように声を荒らげないならば、汝は安らぎに達している。
    汝はもはや怒り罵ることがないからである。
http://76263383.at.webry.info/201002/article_10.html

しかし、大切なことは「人を安らぎに導くその言葉(=善知識)は、穏やかに語る人の眼前にまるで呼応するかのように出現するのであるからである。」というところにあると思います。


〜〜〜〜〜〜お知らせ〜〜〜〜〜〜
◎このブログ記事が参考になったと思われた方は右上の仏教バナーを一日一回クリックして下さい。そうすると、仏教ブログのランキングが上昇します。ランキングが上昇すると閲覧者が増えると思われるからです。御支援をお願い致します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真理はつねに穏やかに語られる ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる