ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 根底の束縛を離れて

<<   作成日時 : 2017/08/04 10:49   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ワン爺の独り言(2017年8月4日)
「理法を理解しても、それを喜びとしてはならない。」とSRKWブッダは教えます。多くの人々は喜びに束縛されてしまうからです。http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou181.htm



(以下引用)


【根底の束縛を離れて】



円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと至ることを願う人は、まごうことなき理法(の言葉)を聞き、理解を生じたとしても、それを喜びとしてはならない。なんとなれば、聞き知った理法の言葉がまごうことなき理法の言葉であるとこころに知り(つまり心の深奥に知り)、しかも表面的・意識的には歓喜を生じない人が、理法の言葉を真に理解した人であると認められるからである。つまり、理法の言葉を聞いてそれを喜びとする人は実は理法を何一つ理解していないのである。



たとえば、知恵の輪を解く過程そのものを喜びとする人は、実は知恵の輪に正しく取り組んではいないと知られるようなものである。 かれはその知恵の輪を分離することが出来たとしても、知恵の輪を解いたという感動を完全には生じないかも知れない。知恵の輪を解く過程においては、落ち着いた心と注意深さが必要なのであって、喜びや苦しみなどの情感はいわば邪魔なものに他ならない。この一なる道の歩みも同様である。そこには歓喜ではなく平静な心構えとよく気をつけていることが必要なのである。



世人は歓喜に束縛されて、世の諸の軛を離れることができない。 世人は、何か特定のことを心に留めることによって、そうとは知らずに自分自身に多くの枷をはめる愚を犯してしまう。



それゆえに、こころある人は理法に親しむべきであるが、しかし理法の言葉そのものに縛られてはならない。世間において何を見聞きしても、そのそれぞれのことがらを心に留めてはならない。心に生じた歓喜や悲哀はさらりと流して道の糧とし、つねに新鮮な気持ちで世のことがらに対峙せよ。明知によって道を見い出し、精励によって自らの歩みを浄めて、この円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと到達せよ。


(以上引用)



*ワン爺のコメント
この理法を読んで、私は「筏の譬え」を思い出しました。
ご存知ではない方のために引用します。


(以下引用)

釈尊は次のように語った。
 修行者たちよ、絶対的安楽を得るために、こだわりの心から開放されるために、”筏の譬え”(いかだのたとえ)を説こう。

 修行者たちよ。例えば、道行く旅人が、大河に出あったとする。
 こちらの岸は危険であり、向こうの岸は安全である。しかし船も橋もない。

そこで旅人は考えた。「大きな河だ。しかし、こちらの岸は危険で向こうの岸は安全だから渡るしかない。でも、船も橋もない。とするなら、葦や木や枝を集めて筏を作り、手足で漕いで渡るしかない」

そこで、彼の人は、葦や木や枝を集めて筏を作り、手足で漕いで渡った。
次に、この人は考えた。「この筏は、大変役に立った。この筏のお陰で、大河を渡ることが出来た。さあ、次に私はこの筏を担いで道を歩いて行こう」

 さあ、この人は、適切な行動をとっているか? 否か?

 弟子たちは「否」と言った。釈尊は続けた。
では、どうするのが適当か考えてみよう。

「この筏は,大変役に立った。この筏のお陰で大河を渡ることが出来た。さあ、私はこの筏を河中か岸辺に置いて、道を歩いていこう」

このように行う人こそ、適切な行いをした人である。
修行者たちよ、絶対的な安楽を得るために、こだわりの心から開放されるために、私は以上のように、”筏の譬え”を説いた。どうか修行者たちよ、この譬えの意味をよく理解せよ。教えをすら捨て去るべき時がある。なおさら、誤った教えは捨て去らねばならない。

(以上引用)

実は「筏の譬え」が、今回の理法とぴったりという訳ではありませんが、言わんとすることに多くの部分が重なるとは思います。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このお話は龍樹の「中論」に繋がるものかと思いました。理屈を通して心の平安を追い求めることは無意味とは思いません。禅定や信仰を通して平安を追い求めるのも重要でしょう。しかし、「追い求めること」それ自体に固執するのは手段と目的のとり違えでありましょう。
私はそれを「悟りコンプレックス」と呼んでいます。どっぷりと宗教にはまった方に案外多いように思います。
白ギツネ
2017/08/05 03:38
白ギツネさん、おはようございます。
コメントありがとうございます・
ワンギーサ西津(管理人)
2017/08/05 03:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
根底の束縛を離れて ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる