ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 心とすがたと覚りの因縁

<<   作成日時 : 2017/08/06 10:39   >>

トラックバック 0 / コメント 1

ワン爺の独り言(2017年8月6日)
心、(自分の真実の)すがた、覚りの因縁、どれ一つをとっても大きなテーマです。SRKWブッダは今回の理法の中でコンパクトにまとめてあります。もちろん、そこから省察を進めることが必要です。
http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou184.htm



(以下引用)


【心とすがたと覚りの因縁】

何をどのように考察しても、人は自分が何者であるかを真実に知ることはできない。しかしながら、人が自らの行為について正しい省察を為すならば、かれ(彼女)はそのとき自分が何者であったかについてその真実を知ることになる。そして、ついに知った自分の真実のすがたを自分自身が如実に見て、その自分自身が自分自身を超え、ついに心(=名称と形態(nama-rupa))が解脱するのである。



心は最初から最後までとらえどころの無いものであり、それゆえに<心>と名づけられる。しかしながら、その他ならぬ心が、心によって解脱して、人は覚りの境地へと至るのである。これこそが、世の中で最も不可思議なことである。そして、それはそれぞれの人の(覚りの)因縁によって起こることである。



この(覚りの)因縁は、いかなる恣意的な行為の結果としても体現されず、いかなる想起の想いをはせることによっても世に現証せず、いかなる熱意によっても喚起され得ないものである。この(覚りの)因縁は、やすらぎを求める熱望によってのみ喚起され、心構え正しき人の真実を知ろうとする想いによってのみ世に現証され、能く為し遂げられた徳行の果報として人の身に体現されるものである。



こころある、聡明な人は、世間の感覚的感受にもとづいて起こる虚妄なる想いを捨て去り、思惑を離れ、心によって心を超えて「無住なるそのこころ(=真如)」を生じ、ついにこの円かなやすらぎ(=ニルヴァーナ)へと至れかし。それを為し遂げたとき、心や想いやすがたの真実について完全に理解することになるからである。

(以上引用)


*ワン爺のコメント
今回の理法の中の言葉、「すがた」「(覚りの)因縁」「無住」「真如」にはそれに関連する理法があります。それぞれの理法のアドレスを次に示しますので、是非お読みになり検討してください。
尚、老婆心で申し上げますが、どの一つをとってもなかなか難しいので、全部を読めとは申しませんが、どれか一つでも熟読すれば得る所は多いものと思います。

「すがた」:http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou117_sub.htm

「(覚りの)因縁」:http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou002.htm


「無住」:http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rokuso_enou.htm

「真如」:http://www.geocities.jp/srkw_buddha/rihou174.htm#sinnnyo






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「すがた」は「無相」に関することであり、「無住、真如」は空性に関したことです。
Satya
2017/08/06 11:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
心とすがたと覚りの因縁 ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる