アクセスカウンタ

法津(のりつ)如来 の独り言

プロフィール

ブログ名
法津(のりつ)如来 の独り言
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

2019年1月15日、解脱知見を得たことにより、1月17日から、法津(のりつ)如来と名乗ることにしました。ブログ名は、「法津(のりつ)如来の独り言」に変更しました。(2019.1.21.)


ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第23章 自己 4偈、5偈
4、5 自己にうち克つことは、他の人々に勝つことよりもすぐれている。つねに行ないをつつしみ、自己をととのえている人、___このように明らかな知慧ある修行者の克ち得た勝利を敗北に転ずることは、神々も、なし得ない。ガンダルヴァ(天の音楽神)たちも、悪魔も、梵天もなし得ない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/18 05:59
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第23章 自己 3偈
3 戦場において百万人に勝つとも、唯だ一つの自己に克つ者こそ、実に不敗の勝利者である。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/17 05:55
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第23章 自己 2偈
2 ひとり坐し、ひとり臥し、ひとり歩み、なおざりになることなく、自分ひとりを楽しめ。つねにひとりで林の中の中に住め。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/16 05:50
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第23章 自己 1偈
1 よく説かれたことを実行せよ。___修行者に仕え尊敬すること、人々からかくれて独りで坐し、心を静めることを___。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/15 05:48
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 19偈
19 聖者の説きたもうた真理を喜んでいる人々は、そのとき、かれらの説くことをことばでも実行する。かれは忍耐と柔和と瞑想とのうちに安定し、学問と知能との真髄にも達したのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/14 05:55
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 18偈
18 みごとに説かれたことばは、それを聞いて理解すれば精となる。聞いたこと、識(し)ったことは、心にじっととどめておくと精となる。しかし人が性急であって怠けているならば、かれの知識も学問も大きな目的を達成することはできない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/13 05:56
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 17偈
17 耳で多くのことを聞き、眼で多くのことを見る。思慮ある人は、見たこと、聞いたことをすべて信じてはならない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/12 05:22
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 16偈
16 内をも明らかに知り、外をもはっきり見て、よりどころにとらわれないで明らかに知る人は、実に、音声に誘われることがない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/11 06:00
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 15偈
15 内を知らないが外を見ないで、(内と外と)両者について結果を見ない人は、実に音声に誘われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/10 05:54
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 14偈
14 内を明らかに見ているが、外を見ないで、内のほうの結果ばかりを見ている人は、実に音声に誘われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/09 06:11
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 13偈
13 内を知らないが、外をはっきりと見て、外のほうの結果ばかりを見ている人は、実に音声に誘われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/08 05:49
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 12偈
12 色(いろ)かたちによって、わたしを測り、また音声によって、わたしを尋ねもとめた人々は、貪欲や情欲に支配されているのであって、(実は)わたくしのことを知らない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/07 05:53
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 11偈
11 博学であって、徳行をたもち、明らかな知慧があり、つねに心が安定し統一している人は、ジャンブー河から得られる黄金でつくった金貨のようなものである。その人を誰が非難し得るだろうか?  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/06 05:43
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 7偈〜10偈
7 在る人が、たとい博学であっても、徳行に専念していないならば、世の人々はかれを徳行の点で非難する。その人は学問は完全に身に具わっているのではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/05 05:39
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 6偈
6 教えを聞いて、諸のことがらを識別する。教えを聞いて、悪を行なわない。教えを聞いて、ためにならなぬことを避ける。教えを聞いて、束縛の覆いの解きほごされたところ(=不死の所)に至る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/04 05:45
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 4偈、5偈
4 この世では人間もまた、つねにそのようなものである。知識はもっているかもしれないが、教えを聞くことが無ければ善悪のことがらを識別することができない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/06/03 05:50
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 2偈、3偈
2 この世でことわりをはっきりと知らない愚かな者どもは、自分たちが不死であるかのごとくに振る舞う。しかし正しい真理をはっきりと知っている人々にとっては、(この世の生存は)病める者にとっての夜のごとくである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/02 05:44
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第22章 学問 1偈
1 聞いて学ぶことは善い。正しく行うことも善い。また住むべき家のないことも善い。正しいことわりにしたがって出家して遍歴ことも善い。___以上のことは修行者の境地にふさわしいことである。      (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/06/01 05:34
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第21章 如来 18偈
18 山の頂(いただき)にある岩の上に立っている人があまねく四方に人々を見下すように、あらゆる方向に眼をもっているこの賢明なる人は、真理の高閣(たかどの)に登って、(自分は)憂いはなくして、生れと老いとに打ち克たれ、憂いに悩まされた人々を見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/31 05:40
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第21章 如来 17偈
17 その聖者は完全な自在を得、一切のものにまさり、すべての恐怖から解脱し、愛執を捨て、汚れ無く、生きとし生ける者どもを観じて、世のためを念(おも)うている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/30 05:34

続きを見る

トップへ

月別リンク

法津(のりつ)如来 の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる