アクセスカウンタ

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

プロフィール

ブログ名
ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第10章 信仰 3偈
3 信(まこと)は人の最高の財である。徳を良く実行したならば、幸せを受ける。真実は、実に諸の飲料のうちでも最も甘味なものである。明らかな知慧によって生きる人は、生きている人々のうちで最もすぐれた人であると言われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/15 06:07
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第10章 信仰 2偈
2 物惜しみする人々は、天の神々の世界におもむかない。その愚かな人々は、分かちあうことをたたえない。しかしこの信(まこと)ある人は、分ちあうことを喜んでいるので、このようにして来世には幸せになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/14 06:05
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第10章 信仰 1偈
1 信じる心あり、恥を知り、戒しめをたもち、また財をわかち与える___これらの徳行は、尊い人々のほめたたえることがらである。「この道は崇高なものである」とかれらは説く。これによって、この人は天の神々の世界におもむく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/13 06:12
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 19偈
19 鉄から起った錆が、それから起ったのに、鉄自身を食いつくすように、悪をなしたならば、自分の業が、静かに気をつけて行動しない人を悪いところ(地獄)にみちびく。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/12 05:53
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 18偈
18 悪い事をしても、その業(カルマ)は、刀剣のように直ぐに斬ることは無い。しかし、来世におもむいてから、悪い行ないをした人々の行きつく先を知るのである。のちに、その報いを受ける時に、激しい苦しみが起る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/11 05:48
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 17偈
17 悪い事をしても、その業( カルマ)は、しぼり立ての牛乳のように、すぐ固まることはない。(徐々に固まって熟するのである。)その業は、灰に覆われた火のように、(徐々に)燃えて悩ましながら、愚者につきまとう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/10 05:59
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 16偈
16 自分の幸せだけをもとめる人々は、笑いながら悪いことをする。しかし、かれらはのちに苦しんで、泣きながらその報いを受ける。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/09 06:02
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 14偈、15偈
14 もしも或る行為をしたのちに、それを後悔して、顔に涙を流して泣きながら、その報いを受けるならば、その行為をしたことは善くない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/08 05:48
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 13偈
13 聡明でない愚人どもは、自分に対して仇敵(かたき)に対するようにふるまう。悪い行ないをして、苦い果実(このみ)をむすぶ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/07 05:53
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 12偈
12 もしも愚かな者が、悪い行ないをしておきながら、気がつかないならば、浅はかな愚者は自分自身のした行ないによって悩まされる。___火に焼きこがされてやけどした人が苦しむように。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/06 05:51
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 10偈、11偈
10 愚かな者は(悪い事を)しながら「この報いはわれに来ないだろう」と考える。しかし、来世におもむいて、悪い行ないをした人々の行きつくところを知る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/05 05:29
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 9偈
9 或る物が人に役立つあいだは、その人は(他人から)掠奪する。次いで他の人々がかれから掠め取る。(他人から)掠め取った人が、掠奪されるのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/04 05:16
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 8偈
8 人がもしも善または悪の行ないをなすならば、かれは自分のした一つ一つの業の相続者となる。実に業は滅びないからである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/03 05:57
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 7偈
7 詐欺や慢心をともない、正しくない行ないにより、あるいは他人から企(たくら)まれて、人々を傷けるならば、その人々は深い坑(あな)の中に堕(お)ちる。人々は実に(各自の)業に縛せられている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/02 05:40
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 6偈
6 この世で他人のした悪い行ないを見ては、ひとは非難するであろうが、その悪い行ないを自からしてはならない。悪人は実に(自分の)業に束縛されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/01 05:08
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 5偈
5 大空の中にいても、大海の中にいても、山の中の奥深いところに入っても、およそ世界のどこでも悪業の制圧しない場所は存在しない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/31 05:56
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 4偈
4 もしも汝が悪い行ないをなすならば、あるいはいつかなすであろうならば、汝は苦しみから離脱することはない。___たとい汝が(空中に)浮び上がって逃げ去ろうとしても。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/30 05:52
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 3偈
3 もしも汝が苦しみを恐れるならば、もしも汝が苦しみを嫌うならば、あらわにも、あるいは秘密にもでも、悪い行ないをなすな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/29 05:34
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 2偈
2 戒律をまもらず、みずから慎むことなくして人々の施しを受けるよりは、火炎のように熱した鉄丸を食(くら)う方がましだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/28 05:50
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第9章 行ない 1偈
1 唯一なることわりを逸脱し、偽りを語り、彼岸の世界を拒んでいる人は、どんな悪でもなさないものは無い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2018/10/27 06:24

続きを見る

トップへ

月別リンク

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる