アクセスカウンタ

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)

プロフィール

ブログ名
ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第21偈、第22偈
21 多くを説くからとて、それゆえにかれが道を実践しているのではない。この世でたとい教えを聞くことが少なくても、身をもって真理を体得する人、怠って道からはずれることの無い人__かれこそ道を実践している人なのである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/18 06:18
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第19偈、第20偈
19 なすべきことを、なおざりにし、なすべからざることをなす、高ぶって放逸(わがまま)なる者どもには、汚れが増す。かれらは汚れの消滅からは遠く隔っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/08/17 05:27
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第17偈、第18偈
17 譬えば車夫が平坦な大道を捨てて、凹凸ある道をやって来て、車軸を毀してはげしく悲しむように、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/16 05:39
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第16偈
16 自分の益になるものであると知り得ることを、あらかじめ為すべきである。(無謀な)車夫のような思いによらないで、賢者はゆっくりと邁進すべきである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/08/15 05:07
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第14偈、第15偈
14 放逸(よこしま)で他人の妻になれ近づく者は、四つの事がらに遭遇する。__すなわち、禍をまねき、臥して楽しからず、第三に非難を受け、第四に地獄に堕ちる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/14 14:15
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第14偈
14 放逸(よこしま)で他人の妻になれ近づく者は、四つの事がらに遭遇する。__すなわち、禍をまねき、臥して楽しからず、第三に非難を受け、第四に地獄に堕ちる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/14 05:34
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第13偈
13 いまや怠りなまける時であってはならない。煩悩の汚れを滅ぼし尽くさないならば、その放逸なる人を、悪魔がつきそって行く。鹿の母が獅子につきそって行くようなものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/13 05:45
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第12偈
12 放逸(なおざり)に耽るな。愛欲と歓楽に親しむな。おこたることなく思念をこらす者は、不動の楽しみを得る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/12 05:44
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第11偈
11 叡智の無い愚かな人々は放逸の状態をつづけている。つとめはげむ人は、つねに瞑想し、汚れの消滅を達成する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/11 05:31
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第10偈
10 智慧乏しき愚かな人々は放逸(わがまま)にふける。しかし心ある人は、つとめはげむのをまもる。__隊商の統領が財宝(たから)を(大切に)まもるように。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/10 05:34
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第9偈
9 世俗的であっても、すぐれた正しい見解をもっているならば、その人は千の生涯を経ても、地獄に堕(お)ちることがない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/09 05:57
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第8偈
8 下劣なしかたになじむな。怠けて人々とともにふわふわとくらすな。邪(よこしま)な見解をいだくな。世俗のわずらいをふやすな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/08 05:52
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第7偈
7 心のなかで怠ってはならぬ。絶えず沈黙の教えを実行せよ。休らいに帰し、つねに専念している修行完成者には、憂いは存在しない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/08/07 05:45
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第6偈
6 ふるい立ち、思いつつましくこころは清く、気をつけて行動し、みずから制し、法(のり)にしたがって生き、つとめはげむ人は、名声が高まる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/08/06 06:14
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第5偈
5 聡明なる人は、奮い立ち、努めはげみ、自制、克己によって、(よるべとしての)島をつくる。激流もそれをおし流すことができない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/08/05 05:41
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第4偈
4 賢明なる人がつとめはげみによって放逸(わがまま)をたち切るときは、知慧の高閣(たかどの)に登り、憂いを去って、憂いある人びとを見下ろす。山の上にいる人が地上の人々を見下ろすように。 (ダンマパダ28 賢者が精励修行によって怠惰をしりぞけるときは、知慧の高閣(たかどの)に登り、憂いを無くして(他の)憂いある愚人どもを見下ろす。__山上にいる人が地上の人々を見下ろすように。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/04 05:53
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第3偈
3 たえず(道に)思いをこらし、つねに健(たけ)く奮闘する、思慮ある人々はニルヴァーナに達する。これは無上の幸せである。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/08/03 05:10
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第2偈
2 つとめはげむことについてこの区別のあることを知って、賢い人、聖者は、自分の境地であるつとめはげむことをいつも喜ぶがよい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/02 04:44
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第4章 はげみ 第1偈
1 つとめ励むのは不死の境地である。怠りなまけるのは死の足跡である。つとめ励む人々は死ぬことが無い。怠りなまける人々は、つねに死んでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/01 06:00
ブッダの感興のことば(ウダーナヴァルガ)第3章 愛執 第18偈
18 愛執は苦しみの起こる根源であるとこの危ない患らいを知って、愛欲を離れ、執著して取ることなく、修行僧は気をつけながら遍歴すべきである。                                                                                                                     以上第3章 愛 執 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/31 05:30

続きを見る

トップへ

月別リンク

ワン爺の独り言(旧困った時はダンマパダ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる