アクセスカウンタ

法津(のりつ)如来 の独り言

プロフィール

ブログ名
法津(のりつ)如来 の独り言
ブログ紹介
私は還暦を迎えた2004年5月にテーラワーダ仏教の比丘として出家しました。2008年6月に、ブッダの智慧の詩集というべき「ダンマパダ」を日本人にもっと知ってもらいたいと思い、「困った時はダンマパダ」というこのブログを開設しました。このブログの始まり日付は2008年6月21日、アドレスは次の通りです。
http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html
その解説を三度ほど繰り返して、2013年4月からスッタニパータという基本経典にも取り組むために、「困った時はダンマパダ、スッタニパータで悟りを開く」というタイトルに変更して、スッタニパータの解説を行ってまいりました。その解説を一通り終えた段階で、私に心境の変化が訪れました。
その事情に関しては、2016年12月23日の次のアドレスのブログ記事に書きましたので、是非読んで頂きたいと思います。
http://76263383.at.webry.info/201612/article_23.html
 付きましては、過去のブログ記事はダンマパダ及びスッタニパータに関するものであり、その記事は今後も残して置きたいと思いますが、最近の記事はSRKWブッダというブッダの理法の紹介が中心になっていますから、ブログ名を変更しました。

2019年1月15日、解脱知見を得たことにより、1月17日から、法津(のりつ)如来と名乗ることにしました。ブログ名は、「法津(のりつ)如来の独り言」に変更しました。(2019.1.21.)


ご質問ご相談のある方は、次のメールアドレスにメール下さい。
vangiisagm@gmail.com
できるかぎりご返事いたします。(2017.1.31)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 19偈
19 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜もその心は(世俗からの)出離を楽しんでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/17 05:52
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 18偈
18 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、その心は怒り害しないことを楽しんでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/16 05:45
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 17偈
17 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜もその心は不傷害を楽しんでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/15 05:20
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 16B偈
16B ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜も神々を念じている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/14 05:30
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 16A偈
16A ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜も捨て去ることを念じている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/13 05:36
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 16偈
16 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜も戒しめを念じている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/12 06:07
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 15A偈
15A ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜も心の統一安定を念じている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/11 06:02
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 15偈
15 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、昼も夜もつねに身体(の真相)を念じている。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/10 05:47
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 14偈
14 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、かれらは昼も夜もつねに衆(サンガ、修行者のつどい)を念じている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/09 05:14
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 13偈
13 ガウタマの弟子たちは、よく覚醒していて、かれらは昼も夜もつねに法を念じている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/08 05:43
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 12偈
12 ガウタマ(=ゴータマ)の弟子たちは、よく覚醒していて、かれらは昼も夜もつねに仏を念じている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/07 06:02
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 11偈
11 衆(サンガ)に帰依した人々は得るところがある。___かれらは昼も夜もつねに衆を念じているので。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/06 05:24
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 10偈
10 法に帰依した人々は得るところがある。___かれらは昼も夜もつねに法を念じているので。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/05 05:23
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 9偈
9 ブッダに帰依した人々は得るところがある。___かれらは昼も夜もつねに仏を念じているので。 (中村元訳「ブッダの真理のことば・感興のことば」岩波文庫より引用しました。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/04 05:20
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 8偈
8 ひとがつねに目ざめていて、昼も夜もつとめ学び、不死を得ようとしているならば、その人のもろもろの汚れは消え失せる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/03 05:34
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 7偈
7 目ざめている者どもは、わがことばを聞け。眠っている者どもは、めざめよ。眠っている者どもよりは目ざめている者がすぐれている。目ざめている者には恐れが無いからである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/02 05:07
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 6偈
6 それゆえに、つねに目ざめておれ。念(おも)いを落ち着けて、怠ることなく、勇を鼓して、生まれと老いという束縛の絆(きずな)を捨てて、この世にありながら苦しみを終滅させる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/02/01 05:12
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 5偈
5 目ざめていて、念(おも)いを落ちつけ、正気(しょうき)でいて、心を統一安定させ、喜んで、心もちが明らかに澄んでいる者は、適当な時々に正しい教えを熟考して、生まれと老い、ならびに憂いをのり超えよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/01/31 05:41
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 4偈
4 もしも或る人にとって身体について真相を念(おも)うことがつねに完全に確立したならば、その(「アートマン」という迷い)は存在しないであろう。「わがもの」という迷いも存在しないであろう。その(「アートマン」という迷い)はあらわれないであろう。「わがもの」という迷いも起らないであろう。この人は種々の念(おも)いに順次に住するから、やがて適当な時が来れば、執著(の流れ)を超えるであろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/01/30 05:17
感興のことば(ウダーナヴァルガ) 第15章 念(おも)いをおちつけて 3偈
3 身体についてつねに真相を念(おも)い、つねに諸の感官を慎しみ、心を安定させている者は、それによって自己の安らぎを知るであろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2019/01/29 05:48

続きを見る

トップへ

月別リンク

法津(のりつ)如来 の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる