修行をすれば智慧が生じる 智慧を増やして阿羅漢に

ダンマパダ 282

修行から智慧が生じ
修行がなければ智慧は滅する
生じることと滅すること
この二つの道を知って
智慧を増やすように
自分を確立させること

○この詩から学ぶこと

 ダンマパダは不思議なお経の詩集です。一つ一つの詩は独立しているのですが、つながりも感じられます。そして一つ一つ勉強していくに従って、智慧が増えていく気がします。智慧は知識と違って増えるようなものではないので、智慧に接するあるいは智慧の経験を積むと言うことでしょう。
智慧の経験を積むと確信も生まれます。

 今回の詩の初めの言葉「修行」はパーリ語では「ヨーガ」です。ヨーガは辞書には「軛、束縛、 繋縛、結合、関係、ヨーガ、冥想、観行、修行、努力」という意味が記載されていました。ですから、修行でなくても、冥想や努力でもよかったのですが、智慧が生じるためには努力は必要ですが、冥想だけではないので、一応「修行」という訳にしました。

 八正道のどの課題の実践も修行です。その気ならなけれは私たちは実行しないものなのです。修行は自分自身に対する挑戦なのです。その時私たちは自分の能力を向上させ、智慧が生まれるのです。智慧が生まれる時、喜びが生まれます。

 ところが、修行をしない。できることだけを繰り返すだけで、新しいことに挑戦しないとどうなるでしょう。答えは言わなくとも分かりますが、能力は退化します。頭はどんどん悪くなります。人間として生まれたからには、新しいものへの挑戦すなわち修行が必要なのです。

 次に釈尊は智慧の中身について種明かしをしているのです。智慧の中身とはなんでしょうか?
実は、「生じることと滅すること」です。なんだそんなことかと思う人も多いと思いますが、これは無常の中身です。無常とは生じては滅するということですから。無常が解かれば悟りなのですよ。修行を通じて「生じることと滅すること」をありのままに体験してください。その体験の積み重ねは喜びと確信を生み、「自分を確立する」ことになるのです。


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~ 

この記事へのコメント

身の丈修行者
2015年02月04日 12:48
ワンギーサ長老の「智慧の中身とは・・生じることと滅すること」とても分かりやすいです。

私事ですが当初冥想なんて興味ない・やりたくない・・からのスタートでした。

その後必要性を感じ10分等レベルで開始しました。初心者指導も受けてない頃は単に座っているだけ状態に近かったと思います。

今内容はともかく・60分座れるようになり、何が違うのかなと自分なりに考えてみました。色々な事にとらわれてあーじゃコーじゃ時間を無駄にしていたのが減ったかな、と思います。

「生じることと滅すること」そんな気づきも智慧として得られるように精進したいです。

この記事へのトラックバック