法施法味法楽最高 渇愛の滅尽こそはすべてに勝る

ダンマパダ 354

すべての布施に法施は勝つ
すべての味に法味は勝つ
すべての楽に法楽は勝つ
渇愛の滅尽はすべての苦に勝つ


○この詩から学ぶこと

 今回の詩はパーリ語からの直訳です。語順も同じです。内容は単純ではありませんが、文章が単純だからこのようにできたのです。法施と法味と法楽の意味が分かれば、この詩の意味は分かります。広辞苑によれば、「法施とは、三施の一。他人に仏法を説き聞かせること。」「法味とは、微妙で奥深い仏法を、食物の美味にたとえた語。」「法楽とは、仏法を敬愛し、善を行ない、徳を積んで自ら楽しむこと。」です。

 ですから、この詩の意味は、「どんな布施よりも法施が優れている。どんな味よりも仏法の味が優れている。どんな楽しみより、仏法の楽しみが優れている。渇愛をなくすことですべての苦をなくすことができる。」ということです。

 では、この詩ができた物語と、なぜこの詩のように言えるのか理由を説明しましょう。

 昔、三十三天界の神々が談話をしているとき、四つの疑問が生まれました。それは 1.どような布施が最高であるのか? 2.どのような味が最高であるのか? 3.どのような楽しみが最高であるのか? 4.なぜ渇愛の滅尽が最高であるのか?ということです。神々は答えを見出せませんでしたから、四天王、三十三天界の王であるインドラ天にも訊きに行きましたが、答えを得ることが出来ませんでした。最後に、神々は釈尊のところに伺いに行きました。釈尊は上の詩で答え、次のように、その理由を説明されました。

 1.どような布施が最高であるのか? 法施が最高である。なぜならば、信者さんは布施の功徳を知って、わたしたち(僧侶)にいろいろな品物をお布施をするからです。(お布施をして、説法を聞きにくるからです。説法の功徳の大きさを知っているのです、)

 2.どのような味が最高であるのか? 法味が最高である。なぜならば、人々が自分の好みに執着する味は、なければ苦しみを生み、あれば飽きたり嫌いになったりして、自分の苦しみの原因になるのです。それに対し法味は知れば知るほど、苦しみの原因を消していき、味は良くなり、最後には涅槃の味まで味わえるのです。

 3.どのような楽しみが最高であるのか? 法楽が最高である。なぜならば、家族を得る楽しみは家族を得ることにより苦しみを増やし、財産を得る楽しみは財産を得ることによって苦しみを増やし、名誉を得る楽しみは名誉を得ることによって苦しみを増やすのです。名誉を得るとなぜ苦しみがますのでしょうか。その名誉を維持しようとして苦労や苦しみが増しますし、またもっと大きな名誉が欲しくなるのです。そうするとそれを得ていない苦しみがますのです。ほかの事柄でも同じことが言えるのです。それに対して、法楽すなわち仏法を聞き、実践する楽しみは苦しみの原因を一つずつ取り除き、最終的には輪廻からの解脱することができるのです。

 4.なぜ渇愛の滅尽が最高であるのか? すべての真理の中で、最高に優れており、最高に役に立つ、聖なる真理である四聖諦の中心課題は、渇愛の滅尽なのです。渇愛の滅尽こそは、すべての苦に勝ち、どの世界にも生まれ変わらない解脱ができるのです。それ故に、渇愛の滅尽こそは最高なのです。

○法施法味法楽最高 渇愛の滅尽こそはすべてに勝る


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~  

この記事へのコメント

2008年10月26日 08:33
ワンギーサさん、おはようございます。最初、法布施が唐突な印象でしたが、お布施も解脱へ近づく善行為であり、他を含めて、渇愛の滅尽に至る方法論を述べているのでしょうか。有難うございました。
ホーシノヒトリゴト
2008年10月26日 09:28
ワンギーサさん 今朝もありがとうございます。ブッダの教え、仏法の偉大さがどういうものなのか教えていただきました。渇愛を滅尽できるように法味を噛みしめ、煩悩に勝利して人生を楽しむように努めます。ありがとうございました。
ワンギーサ
2008年10月26日 09:33
新様。おはようございます。法施は在家の方はあまり考えないですよね。私は比丘だから、当たり前に考えていました。その辺の配慮がたりませんでしたね。私は毎日法施をしているのだと思っています。だから、いい加減ではいけないと責任を感じています。在家の方は法施を受ける重要性を感じる必要性があると思います。同時に自分が理解したことを他の人に教えてあげることは大切なことです。その際、押しつつけるこのないように注意することは大切なことです。何時もサティが必要です。
2008年10月26日 09:47
ワンギーサさん、ご返事有難うございました。在家のものにとって法施を受けることは非常に大切かと思います。特に自分勝手な仏教理解は問題ですから。有難うございました。
身の丈修行者
2015年02月17日 12:29
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説、そして長老・皆様のコメントを拝見し、法施を受けれる至福さを感じました。
法施を受けるには色々な手段があると思いますが、こちらのように自宅に居ながら等でインターネットで学べ、かつコメントの形で一部参加させて頂けます事の幸せを感じています。
学びも深まるように思います。有難いです。
ワンギーサ長老の厚意を心より感謝致します。

この記事へのトラックバック