大食くらい寝転ぶ人は大豚のごとく輪廻する 

ダンマパダ 325

眠りこけ大食を喰らい
ごろごろ寝るのを好む愚鈍の人は
えさを与えられる大豚のように
何度も母胎に入り輪廻を続ける

○この詩から学ぶこと

 この詩は、象の章の中にあるのですが、象はなく豚が出ています。これがダンマパダという智慧の詩集の面白いところです。ダンマパダは阿羅漢たちが編集したものでしょうから、詩の並べ方も深く考えられています。何度か読んでいると、それがわかります。しかし、随所に意外性もあるのです。

 さて、この詩では悟りを妨げる「眠気」と「大食」について述べたものです。「大食」は「眠気」の大きな原因です。それではなぜ悟り(解脱)が妨げられるのがいけないか、それは輪廻を繰り返すことになるからです。先ず輪廻の理解の仕方について説明しましょう。

 少し古い本ですが、有名な歌人の吉野秀雄著「やわらかな心」という随筆集があります。その中に「世間では、あの世はあるかないかなどと、かんたんに議論するが、あの世がなくては生きていけぬ人、またそうした場合にとって、あの世は実在するのであり、どんな達人でもこれを嗤うことはできまいと、わたしはそのときつくづく思い知ったのであった。」という文章があります。

 この文章ではあの世はあって欲しいものであり、あることが救いのように感じているのです。このように思っている日本人は多いのではないかと思い引用しました。しかし、これでは釈尊が説かれている輪廻とは真反対のことなのです。釈尊は輪廻を繰り返すことは、苦しみを続けることであると述べておられるのです。生命は目的なく苦しみの輪廻を繰り返していますが、苦しみの輪廻から脱出しようとしたとき、解脱という目標ができるのです。そのことを釈尊は教えているのです。ですから輪廻に対する誤解をとかなければこの詩の論理は通りません。

 苦しみの輪廻を繰り返すのはいやだから、解脱(悟り)しよう。そのために、悟りを妨げる「眠気」を避けよう。そのためには、「大食」を止めようということになるのです。

 「大食」に関しては釈尊がコーサラ国王パサーナディに行った説法が相応部経典の中にあります。その中の詩を下に引用します。(南伝大蔵経 第12巻 139ページ)

 「常に正念を持ち
  量を知りて食をとる人には
  その苦しみ少なく
  老いに至ること遅く、寿まもらる」


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~ 

この記事へのコメント

2008年10月08日 08:03
ワンギーサさん、今日は。今日の内容は私にとって難しいものでした。ます、輪廻が実感できません。又あると仮定しても、地獄などは嫌ですが、天界のようなところならば輪廻してもいいんじゃないか、というのが本音です。あくまで私の意見ですが、天界があってもそれでもなおかつ「輪廻は嫌」と心底思うのならば、それはかなりの境地かと思います。「苦」をどこまで発見するかがポイントかと思われます。有難うございました。
ホーシノヒトリゴト
2008年10月08日 08:09
ワンギーサさん 毎日ありがとうございます。今生で悟りの境地に達するという目標を掲げ、道徳を守り、八正道とヴィパッサナー冥想を実践して煩悩の苦しみから脱出できるよう努めたいと思います。それにしてもメタボリックになると百害あって一利なしですね。歩く瞑想、長距離ウォークを続けたいと思います。ありがとうございました。
ワンギーサ
2008年10月08日 09:57
新様、今回もコメントありがとうございます。仰るとおり、輪廻の苦しみが分かれば、悟りに近いでしょうし、出家は、輪廻の苦しみを乗り越え、涅槃を体得することを誓って」するのですから。輪廻のことは頭のどこかに置いておいて、修行されればよいと思います。

ホーシノヒトリゴト様。今回もコメントありがとうございます。誓願・決意は大切です。目標達成の保証になります。何事も原因があればその結果があります。誓願・決意があればその結果があります。

ツヨシ
2008年11月17日 09:19
 ワンギーサさん、今日は。
 大食と小食をどのようにして、判断しますか。
 眠気が起こらない量が、小食ですかね。
ワンギーサ
2008年11月19日 09:28
ツヨシさんへ。大食と小食の判断は言葉で説明が難しいので、自分でいろいろ食べて研究してみて下さい。あなたには建築の研究より、難しいかもしれません。
身の丈修行者
2015年02月09日 16:08
食事の量が適量を超えると消化・吸収にエネルギーが多用され、その分他の事が集中して出来にくくなるようです。
また、若いころに食べた量が習慣になり、その量を食べないと満足出来ない・・も少なからずあるようです。
また、空腹で飢餓スイッチが入る方が健康的で活動的で長生きするみたいですね。
私はどうしても食べ過ぎ?の系があるので、徐々にでも理性的な範囲で抑えれるように心がけたいです。
ちなみに冥想合宿では自分なりのサティを続けていたら、夕食を食べたい・・と思う機会は減りました。といってもまだ2泊しかしていませんので、今後もっとやりたいと心を温めています。

この記事へのトラックバック