在家とも出家にも会わず無執着満足している彼はバラモン

ダンマパダ 404

在家者にも出家者にも
また両者にも交わらず
無執着で満足している人
彼を私はバラモンと呼ぶ



○この詩から学ぶこと

 この詩を何度か読んでどのように感じますか?
普通、あまり共感しないのではないかと思います。私が出家する何年か前、スマナサーラ長老にこの詩について、質問しました。「理解できない」という質問だったと思います。スマナサーラ長老は無理に説明せずに、「阿羅漢のことですからね。」とだけ応えられたと思います。これは阿羅漢の境地なのだから、分からなくて当然と思われたのではないかと思います。

 この詩に反発を感じる人はたくさんいると思います。これらの人々は人間は人々と積極的に交わるべきだ。それが人間のあるべき態度だと思っているです。
 また、この詩に反発は感じなくとも、このような人生は惨めだ、不幸だと思う人もいるでしょう。
 あるいは、この詩に共感を感じるが、このような人生を自分に出来ない、またはしたくないと思う人もいます。しかし、これこそ人生の理想だと、しみじみと共感し、このような生き方をしたいと思う人もいると思います。なぜ、このような受け取りかたの違いがでるのでしょうか?生き方や幸福に対する考え方が違うからでしょう。

 今だから言えますが、私が出家した初めは、人生の苦しみから抜け出すために、輪廻の苦しみから解脱すためにと決意して出家したのですが、やはり一人になると寂しいのです。それまでは孤独などあまり感じてはいませんでしたが、若者のように人生は孤独だなとつくづく思いました。また、これは私だけではないのだと言うことも分かりました。人はみんな寂しいのだと思いました。

 しかし、仏教を学んで出家したわけですから、私たちはいろいろな物や人々に依存して、執着して生きて生きているから、寂しいのだということも分かっていました。それが実感できるようになったのです。人は人に交わりたいと思い、誰にも交わらない生活は嫌だと思うのが当然だろうと思いました。ですから、上の詩のようにだれにも交われないことには共感できないだろうと思います。

 一方、出家したことによる家族や職場の人間関係などへの執着がなくなった穏やかな生活への満足感というものも現われました。ですから、「在家者にも出家者にも また両者にも交わらず 無執着で満足している人」の安らぎはいかばかりかとも思えるのです。

 この詩の「無執着(アノーカサーリン)」は直訳すれば「家なくして遊行する」ですが、パーリ語辞書によれば、それは無執着のことであるとありますのでこのように訳しました。また「満足(アッピチャ)」は直訳は「小欲」です。しかし、スマナサーラ長老によれば、アピッチャには喜びの意味があると言われますので、小欲より満足の方が適切だと判断しました。辞書にも「満足」も記載されています。無執着とは阿羅漢のことであり、満足こそが幸福です。このことが分かるように訳の事情を述べました。

○在家とも出家にも会わず無執着満足している彼はバラモン

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

この記事へのコメント

2008年12月12日 05:39
ワンギーサさん、おはようございます。この詩の「交わらず」をどう解釈するかで意味合いが異なってくると思われます。例えば、お釈迦様は多くの弟子や在家信者との交流がありました。一方人との交流を断ち、独り山荘などで暮らしている人も現在います。単純に後者をバラモンとするとおかしな話ですが、ここで「無執着」ということが本質的な問題だと思います。いくら人里離れれて独り生活しても、心のどこかで交流を求め、寂しさを感じているならバラモンではなく、又どんなに人と交流しても、人に依存せず精神的に独立してるのがバラモンという意味でしょうか。言い換えれば、精神的に「ギブ&テイク」又は「テイク&ギブ」の関係ではなく「ギブ&ギブ」という意味なのでしょう。スマナサーラ長老が「お釈迦様は与える一方」と話されたことがあります。それは単に真理を教える、という意味ではないのかもしれません。有難うございました。
2008年12月12日 06:17
ワンギーサさん、補足です。上記「ギブ&ギブ」と書きましたが、スマナサーラ長老はお釈迦様について「カルナーのみでメッターはない」と話されたことがあります。友情というニュアンスだと「お互い様」みたいになると思いますが。有難うございました。
ワンギーサ
2008年12月12日 07:01
新さん、おはようございます。その通りです。よくまとめて頂きましてありがとうございます。
ツヨシ
2008年12月12日 07:04
 ワンギーサさん、新さん、おはようございます。
 お互いに、「ギブ&ギブ」の精神でいることが、バラモンですね。
林田明大
2008年12月13日 01:35
 私は、苦難や困難こそが、人間をよりよき存在に鍛えなおしてくれると信じていますので、出家などというもったいないことは考えません(笑)。元来、在家とか出家とかいう発想すらありません。
 ただ、専門職はありますので、たとえば、医師や学校の先生や警察官といったような仕事ですが、人の道を説く専門職と考えれば、聖職者がいてもいいのだろうと思います。
 聖職者を「出家者」というのには、正直、疑問が残りますが。
 とは申せ、私にとりましては、こちらのブログの先生と皆さんのやりとりも、非常に勉強になっております。
 皆様方のますますのご精進を・・・。
ワンギーサ
2008年12月13日 10:01
林田先生、コメントありがとうございます。私も苦難や困難が人間を鍛えてくれると思っております。在家の生活は困難ですが、出家の生活も楽ではありません。人間生きている限り楽ではないのだと思います。ですから、いつでもどこでも修行は出来ると思っております。私も先生のブログでいろいろ勉強させて頂いております。先日は「ホ・オポノポノ」を始めて知りました。ありがとうございます
身の丈修行者
2015年03月12日 09:00
ワンギーサ長老の人間味のある本文・解説、そして皆様・長老のコメントを拝見して「在家とも出家にも会わず無執着満足している彼はバラモン」の偈を、在家や出家との接触があっても無くても、どんな状況でも心穏やかで明るく、慈悲で生きれる方はバラモン・・なのかなと感じました。
現在可能な範囲で地元で出来る事(自己学習・冥想)や、協会イベント・ダンマサークル等に参加させて頂く事を実践しています。
地元で出来る事も日々の状況でその内容も臨機応変になる時があります。
協会イベントやダンマサークルには、家庭・仕事の状態が許さなければ・流れがないと参加出来ません。
そんな中でも、この偈のように生きれるよう精進したいです。

この記事へのトラックバック