牛の王優れた英雄大仙人煩悩洗った彼はバラモン

ダンマパダ 422

牛王のような最も優れた英雄
大仙人、勝利者
無欲な、煩悩を洗った、悟った人
彼を私はバラモンと呼ぶ



○この詩から学ぶこと

 この詩は釈尊がアングリマーラ長老に対して述べたものです。殺人鬼といわれたアングリマーラは、釈尊と遭遇し、釈尊の態度に心を打たれ、殺人を止め、出家しました。彼は過去の殺人行為のため、多くの人々の恨みを買い痛めつけられましたが、それに耐え、修行をし阿羅漢になりました。

 釈尊はアングリマーラ長老を上の詩のように最上級の言葉で誉め讃えているということは、阿羅漢になるということがどんな偉大なことなのか、逆に言えばどんなに困難なことなのか想像できます。しかし、アングリマーラ長老のサンガ入団については多くの人々の強い批判があったため、以後「殺人者や強盗者は出家させることができない」という戒律ができたということです。

 アングリマーラ長老に関する詩は他にも、私がこのブログで始めて記載したダンマパダ173番(6月23日)があります。http://76263383.at.webry.info/200806/article_1.html

 悪業の結果を
 善行為で止めた人は
 雲をはなれた月のように
 世の中を明るくする

 どんな罪を犯した人も、人生をあきらめてはいけません。過ちに気がついたら、すぐに改めて精進することです。そこからでも最高の勝利者になれる可能性はいつでもあるからです。


○牛の王優れた英雄大仙人煩悩洗った彼はバラモン



~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

この記事へのコメント

2008年12月30日 06:16
ワンギーサさん、おはようございます。今の日本なら「死刑」かもしれませんが、そういう場合でも執行されるまで「心」が解脱する可能性があるということですね。アングリマーラ長老の場合はお釈迦様のはからいによって、処罰されませんでしたので例外なのかもしれません。有難うございました。
高橋優太
2008年12月30日 11:32
ワンギーサ先生、新さん、こんにちわ。仏教は脅さないですね。お前は永遠の地獄だ、とかそういうことを言わないで、ではこうすればいいということを、いつも教えていただきます。僕も人生をなげださず、過ちに気付いたらすぐに直すよう努力してみます。ありがとうございました。
身の丈修行者
2015年03月19日 07:56
毎日のように何かしらの事件が起きます。
そのような犯罪を起こし囚われになった方は、想像ですが恐らく時間が沢山あると思いますので、心の成長の修行をされるのも宜しいように感じます。
ですが実際は「暇」から廃用症候群のように体の機能を衰えさせてしまう・・形になってしまうのかもとも想像します。
アングリマーラ長老のように生きれたら素晴らしいですね。
身の丈修行者
2015年03月19日 17:42
罪を犯しても本当に真摯に反省し心を清らかにしようとする意志のある方には、寛大な処置がとられると良いなと思います。
ですが本当に真摯な心があるかどうか?はお釈迦様又は阿羅漢しか分からない気が致します。
その後の戒律に繋がったのはそのような経過もあるのかなと想像致しました。

この記事へのトラックバック