放逸を危険だと見る修行者は大小煩悩焼き尽くすべし

ダンマパダ 31


不放逸を楽しみ
放逸を危険だと見る比丘は
小さな煩悩も大きなものも
火のように焼き尽くして行く


○この詩から学ぶこと

 以前、スマナサーラ長老にこの詩の因縁話しを聞いた時、妙に印象に残っていることがあります。釈尊の時代の比丘たちは瞑想方法を釈尊から一度だけ習い、後は森のなかに入り悟るまで修行をするのが普通だったということです。ですから、次に釈尊にお会いするのは、森から出て、「悟りました。」と報告する時だったということです。ところが、この詩の主人公の比丘は、森の中に入り瞑想修行に励んでいましたが、どうしても悟れないでいました。

 彼はそのことを悩んだ末、再度釈尊に会いに行くことにしました。その帰路で、彼は山火事に遭遇しました。彼は山火事から避難しながら、山火事の様子を観察していました。火は大きな木も小さな木も草も一つずつ焼き尽くしていることに気がつきました。同時に、彼は小さな煩悩も大きな煩悩も一つずつ焼く尽くすべきだと気がつきました。そこで、彼はすぐ森に戻り、瞑想を始め、小さな煩悩も、大きな煩悩も焼き尽くし、悟ることができたということです。

 以上の話から分かることは、この比丘は小さな煩悩も大きな煩悩も一つずつなくすことをしてなかったのです。瞑想修行に励んでいたとはいえ、不放逸ではなかったのです。だから悟れなかったのです。ですから、「不放逸を楽しみ 放逸を危険だと見る比丘」とはどのような比丘なのかと言えば、「小さな煩悩も大きなものも 火のように焼き尽くして行く」比丘だと分かります。

 すなわち、不放逸とは小さな煩悩も大きな煩悩も一つずつなくしていくことだということになります。
ダンマパダのこの章では不放逸の意味をいろいろな面から教えているのです。不放逸は実践ですから、一つの言葉で理解しない方がいいのです。今回の詩で不放逸の意味がもう一つ明らかになりました。

○放逸を危険だと見る修行者は大小煩悩焼き尽くすべし


~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年01月17日 05:37
ワンギーサさん、おはようございます。煩悩を滅するための「冥想」ですから、やり方が間違っていたか、やってるようでサボっていたのでしょうか?それなら昨日の「不放逸」との意味がつながります。内容的に同じかもしれませんが「小さな煩悩も大きな煩悩も焼く」というのは修行の「結果」です。この詩では今まで「原因」作りに述べたことを「結果」の観点から述べたものなのでしょうか?有難うございました。
2009年01月17日 07:34
 ワンギーサさん、新さん、おはようございます。
 「あなたは、甘えている。自分で、努力しなさい。」と、言われます。
 人に、質問しすぎているようです。
 自分で観察することが、少ないようです。
 自分では、観察して、疑問が浮かび、質問して、聞いて、熟慮して、実践して、観察して、を繰り返しているつもりです。
 「自分で、努力しなさい。」と、言われたときは、「ありがとうございます。では、やってみます。」と、質問をやめて、先生から離れて、実践するべきでしょうか。
2009年01月17日 08:23
ワンギーサさん、私の質問を要約するとこうなります。「不放逸とはひとつの意味ではなく、さまざまな意味がある。だからそのさまざまな面を知った方がいい」ということなのか、「不放逸という重要な言葉の理解を深めるために、さまざまな角度から見直しその理解を深めよう。」というのかがわからないのです。例えば、ダイヤの理解として「美しさ」以外に「希少価値」などという側面があります。それを理解する。一方、ダイヤの定義や属性をその「美しさ」とした場合、どのような光を当てたらよりその「美しさ」がわかるのか試行錯誤してみる。その辺が疑問なのです。有難うございました。
ワンギーサ
2009年01月17日 09:04
新さん、ツヨシさん、おはようございます。新さんもツヨシさんも考え過ぎです。考え過ぎというより妄想し過ぎです。自分が分かったところで、実践してください。そうすれば、今の疑問が解けてくるはずです。慈悲の瞑想をして、歩く瞑想から初めてください。
2009年01月17日 09:24
ワンギーサさん、ご指導有難うございます。すると「正念の持続」でいいわけですね。これは妄想というより疑問です。ひとつの言葉で理解しない方がいいのなら、では別とは何?ということです。有難うございました。
あっきん
2009年01月17日 09:49
ワンギーサさん昨日の回答ありがとうございました。
完全に悪心所を消す→不法逸→悟ると解釈すると、50%の悪心所を消しただけでは正念がある人で不放逸でないとなるのかな 宜しくお願いします
今日のプログ球の気持ち 体験者でないと言葉で表現できない部分があるのかな( ̄~ ̄;)
高橋優太
2009年01月17日 21:36
ワンギーサ先生、皆さん、こんばんわ。
最近は気持ち的にツラいことが重なり、大変でした。でも長老の言葉を思い出して、覚悟を決めたら、気が晴れました。今からまた頑張ります。
2009年01月17日 22:04
 ワンギーサさん、慈悲の瞑想、歩く瞑想、やってみます。
身の丈修行者
2015年03月25日 07:11
煩悩・妄想が絶えず湧き上がってくる自分がいます。
ですがそれに気がついてサティすると引っ張りません。
特に好き・嫌い・・から欲や怒りを発火させないように注意しています。
煩悩・妄想が減る程、そして全くなくなったら、もしかして悟りに近づいたと言えるのかも、とその後を楽しみにしながら実践しています。

この記事へのトラックバック