誰だろう死後の世界と人間界神の世界を支配するのは

ダンマパダ 44、45

誰がこの世界、死後の世界と
人間と神々の世界を支配するのだろうか?
誰がよく説かれた真理の言葉を
巧みの人が花を摘むように摘むのだろうか?

学習者がこの世界、死後の世界と
人間と神々の世界を支配するだろう
学習者がよく説かれた真理の言葉を
巧みの人が花を摘むように摘むだろう


○この詩から学ぶこと

 今回の44番から59番まで、花にちなんだ詩を集めた「第4花の章」です。

 初め44番は、「この世界、死後の世界と人間と神々の世界」、これは生命の住む輪廻の世界です。輪廻の世界に住む生命は欲望に支配されているのです。すべての生命は生きたいために必死に働いています。これは人間ばかりではありません。スズメもハトも虫たちも朝から晩までえさを探しています。食べたい欲望に支配されているのです。人間は職場では上司に支配されていますが、それは生活のための賃金を得たいためなのです。金持ちはさらに金をもうけたいために、事業を拡大します。それは欲望に支配されているのです。自分の自由を捨てて欲望に従っています。それがこの世界の現状です。しかし、この詩は現在は欲望が支配者ですが、新たにこの世界を支配するのは誰だろうか?と問題にしています。欲望に打ち勝つ者なのです。その答えは次の詩でのべられます。

 44番の詩にはもう一つの問題があります。それは「誰がよく説かれた真理の言葉を巧みの人が花を摘むように摘むのだろうか?」という問題です。「真理の言葉」とは釈尊が説いた真理です。パーリ語ではこの詩集と同じ「ダンマパダ」といいます。釈尊の説法の決まり文句として「よく説かれた」という言葉がつかわれます。真理の言葉を摘むとは、真理の言葉を理解するという意味です。つまり全体では「誰が釈尊が説かれた真理の言葉を理解するのだろうか?」ということです。この答えも次の詩で述べられます。

 45番にある、二つの問題の答えは同じで学習者です。それは当然、仏教の学習者です。ただ、ここで注意することがあります。学習という言葉です。学び習うと言う意味ですが、何かを勉強するという意味が中心で、習うという意味、実践するというがなくなっているように思います。ここでは学習の本来の意味、学び習う、勉強し実践するという意味であると理解する必要があります。実践のない仏教はないのです。

 仏教の学習が、欲望の支配に打ち勝って、この世界の支配者になるだろうということであり、仏教の学習者が釈尊の説かれた真理の言葉を理解するだろうということです。二つの問の関係は、この詩では、前後が反対に表現されていますが、学習者が真理の言葉を学び実践し理解し、欲望を克服してこの世界を支配するであろうということです。

 最後に一言、克服する欲望とは、自分の欲望です。このブログに毎日コメントしてくださる新さんが、王陽明の言葉として林田明大先生の著書「真説『伝習録』入門」より引用された「山中の賊を破るは易し、心中の賊を破るは難し」と言われる言葉があります。実は同様の趣旨の詩がダンマパダ103番「戦場において百万人に勝つよりも、一人の自己に克つ者こそ最上の勝利者である」です。このように自分の欲望を克服することは困難な課題です。しかし、それを克服する人はこの世界を支配するのです。誤解がないようにさらに述べれば、涅槃に達するということです。

○誰だろう死後の世界と人間界神の世界を支配するのは
○学習者死後の世界と人間界神の世界を支配するなり

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~
 

この記事へのコメント

2009年01月29日 05:23
ワンギーサさん、おはようございます。欲望に支配されている、という実感は案外持ち難いかもしれません。いいクルマが欲しいとか、豪邸に住みたいとかというレベルで捉えると、欲望など簡単に支配できる思ってしまいます。しかし欲望は思った以上に巨大でした。それはまるでエベレストのようで怖じ気づいてしまいます。仏教を学び習うとその巨大さがわかり、支配力の凄さがわかります。そして欲望の支配下にある限り、心の安らぎ、幸福がないという事実も残念ながらどうしても認めざるを得なくなりました。王陽明の心中は明確にはわかりませんが、生死を賭けた戦の中で「自己の欲望の恐ろしさ。超えがたさ。」を実感したのかもしれません。ではどう克服する?という方法論がブッダの教え、仏教です。有難うございました。
2009年01月29日 06:36
 ワンギーサさん、新さん、おはようございます。
 会社に入ると、車が必要、と言われました。
 車を探しました。
 運転できると、十分。
 ゆったりした後部席は、要らない。
 後部席に人が乗る機会が、少ないからです。
 車を選ぶのは、必要を満たすものを選びますよ。
高橋優太
2009年01月29日 08:55
ワンギーサ先生、新さん、ツヨシさん、おはようございます。学習するよう頑張ります。サンガの方々やお釈迦さまが、学習方法をおしえてくださったので、後はやるかやらないかです。暗い気持ちに負けないで、精進します。ありがとうございました。生きとし生けるものが幸せでありますように。
むでぃたん
2014年05月07日 12:22
たくさんの素晴らしい教えをご紹介くださってありがとうございます。
先日、都の香りという苗木を買いました。椿か、さざんかのような花で、とてもいい香りがします。
落ちた花も、綺麗でいいかおりなので、萎れるまでテーブルに置いてたのしんでおりました。祭壇にお供えしてもいいんですね🎶
今は、植え替えをしたら花がなくなってしまいましが、すぐに新芽が出て来ました。また、花が咲くのが楽しみです🎶
身の丈修行者
2015年03月29日 05:45
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「仏教の学習が、欲望の支配に打ち勝って・・学習者が釈尊の説かれた真理の言葉を理解するだろう・・」是非目指してみたいと思いました。
ワンギーサ長老のこのような素晴らしい学びの機会を頂戴出来ています事を至福に思います。
精進したいです。

この記事へのトラックバック