煩悩を捨てないままの袈裟の人不誠実だから袈裟着る資格なし

ダンマパダ 9,10

煩悩をなくしてないのに
黄色い袈裟(けさ)を着る人は
自制心がなく誠実でないので
袈裟を着ける資格がない

煩悩を吐き出して
もろもろの戒に集中している人は
自制心があり誠実であるので
袈裟を着ける資格がある


○この詩から学ぶこと

 袈裟を着る資格があるか、ないかは比丘(僧侶)に対して述べられた事でありますが、この詩で述べられていることは、比丘に限らず、どのような立場の人にも言えることなのです。

 世の中には、いろいろな立場があります。そして、それどれの立場で自分の立場の権利を主張します。しかし、その前に自分にその資格があるか自分の立場の義務を果たしているのか自分自身に問う必要があるのです。

 その際、それぞれの立場で「為すべきことは何か?」各自考えてみる必要がありますが、釈尊は長部経典の「シンガーラ教誡経」に具体的に述べられいますから参考にしてください。このブログでも昨年の9月12日に、リストアップしましたので参考にしてください。

 両親に対して子供の為すべきこと
 子供に対して親の為すべきこと
 先生に対して生徒の為すべきこと
 生徒に対して先生の為すべきこと
 妻に対して夫の為すべきこと
 夫に対して妻の為すべきこと
 友人に対して為すべきこと
 雇い人に対して主人の為すべきこと
 上司に対して部下が為すべきこと
 出家者に対して為すべきこと
 在家者に対して出家者が為すべきこと

 http://76263383.at.webry.info/200809/article_12.html

 今回の詩の一行目は、「煩悩をなくしてないのに」は、煩悩をなくす努力をしてないのにという解釈をしています。すべての煩悩をなくしてないのにであれば、阿羅漢でなければ出家できなくなりますから。少し気になるので書き加えました。他の立場の人も同様であると思います。それぞれの立場に相応しく努力することが大切なのだと思います。

○煩悩を捨てないままの袈裟の人不誠実だから袈裟着る資格なし
○煩悩を捨ててしまった袈裟の人誠実だから袈裟着る資格あり

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

ツヨシ
2009年01月05日 05:59
 ワンギーサさん、おはようございます。
 「1月4日に、学校に来るように」と、先生は言います。
 早いな、学校は8日から、始まるのに。でも、学校の予定より、先生の話を優先しよう。生徒をよく見ているのは、学校より先生だから。と考えました。
2009年01月05日 07:15
ワンギーサさん、おはようございます。最初?と思いましたが、解説読んで納得しました。世俗的には詐欺師なんかは外見をそれらしく固めてきますね。外見だけで判断し信用する弱味が私たちにもあるかもしれません。でも日頃から自身が格好ばかりを重視せず、本来やるべきことをしっかりしていれば、そんなことも減ると思います。何事も実際の行動が出来ているかが大切ですね。有難うございました。
2009年01月05日 07:50
ワンギーサさん、ツヨシさん、おはようございます。詐欺師などと書いてしまいましたが、ワンギーサさんに質問です。こうした社会的に立場があるにも関わらず、それをサボったりすることは五戒の「嘘をつくなかれ」に触れる行為ですか?皆さん、その人の立場や地位などをやはり信用してますから。有難うございました。
ワンギーサ
2009年01月05日 09:41
ツヨシさん、新さん、おはようございます。
 新さんにお答えします。戒の意味は拡大解釈しない方がいいのです。戒律の言葉にはすべて定義されています。「嘘をつくなかれ」は言葉による嘘を禁止しているのです。言葉による嘘をつかないようにするためには、注意力が必要です。また嘘をつかないためには智慧も必要になります。そのため、結果として行動全体が改善されます。
2009年01月05日 11:44
ワンギーサさん、ご指導有難うございました。なるほどよく分かりました!確かに、小さな嘘さえつかない人はそれだけで立派ですね。大事に至る前で防いでしまう智慧が仏教にはありますね。有難うございました。
あっきん
2009年01月05日 20:42
高尾にあるサル園のサルボスは、悪事をするサルに対して噛み付いて社会の規律を作っているそうです。なんか見てみぬ振りをする、自分勝手な人間より偉かったりして・・ 人間の姿に生まれたら何の義務があるのでしょうね 心を清らかにして自己管理することでしょうか
突如、私がこのプログに参加してしているのも無常の心の仕業 
今日のプログ球の気持ちは、やっぱりお釈迦様は人間に対しズバリと指摘して (=^u^=)スゴイ!
ワンギーサ
2009年01月06日 09:30
あっきんさん、コメントありがとうございます。今後も突如、このブログに参加してください。
身の丈修行者
2015年03月21日 21:43
今日スマナサーラ長老講演の内容で、聖地で近くに住んでいる住民が参拝者が来ると黄色の衣を着て物乞いをする、参拝者がいなくなると衣を脱いで家に帰る・・等の記事を拝見して・・に思いました。
衣を着ているか・・ではなく煩悩を捨てた方なのか、そんな見方でいたいなと思います。
そして煩悩を捨てれるように精進したいです。

この記事へのトラックバック