真実を真実でないと考える人は真実に到達しない

ダンマパダ 11、12

真実でないものを真実と思い
真実を真実でないと見る人々は
誤った考え方を持っているので
彼らは真実に到達できない

真実を真実と知り
真実でないものを真実でないと見る人々は
正しい見方を持っているので
彼らは真実に到達できる



○この詩から学ぶこと

 この詩はダンマパダの1番から10番を復習してみるとよく分かります。ですから、一緒に復習してみましょう。

 1番は、二つのポイントがあります。「物事は心が先行し 心が主であり 心より成る」 「もし人が汚れた心で 話し、行えば 苦しみが彼に従う」 これらは真実ですが、これらを真実だと思わすに汚れた心で行動すれば、この真実を生かすことができません。
 
 2番は「物事は心が先行し 心が主であり 心より成る」 「もし人が清らかな心で 話し、行えば
幸せが彼に従う」 これらは真実ですから、これらを真実と思って実践すれば、幸せになり、この真実に確信がもてます。

 3番、4番、5番の詩のポイントは「実にこの世において恨みは 恨みによって静まらない 恨みを持たないことで静まる これは永遠の真理である」です。これは真理ですが、人々はこれを受け入れません。恨みがあれば、恨みで返すのが当然だと思っているのです。恨みに対して恨みを止めることなど考えたこともないのです。これが現実です。しかし、これは真理ですから、これを真理と知り、実践する人々には恨みが消え、平和が訪れるのです。これらの人々もこの真理に確信を持つことができます。

 6番のポイントは「生命である私は必ず死ぬ」という真実です。この真実は受け入れ難いものではありますが、真実ですから、この真実を認めると恨みが無意味になり、争いが消えます。そして心が穏やかに生活できるようになるのです。これらの人々は真実に到達しているのです。

 7番、8番は自分の身体を清浄と見るか不浄と見るかということです。真実はどちらなのでしょうか?ほとんどの人々は自分の身体は自分にとって大切なものですから、正確に調べないで清浄だと決めているのです。自分の身体は不浄などとは思いたくないのです。しかし、正確に調べて見るとそれは清浄なものではなく、不浄なものであると分かります。自分の身体を清浄と見る人々は、真実でないものを真実と見誤るわけですから、真実には達しません。真実を発見できないのです。このような人々は、自分を偉いと思い、他人を軽蔑すると言うことになります。また、このような人々は自分の感覚の楽しみを肯定し、食べる過ぎて身体を壊し、感覚の楽しみのために、為すべきことを怠けるということにもなります。一方、自分の身体を不浄と見る人々は謙虚になり、感覚の楽しみにおぼれることはありません。予想できないことでしょうが、事実を事実と見ているので心は明るくなります。

 9番、10番のポイントは、立場に応じた義務を果たすべきことです。為すべきことを為すことです。逆に、義務を果たさず、為すべきことを為さない者は権利は主張できないということです。これが真実です。私たちは真実に従う時、世俗的な成功でない真実の成功があり、幸福になるのです。また、真実に逆らう時、失敗し不幸になるのです。

 真実を真実であると見ること、真実でないことを真実でないと見ること、これは正しく見るということですが、当たり前のことで簡単そうに思えますが、上で復習したようにあんまり簡単なことではないのです。正しく見ることを妨げるものの一つは感情です。正しく見るために、感情に支配されないように、感情の起こる元である感覚を観察します。ヴィパッサナー瞑想はそのための修行です。


○真実を真実でないと考える人は真実に到達しない
○真実を真実であると正知する人は真実に到達できる 


~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年01月06日 05:34
ワンギーサさん、おはようございます。今日の詩は復習みたいですが、さりげなくあるのがいいですね。ところで「真実を真実と知り」だけで終ってない所は気を付けたいです。それで1から10までの理解度か深まりました。論理的に隙がないですね。有難うございました。
2009年01月06日 07:52
 ワンギーサさん、新さん、おはようございます。
 子供は、家事を手伝わなかったら、食事をいただけないですね。
ワンギーサ
2009年01月06日 09:46
新さん、おはようございます。ダンマパダは何人かの阿羅漢が仏陀の詩をよく考えて編集したのだと思います。並べ方にも工夫が凝らされているように思います。私たちが気づけない秘密も隠されているように思います。ダンマパダを素直に、真剣に学び、実践すれば悟りの世界に到達するように思います。
ワンギーサ
2009年01月06日 09:51
ツヨシさん、おはようございます。ツヨシさんのコメントは禅問答のようなので、いつも楽しく読んでいます。
林田明大
2009年01月07日 00:31
新 様
 本日気づきましたので、1月1日の本ブログに、お返事を書かせて頂きました。
ワンギーサ 様
 真理だとか、真実だとかに興味がない人がほとんどなのでしょうが、人間をやっている以上、人間とは何か、生きるとはどういうことなのかなどについて、もっと興味を持って探究して欲しいものですね。
身の丈修行者
2015年03月21日 21:48
自分の主観で「真実」と思った事を真実にしてしまいがち・・だと思います。
また自分の価値観のフィルター・色眼鏡が入ってしまうと、もう真実から捻じれてしまうように感じます。
真実を真実と分かる智慧、ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説から学び・培って参りたいです。

この記事へのトラックバック