覚者から何も学べぬ愚か者スープの味が分からぬ匙だ

ダンマパダ 64、65

愚か者は生涯
悟った人に仕えても
真理を知ることがない
匙がスープの味が分からぬように

賢い者は僅かな時でも
悟った人に仕えるならば
真理を理解する
舌がスープの味が分かるように


○この詩から学ぶこと

 この詩は前回のダンマパダ63番を踏まえてのものです。つまり、自分が愚か者であると自覚しているか、自覚していないかが問題になっているのです。自覚している人は賢い者であり、自覚していない人を愚か者と言っているのです。

 この愚か者の自覚有る無しによって何が変わるかといえば、愚か者の自覚の有る人は学ぶ姿勢があることです。この自覚の無い人は学ぶ姿勢がないのです。このことを理解するためによく語られる話があります。それは、水で満たされたコップにはさらに水を注げない、さらに注いでも水はこぼれ出てしまうだけなのです。一方、愚か者の自覚の有る人は空のコップなのです。注いだ水はコップの中に満たされます。

 悟った人から学ぶことは、その言葉からももちろんありますが、それ以上に立ち振る舞いにあります。経典の中から、私が立ち振る舞いが大きな意味を持ったとして、思いだされる場面はパーリ律蔵の大品に書かれている「サーリプッタとモッガッラーナの出家」に関する文章です。宮元啓一著「仏教かく始まりき」(春秋社)の200ページから引用します。

 「時に、アッサジ長老は、早朝に下衣を着け、鉢と衣を持って王舎城に乞食をしに入り、行くも帰るも、前を見るのも後ろを見るのも、屈するも伸ばすも清らかで、目線を下に落とし、正しい威儀のあり方にかなっていた。遊行者・サーリプッタは、アッサジ長老が王舎城で乞食をしながら、行くも帰るも、 前を見るのも後ろを見るのも、屈するも伸ばすも清らかで、目線を下に落とし、正しい威儀のあり方にかなっているのを見た。
 見て、彼に、次のような思念が生じた。『世間において尊敬を受けるに値する人、あるいは尊敬を受けるに値する道に入った人々、この人は、そうした比丘たちの一人だ。私は、この比丘に近づいて訊ねてみよう。『友よ、あなたは誰のもとで出家したのですか。あるいは、誰があなたの師なのですか。あるいは、あなたは、誰の教え(真理)を喜んでおいでなのですか』と」

 アッサジ長老は釈尊の初めの説法で解脱した五比丘の一人ですが、彼は歩く姿だけで、後に釈尊の弟子になり、智慧第一と言われるサーリプッタ長老の出家のきっかけを作ってしまうほどの、立ち振る舞だったのです。また、その時の遊行者・サーリプッタは、今回の詩にあるように、賢い者であったから、アッサジ長老の立ち振る舞いから真理を理解する手がかりをつかんだのです。

 私もあるお坊様の立ち振る舞いから無執着とはこういうものかと学んだことがあります。ある法要の席に遅れてきたあるお坊様が、食事のお布施の席に着こうとしていましたが、その場が混雑して席に着けませんでした。比丘は正午以後の食事は禁止されていますから、もしその時、食事ができないと、その一日は食事はできないことになります。しかし、そのお坊様は、無理に席に着こうとはせずに、本当に自然にその場を離れました。私だったら何とか席に着こうとするのに、そのお坊様のあまりに自然な振る舞いに、私は無執着とはあゆうものだなと思いました。

 そのほか、悟った方からの立ち振る舞から学ぶことは多いのです。

○覚者から何も学べぬ愚か者スープの味が分からぬ匙だ
○覚者からすぐに学ぶは賢い者だスープの味を味わう舌だ

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~
 

この記事へのコメント

2009年02月13日 06:23
 おはようございます。
 隣の人は、背筋が伸びています。
 自分は、曲がっています。
 おしりが痛いです。
 隣の人は、さわやかです。
 さわやかになるよう、背筋を伸ばします。
2009年02月13日 06:45
ワンギーサさん、おはようございます。昨日の続きですが、凄い知識人でも立ち居振る舞いは私たち俗人のそれと同じです。よく感じるところです。さて、私の場合「無知の知」をもっても痛烈に感じるのが、経典解説の時です。スマナサーラ長老の著書などもパーリ経典をもとに、現代日本人の感性に合わせてわかりやすく解説されてるようですが、オリジナルの経典はやはり厳しい。ショックの度合いが違う。根底から叩きのめされます。でもこれも長老の解説のなせる技かもしれません。さて以前から気になっていたのですが、経典は日本語訳でどうなのでしょう?やはりパーリ原典の方がよろしいのでしょうか?有難うございました。
あっきん
2009年02月13日 06:54
おはようございます。やけに早くコメントしていつものパターンと違うと感じましたか。 昨日朝食を食べて思いましたが、日常の行動は無意識でパターン化して動き妄想で一杯です。が・・瞑想して気づきを取り入れるとパターンが変化しだんだんと事実を知る事ができます。こう私の頭で解っても限界です。無我を体験したことがない。でも瞑想の重要性を感じました。
おそまつです。
皆さん元気でいってらっしゃい~(*^-^*)
ワンギーサ
2009年02月13日 07:21
皆さん、おはようございます。
新さんへ。
パーリ語で経典を読むと日本語訳では分からなかった所が分かることがたびたびあります。できれば、パーリ語を勉強した方がよいです。日常読誦する経典の意味もよく分かって、日々の修行の励みになります。
2009年02月13日 07:48
ワンギーサさん、ご指導有難うございます。パーリ原典を読めるように勉強します。有難うございました。
高橋優太
2009年02月13日 08:36
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。冥想会にはじめて参加したとき、スマナサーラ長老の歩き方、動作がすごく落ち着いていて、見ているだけですごく元気になったのを覚えています。

ワンギーサ先生、僕もパーリ語をぜひ勉強したいのですが、辞書・文法書は何がよろしいでしょうか?あと、勉強の仕方がわかりません。ワンギーサ先生はどのように勉強していますか?
ワンギーサ
2009年02月13日 11:08
高橋優太さん、おはようございます。
パーリ語の勉強について。
1.日本テーラワーダ仏教協会のホームページの小野道雄先生の「パーリ語アイウエ?オ」で勉強して下さい。
2.辞書は水野弘元著「パーリ語辞典」(春秋社)4725円
雲井昭善著「パーリ語仏教辞典」約2万円?
3.水野弘元著「パーリ語文法」(山喜房仏書林)
4.パーリ語をやる友達を探して一緒に勉強するようにした方が良い。
高橋優太
2009年02月13日 12:12
ワンギーサ先生、アドバイスありがとうございます。友達何人かあたってみます。
では頑張ってみます。ありがとうございました。
あすか
2012年05月09日 09:09
スープには味がついていても
お皿や匙は感じとることができないのですね。

わかりやすいコップのたとえ、
ありがとうございます。
善い水でいっぱいにするのはまだまだでも、
まず悪い水を捨て、空にし、
善い水をしっかり受け止められるよう
努力いたします。
身の丈修行者
2015年04月03日 06:21
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「悟った人から学ぶことは、その言葉からももちろんありますが、それ以上に立ち振る舞いにあります」心に響きます。
スマナサーラ長老の本から始まった私ですが、本だけではやはり分かりませんでした。
ワンギーサ長老に面談して頂いて、ブレイク(?)したような印象があります。
生きざまを示して頂ける機会を頂戴出来ています事、至福に思います。
身の丈で自分でもそのような生きざまの真似が少しでも出来るように精進したいです。

この記事へのトラックバック