誤りを教えてくれる人は宝物 近づくならば善いことばかり

ダンマパダ 76

財宝のありかを教えてくれる人のように
過ちを指摘してくれる智慧者を知ったならば
そのような賢者に親しみなさい
そのような人に親しむならば
善いことはあるが、悪いことはない


○この詩から学ぶこと

 自分の誤りや欠点は自分では気が付かないものです。現在の自分の感情にも気が付かない場合が多いのです。私たちの注意力は外側に向いていて、自分自身には向いていないからです。

 私は以前、自分自身に対して鈍感で、自分が怒りっぽい人間だとは思っていませんでした。自分が怒っていることにも気がつきませんでした。人から「怒っているよ」と言われても、「怒ってない」と言っていました。でも、その時身体が震えていたのです。それほど怒っているのに自分では気が付かないのです。さすがに、しばらくして、自分が怒っていることに気がつき、愕然としました。自分のことがこれほどまでに分からないのだと。それが切っ掛けで、ヴィッパッサナー瞑想などを始めるようになったのです。

 このように、私ほど酷くはないでしょうが、一部の内省的な人を除いて、多くの人は自分のことが分かっていませんから、自分の誤りや欠点を教えてくれる人はありがたいのです。自分に対して敵意を持つ人は、自分を攻撃して来る言葉、欠点を指摘するものがあれば、それはありがたいものです。ましてや親切に欠点や誤りを教えてくれる人は、本当に大切な宝物なのです。

 では、このように、当然と思われることを釈尊は詩の形で改めて述べておられるのでしょうか?
実は、私たちは自分の誤りや欠点を指摘されるのは嫌なのです。しかも自分が気が付いてない誤りや欠点については、そのようなことはないと反発します。自分のことを誉めてくれる人や欠点を言わない人には近づいて親しみますが、誤りや欠点を指摘する人から遠ざかり、親しみません。誤りを正し、欠点を修正するためには、矛盾する態度です。ですから、釈尊はあえて、過りを教えてくれる智慧のある賢者に親しむならば、善いことがあり、悪いことはないと教えておられるのです。

 最後になりますが、この詩、ダンマパダ76番から89番まで、「第6賢者の章」になります。

○誤りを教えてくれる人は宝物 近づくならば善いことばかり

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年02月22日 05:23
ワンギーサさん、おはようございます。智慧と慈しみでない、愚か者の批判をどうするのか?かつて「批判には積極的に耳を貸す。称賛は無視する。という態度がブッダの世界の入り口である」とスマナサーラ長老からご指導頂きました。しかし、最初に述べた疑問がありました。その後、長老に色々伺いましたが、私なりにまとめると「1・人が生まれて、最初に覚える感情は怒り。だから誰でも人を批判してしまうし、何をやっても他人から批判される。2・人は皆「不完全」。欠点を批判されるのは当然。3・人は人をよく誤解する。誤解に基づく批判もある。…1のケース。どんな立派な行為をしても「嫉妬」など怒りで批判のための批判、というより中傷された場面は原則無視する。ただ一理ある場面は受け入れる。2のケース。誰でも不完全であるが故に単なる中傷の的になりやすいが、不完全を自覚したならブッダの教えを勉強する。3のケース。誤解を解くように努力する。しかし1のケースだとわかった時点でそのように対処する」。これとて「自己観察」という土台がないと難しいと感じてます。それから、自分より優れた人と接することが大切かな、と考えてます。有難うございました。
あっきん
2009年02月22日 06:12
皆さんおはようございます。
 から揚げを食べていた手を止めて覗いて見た。この鶏も苦=私も苦=全ての生き物がドゥッカなんだ。先日アメ横に行って、以前売っていた鮭トバを探したけど見つからなかった。そうだ!天候等によって左右されるのに、商品としてしかとらえてなかった。食欲旺盛な私ですが、このプログを見て解脱をするとは神秘的な事ではないんだと感じた。事実を知り安らぎが得られるんだ。
 生きとし生けるものは幸せでありますように
2009年02月22日 07:00
 おはようございます。
「冷蔵庫のコードを抜きますよ。」と母。
「1日前に、抜きますよ。」と私。
「霜が溶けて、水が出ます。水を拭きますよ。」と母。
「拭きます。」と私。
高橋優太
2009年02月22日 07:04
ワンギーサ先生、新さん、あっきんさん、おはようございます。僕に勉強を教えてくださる先生は、人の悪い行いをほとんど指摘しません。だけどたまに、「~~良くないですよ。直したら良くないでしょうか?」と言ってもらえます。そのとき、普段、人の行為を批判しない先生なので、ビックリします。そしてあの先生が批判するんだから、悪いかどうか検討しようと気づきのきっかけをもらえます。自分の悪いところを、僕のことを考えて言ってもらえるので、とてもありがたいです。そのように悪いところを指摘してくれる人(両親、先生)を大事にしたいです。
高橋優太
2009年02月22日 07:05
ツヨシさん、おはようございます。
身の丈修行者
2015年04月06日 08:10
人の欠点・直した方が良い所を指摘して下さる方は、えてして自分がそれで嫌な思いをした為、が起点・・を感じる時があります。
そして、その指摘者方は、自らは相手が嫌に思われる事はしてない・・との自信がある様子を感じる事があります。
そのような自分の事は気がつかない・・は、しばしば出てくるシーンです。
自分にも相手にも謙虚で、そして相手の方に慈しみの気持ちで改善点を害しない形でお伝えできるような実践をしたいです。

この記事へのトラックバック