阿羅漢の心は静か行いも話す言葉も穏やか静か

ダンマパダ 96

心が静かであり
言葉と行いが静かな人は
正しい智慧で解脱した
寂静なる人だ


○この詩から学ぶこと

 皆さんは、このブログのタイトルを読んでおられますか。昨年の6月23日にブログを書き始めた時、タイトルの欄に何か書くようにパソコンから指示されるので、適当に記入しました。後で記事を見直す時、タイトルで内容が分かるようにした方がよいと思うようになりました。そこで、ダンマパダを短歌でまとめようと思いましたが、まとめられないのです。皆様にはどうでもよいことなのですが、はじめの句、五文字はうまくいきません。そこで、七文字から始まる、都都逸(どどいつ:7、7、7、5文字でまとめる日本歌謡)でタイトルを作り始めました。それは8月1日からです。しかし、都都逸は昔の日本人ならばみんな知っていたと思いますが、今の人はほとんど知らないのです。一人で都都逸を作っていると言っても、一人芝居ですから止めることにしました。短歌ならば、ほとんどの人が知っていますので、難しくともダンマパダを短歌でまとめることにしました。10月13日のタイトルからは短歌になっています。しかし、だれも短歌のタイトルには何も言ってくれません。
 ところが、先日PUNさんが、短歌についてのコメントをくれました。うれしかったですね。

 まえがきが長くなりましたが、今回の詩を短歌にまとめたタイトルを読んでもらいたくて、書いたのです。「阿羅漢の心は静か行いも話す言葉も穏やか静か」は今回のダンマパダの詩のポイントを75%ぐらい表現していると思います。

 仏教では行為は、身(身体の動き)だけでなく、口(話す言葉)、意(心で思うこと)を三つを含めて考えます。思うことも行為なのです。この中では「意」がリーダーなのです。(このことはダンマパダの1番、2番で述べられています。) 「意」は外には表現されませんから、自分にも他人にも気づけない場合が多いのです。しかし、心で思ったことは、言葉や身体の行為で表現されています。

 ですから、その人の話す言葉や、身体の行為を観察すれば、その人の心の状態がわかるのです。話し方が穏やかで静かならば、この人の心は穏やかで静かです。身体の動きが穏やかで静かならば、その人の心は穏やかで静かです。とは言っても中には心の状態を隠そうと思い、言葉や動きを慎重に穏やかに、静かにしようとする人もいますが、そう思っても長くは続けることはできないし、そのようにしていることも、言葉や動きに表れるのです。心は隠せません。

 心が穏やかで静かな人は、言葉や身体の動きも穏やかで静かです。これは好ましいことにも、好ましくないことにも心を動かさない、動揺しないからです。これは心に欲や怒りや無知が現れないからなのです。欲や怒りや無知について、正し智慧で、その害、誤り、矛盾、無意味さを知り尽くし、それらを捨て去るからなのです。身口意において完全に穏やかで静かな人は阿羅漢といえるのです。

○阿羅漢の心は静か行いも話す言葉も穏やか静か

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~
 

この記事へのコメント

2009年03月12日 05:26
 おはようございます。
 タイトルが並んでいるページを見ます。タイトルを見ます。どういうことかな。クリックします。詩を見ます。なるほど。本文を見ます。そういうことか。と、見ています。では、自分はどうか。自分の場合は、、、思い出します。書きます。コメントします。
 自分はタイトルに、「こうすると、こうなる。」と、因果で書いています。文字数は、決めていません。表示したときに、文が切れない文字数に、しています。
2009年03月12日 06:16
ワンギーサさん、ツヨシさん、おはようございます。タイトルは読んでますが気にしてませんでした。しかし印象深いのです。いつもそうでしたが、今までのダンマパダをチラッと振り返るとき、最初に頭をよぎるのはほとんどの場合タイトルです。ところでタイトルが内容を現すように、行為は心を現すのでしょう。昨日路上で喧嘩騒を見ましたが、幸い殴り合いにはなりませんでしたが、怒りの感情は危険極まりなと改めて思いました。感情は我慢しても何かのキッカケで爆発する。だから悪感情は捨てて、善感情を育てることに頑張りたいです。有難うございました。
PUN
2009年03月12日 06:55
 ワンギーサさん、みなさん、おはようございます。

解脱してやすらぐ人の心は静かことばも静か行いも静か

 中村元先生や、日本テーラワーダ仏教協会のHP上の『ブッダの演歌』を参考に、こういう風に短歌化しました。ダンマパダの詩のポイントをおさえつつ、57577にする。それがむずかしいことであるというのは、私も実感しています。

 違う宗教の話になりますが、スペインで建設作業中のサグラダ・ファミリアに取り組むような、または、ルネサンスの時代、システィーナ礼拝堂の天井画に苦労を重ねつつ取り組んだミケランジェロのような、そういう作業ではあると思います。

 または、日本仏教的にいうならば、奈良の大仏建設に取り組んだ古代の人々と、同じような苦労とでもいいますか。シルクロードを渡って経典を取りに行った三蔵法師のような心境で、この偉大な仕事に取り組んでください。

 生きとし生けるものがしあわせでありますように。
まお
2009年03月12日 08:42
 ワンギーサ様、ツヨシさん、新さん、PUNさん、おはようございます。

ワンギーサ様へ
 食事の適量が守れません。自己流ヴィパッサナー瞑想する前の状態に逆戻りしています。慈悲の瞑想をして心が落ち着いても平気で食べてしまいます。慈悲の瞑想も昨日もあんまり心をこめてたくさんできませんでした。昨日はそれよりも三帰依のパーリ語文を唱えるのがとても楽しかったです。あと二週間くらい待って瞑想指導を受けに行くのが楽しみなのに、それまでに自分がダメになっていくことが止められません。仕事探しや職業訓練所・作業所探しもがんばっているのに全然うまくいきません。私は貪じん痴の心になると本当にうまくいかないんです。努力していたから一時的によくなっていただけなんでしょうか?全部に対して厳しかったから怠けたくなってしまったんです。「ヴィパッサナー瞑想は指導を受けてから、慈悲の瞑想をしてください」とワンギーサ様に言われて、それだけすればいいのか、やったーというみたいに気楽になって快楽をむさぼって苦しんでいます。ワンギーサ様、こういうことで私は悩んだり苦しんでいます。ご指導お願いいたします。
2009年03月12日 08:46
ワンギーサさん、ちなみに最近のものでは81のタイトルが強く印象に残ってます。タイトルだけで元気づけられました。
ワンギーサ
2009年03月12日 09:45
皆さん、おはようございます。
 ツヨシさんへ。コメントの内容がよく分かるようになってきました。ツヨシさんの昨日の御陰か、以前の記事をみんなが読んでくれたようです。
 PUNさんへ。今回の短歌はPUNさんのほうがよいですね。ちなみに「ブッダの演歌」は出家する前の私が書いたものです。
 新さんへ。81番のタイトルは悪くないです。私も励まされます。
 まおさんへ。今日、明日の二日の食べたものを、時間と量をメモして私にメールしてください。食べた時、そのつど、記入して下さい。後で思い出して書くのではなく。それを見て、返事を書きます。食事の適量を守ることはとても大切なことなのです。それは心を育てることになるのです。
高橋優太
2009年03月12日 10:02
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
今、今日の詩を短歌化しようと思いましたが、すごく難しかったです。言葉がうまくはまりません。困った時はダンマパダのブログタイトルは、工夫があったんですね。これからブログタイトルを見るのも楽しみになりました。
こころ静か
言動静か
そんな解脱者
寂静なる人

今日の詩で僕も都都逸を作ってみました。微妙ですね(笑)。(変だったら削除しても構いません)
きょうもありがとうございました。皆様が幸せでありますように。生きとし生けるものが幸せでありますように。

まお
2009年03月12日 10:20
ワンギーサ様へ
 わかりました。では今朝の朝食です。
 今日七時頃、野菜と青のりと豚肉の入った汁物ラーメンどんぶり一杯(いつもそのくらい先日作って盛って冷蔵庫に朝まで保管します)と、母が冷蔵庫に私の分と書いて入れておいた蟹クリームコロッケをひとつと白ごはん一口を食べて終わり、しばらくしたら白ごはんをお椀で2~3杯くらいたべました。
まお
2009年03月12日 10:38
ワンギーサ様へ
 あと最後のごはんの次あたりに袋の口あけて保管されてあった胡桃のかけら4個くらいと冷蔵庫に残っていたベーコン4~5枚たべました。それで7:50頃まででした。
ワンギーサ
2009年03月12日 11:00
まおさんへ。このブログのコメント欄ではなく、私のアドレスにメールして下さい。アドレスは知っていますよね。それから、なぜ白ごはんを2~3杯なのですか。2杯か3杯かはっきりしていなければダメです。
林大貴
2009年03月12日 11:35
ワンギーサさん。こんにちわ。僕は、日常生活の中で布施(与える)を実践しているつもりなのですが(茶碗洗い、荷物運びなど)、その布施をする際に、「認められたい」という感情が沸いてくるのですが、どう対処すればよいのでしょうか?あと布施をする際に、クサラになる心構えを教えてください。 ご指導よろしくお願いします。
ワンギーサ
2009年03月12日 12:04
林大貴さんへ。布施をする時は布施をするだけ、余計ことを考えない、妄想しないことです。
まお
2009年03月12日 15:58
高橋優太さん、林大貴さん、こんにちは。

ワンギーサ様へ
 すみませんでした。ではアドレスを探してそこにメールします。
身の丈修行者
2015年04月16日 08:24
タイトルを何時も、良くまとめられているなと拝見してますが、短歌としても楽しませて頂きたいと思います。
心の状態が体にも言葉にも出る事、実感しています。スローモーション動作は心が落ち着いてないと出来ない感じます。
また、(自他共に)体の動きや言葉が激しいと心も揺れてしまうように思います。
そのような状況でも穏やかで静かな人になれるように精進したいです。

この記事へのトラックバック