仏教徒法に反して望まない子供と財産権力などを

ダンマパダ 84

自分のためにも、他人のためにも
子供も、財産も、権力も
法に反して、自分の成功を望まない
彼は戒と智慧と真理を備える者となるだろう


○この詩から学ぶこと

 昨年、2008年9月27日ゴータミー精舎において、スマナサーラ長老のダンマパダ84番についての説法がありました。その解説は釈尊が意図した通りの内容だと思いました。しかし、現在私が知る限りのその日本訳では、その意図は伝わりません。そこで、その正しい訳をなるべく早く知ることのできる人には伝えたいと思い、番外編として、昨年の9月28日のこのブログに掲載しました。その時の「この詩から学ぶこと」は、今も適切であると思いますので再掲載します。

 「さて、上の詩で『他人のためにも』の他人は家族のことを意味します。子供を望むことは家族の繁栄を望むことであり、財産を望むことは家族が豊かに生活するために必要なことであり、当然のことであります。また、『権力』はパーリ語の直訳では『国』という意味ですが、内容的に意訳したものです。権力は立派な仕事や大きな仕事をする場合必要になるのです。ですから、子供、財産、権力を望むことは自然なことであり否定されるべきことではないのです。釈尊はこの詩でも否定されていません。

 しかし、この詩の多くの日本訳は『子供を望んではならぬ。財も国も望んではならぬ。』としています。これだけ取り上げると釈尊は反社会的なことを言っているように取られます。釈尊は自然の欲求を否定せずに、『法に反して、自分の成功を望まない』と仰っていられるのです。ですから、法に反しなければ、自分の成功を望んでもいいのです。むしろ、自分の能力を発揮し、智慧を出し、自分の成功を実現することを進めておられるのです。

 釈尊は私たちに特別なことを勧めているわけではないのです。あたり前の日常生活において、法に反して、行動しないことを重要視しているのです。法すなわち法則から外れる行為をしないこと、これは、昨日スマナサーラ長老は八正道の実践だと仰っていました。ですから、『法に反して、自分の成功を望まない』は『八正道を実践しながら、自分の成功のための仕事をすること』です。

 このためには、自分の行動に常に注意を向け、自分を管理して、自分の人格を向上させなけれならないでしょう。実生活では難しい問題にも遭遇するでしょうから、智慧も働かせなけれならないでしょう。結果として、これを実践した人は『戒と智慧と真理を備える者』となるでしょう。つまりこれは悟った人になるということです。

 釈尊は完全に、この詩一つで、凡夫が阿羅漢になるまでの道を示しました。
 スマナサーラ長老は私たち日本人に仏陀の意図を正しく伝えてくれました。

 サードゥ、サードゥ、サードゥ。(ありがたい、ありがたい、ありがたい。)」以上です。

○仏教徒法に反して望まない子供と財産権力などを

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年03月02日 05:17
ワンギーサさん、おはようございます。『八正道を実践しながら、自分の成功のための仕事をする。』というのは、在家の私にとって大きな励みになります。困った時は、ダンマパダと八正道がお手本です。困難な時に八正道を実践できるか?それが勝負だと思ってます。嘘をつけばその事実ははっきりしていて絶対誤魔化せませんから。そういう意味で、欲、怒り、無知の誘惑の多い中で「八正道」を頑張って実践すると、誘惑に負けるか否か、というところで実践したつもりの理解も深まります。それ以上に凡夫が阿羅漢になるのが可能であるというのが、正直嬉しくやる気の源泉になります。有難うございました。
あっきん
2009年03月02日 06:44
皆さんおはようございます。
このプログの目的は仏陀の純粋な教えを学ぶ事。
ワンギーサさんの”プログ紹介”でも内容書かれています。主旨に反する事は雑談だと思っています。
時にワンギーサさんは問題を出し、考えを引き出してくれています。私がこのコメントに載せた全ては、事実・正直な本音・教えに関する反応なのです。
皆さん何で仏教やっていますか?私は、徳を積んで得するからです。
2009年03月02日 07:31
あっきんさん、おはようございます。何で仏教やってますか?…自分の「怒り」をなくしたいからです。「怒り」は不幸の源です。それには、同時に「欲、無知」もなくす必要があります。仏教のいいところは「悟ったのかな?」という問いが愚問だということです。「悟りの許可証」は不要です。どんな状況でも「怒らない」とは他ならぬ自分こそが分かる事実のはずです。人に認められる必要などありません。要は自分の気持ちが楽になればそれでいいとは考えてます。私は仏教を勉強したり実践して「怒る」頻度が多少は減りました。「怒る」ことの「愚かしさ」の理解が深まりました。「自分」という幻覚を破り、「自分こそ正しい」という間違えを乗り換え、「怒り」を根絶するためにはやはりどうしても「仏教」こそが必要なのですよ!!
まお
2009年03月02日 08:01
ワンギーサ様、新さん、あっきんさん、おはようございます。
いつもそうなんですが今日の法話は心にすっと浸み込むようなすばらしい法話ですね。昨日、無駄話と妄想に気をつけ、事実に基づいた考えや話を心がけてみたら、心と頭がよくなり落ち着いて爽快感があるのがわかりました。ワンギーサ様、新さん、ありがとうございました。これからも続けて頑張ります。

あっきんさんへ
私はなぜ仏教やっているかというと(以前は理由が違いましたが最近は)最終目標は解脱して阿羅漢になりたいからです。それから、いつか出家できるまでは在家でいるのでその間、仏教の教えるような正法に則った生活をしたいからです。

まお
2009年03月02日 08:03
あっきんさんへ
あとは、精神病を治すためです。
あっきん
2009年03月02日 08:07
新さんお返事ありがとうございました。
人それぞれ目的意識を持ち行うことが大切だと思います
そう偉そうに言っても、実は私勉強するの好きでなくこのプログ参考になっています。
ワンギーサさんダンマパダを教えてもらいありがとうございます。サードゥ サードゥ サードゥ
あっきん
2009年03月02日 08:12
まおちゃんお互いに頑張ろうね。
まお
2009年03月02日 08:37
あっきんさんへ
はい。あっきんさんもたくさんの徳が積めますように。
高橋優太
2009年03月02日 09:44
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。僕も仏教を実践して、立派な人格(=最終的には悟ること)になりたいと思っています。最近は怠けないようにしたいです。怠けてぼんやりしていると、ここで書いたこと、誓願したことが嘘になってしまいます。嘘は五戒に反します。ここに書き込むということは、先生に対して正直に頑張るということですから、僕の中では大きいです。今日も一日しっかり過ごします。ワンギーサ先生、皆様、ありがとうございました。
まお
2009年03月02日 10:13
このブログをさかのぼって読んでいたら、1月25、26,27日(ダンマパダ39~41)の法話が斬新に心に突き刺さるように感じました。特に27日のダンマパダ41の法話についてなのですが、肉体の消費期限が短いことをどうやって観察すればいいのでしょうか?私は死体は曾祖母と祖父の葬式のときに見ました。火葬された遺体を見たのは一度だけです。病人はあまり注意深くは見ていませんでした。最近になって気がついたのですが、物事にばかりとらわれて周りの人を観察することが出来ていませんでした。協会のHPのパティパダー巻頭法話の最初の方に「生きている人の体は死体だとみると心が汚れない」とありますが、それで充分なのでしょうか?死体をまだ充分に観察していない人が人の体を死体だと思っても効果があるのでしょうか?それから、体や食物について糞尿が出るし垢になったり毛になったりするから不浄だと観ることはしてみましたがこれでいいのでしょうか?
まお
2009年03月02日 15:34
高橋優太さん、こんにちは。
ワンギーサ
2009年03月02日 17:25
まおさんへ。
慈悲の瞑想とヴィパッサナー瞑想を真剣に実践してください。不浄観などはやらなくていいです。だた、肉体は清くきれいなものだこだわらなければいいです。結構汚いものだと思えればいいのです。
まお
2009年03月02日 17:54
パティパダー巻頭法話ではなくて「有意義な生き方」の間違いでした。

ワンギーサ様へ
わかりました。まだ瞑想指導を受けていないのですが、それでもそれなりにうまくできるんでしょうか?今までヴィパッサナー瞑想をやっていてもつい仏教について考えたり法話を思い出したり体の痛みや瞑想したくないという妄想が出てきて終わってしまいました。長く続けられることがあまりありません。このような状態でヴィパッサナー瞑想が出来るのか不安です。こういうときはどうすればいいですか?
ワンギーサ
2009年03月02日 18:16
まおさんへ。
慈悲の瞑想をやってください。ヴィパッサナー瞑想は指導を受けてから初めて下さい。先のことは心配しなくていいのです。心配も妄想です。慈悲の瞑想も真剣りやれば、偉大な力があるのです。実践すれば分かります。(今、明日のブログを書いているところです。)まおさんと生きとし生けるものが幸せでありますように。
2009年03月02日 20:55
こんばんは。
「ツヨシは臭いです。石鹸を使うべきですよ。」父。
「自分は臭く感じないです。」僕。
「自分では、わからないですよ。」父。
「汗をかいたときは、、臭いです。」僕。
「周りに、嫌われますよ。」父。
「友人は、臭い人に、臭いと言っていました。その友人は、僕に臭いとは言いません。」僕。
「言いやすい人と、言いにくい人がいますよ。」母。
僕は正しく話せていますか。
2009年03月02日 21:43
ツヨシさん、会話は書いてみれば、同じ言葉でも、言葉には感情が付いてますから、それが分かるように書いてくれなければ、読んでいる人は分かりませんよ。お互いに気持ちが穏やかな気持ちで話せれば、それは正しく話せているのですよ。そのように努力することで、賢くなるのですよ。がんばって下さい。
まお
2009年03月02日 23:22
ワンギーサ様へ
ありがとうございます。
コメント遅くなりました。これからは瞑想指導を受けるまでヴィパッサナー瞑想は置いといて慈悲の瞑想をたくさんして頑張ります。慈悲の瞑想を真剣に実践して偉大な力があることが分かれるように努力します。ワンギーサ様とこのブログにコメントしている皆様とこのブログを読んでいる皆様と生きとし生けるものが幸せでありますように。
2009年03月03日 05:54
 ワンギーサさんへ
「臭いです。」と言われたとき、父の怒りを感じました。
 あとは、穏やかになって行きました。
(大げさに言っているのではないか。)と僕は、疑いました。
 父の怒りを感じて、僕は悪いことをしているのではないか。と恐れを感じています。
 この書き方で、感情を分かっていただけますか。
まお
2009年03月03日 06:52
ワンギーサ様へ
後悔ばかり気になって注意していたけれど、これからは未来のことを心配して妄想することにも気をつけようと思います。
ワンギーサ
2009年03月03日 10:40
ツヨシさん、分かりました。その時、怒り、怒り、怒りと実況中継するのです。心が感情的になっている時は何もしない、一時停止です。心が落ち着いたら、必要なことをして下さい。親はどんな時でも、子供を心配しているのです。たとえ、怒っているように見えても、子供を心配して言っているのです。(もちろん、間違っていることも多いのですが)でもその気持ちがわかれば、それなりの対応ができるはずです。がんばって、実況中継と一時停止を実践して下さい。
2009年03月04日 04:31
 ワンギーサさん。実況中継と一時停止を実践してみます。
身の丈修行者
2015年04月08日 07:55
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「・・自分の能力を発揮し、智慧を出し、自分の成功を実現することを進めておられるのです」心に響きます。
また、訳する方で内容が変わる影響は大きい印象を感じます。正しく教えて下さる方に学ばせて頂きたいと、改めて心から思いました。
そのような道を得られている事、至福です。今後も勉強させて頂きます。そして精進して参りたいです。

この記事へのトラックバック