道徳を守らず百年生きるより道徳守って一日生きよ

ダンマパダ 110、111、112

道徳を守らず、落ち着きなく
百年生きるよりも
道徳を守り、落ち着いて
一日生きる方が優れている  (110)

智慧がなく、落ち着きなく
百年生きるよりも
智慧があり、落ち着いて
一日生きる方が優れている (111)

怠けて、不精進で
百年生きるよりも
堅固に精進に励み
一日生きる方が優れている (112)


○この詩から学ぶこと

 仏教は無価値論です。すなわち「あれが善いとか、これが悪い」とは言わないのです。すべて無常ですから、形のあるものは壊れ消えていくものなのです。特別に価値を置けるものなどないのです。ですから、特別のものに価値をおいて、「大切だ、失いたくない」などの執着心を持たないように、心を育てるのです。何かに価値をおくことで、悩みや苦しみも生まれるのです。

 生きていることさえ、価値を置かないのです。ですから、長生きすることが何よりも大切なこととは考えていません。ただ、欲と怒りと無知によって生きている人生などには価値を置かないのです。そのような人生はただ、輪廻を繰り返すだけの人生なのですから。

 しかし、唯一、無価値な世界、無価値な人生から、離れようとした時、価値が生まれます。それを釈尊が発見し、私たち人類に教えてくれたのです。それは涅槃への道、解脱への道なのです。それは人間の究極の幸福への道なのです。具体的には、八正道を歩む人の道です。ですから、八正道を実践する人の人生は価値があります。

 八正道の実践に価値があるのは、解脱・涅槃への道だからというだけでなく、瞬間、瞬間の実践そのものに価値があることも、忘れてはいけません。それは目標に達成しなかったら価値がないということではないのです。実践してみれば分かることですが、私たちが生きていることは、一瞬、一瞬の積み重ねです。その一瞬をいかに充実して生きるかということが大切です。八正道の実践はその充実感を間違いなく感じさせてくれます。充実感こそ幸福なのです。

 上の三つの詩は、それぞれ、無価値な人生を生きている人と八正道を実践している人の人生を比較しているのです。道徳を守らない人の百年と、正思、正語、正業、正命を実践している人の一日の比較です。正見、正定のない人の百年と正見、正定を実践する人の一日との比較です。また精進のない人の百年と正精進を実践する人の一日との比較です。当然後者の方が優れているのです。

 今回の三つの詩についても日本テーラワーダ仏教協会のホームページにスマラサーラ長老の法話があります。それぞれの詩ができた因縁物語も詳しく語られています。是非お読み下さい。

110番:http://www.j-theravada.net/howa/howa40.html

111番:http://www.j-theravada.net/howa/howa41.html

112番:http://www.j-theravada.net/howa/howa42.html


○道徳を守らず百年生きるより道徳守って一日生きよ (110)
○智慧なく愚かに百年生きるより智慧持ち一日生きよ (111)
○不精進 怠けて百年生きるより堅固に励み一日生きよ (112) 

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年03月20日 04:26
 おはようございます。
 ネクタイをしていません。「ネクタイは?」友人。「していません。」僕。それ以上は、言われません。皆はネクタイをしていました。
2009年03月20日 05:15
ワンギーサさん、ツヨシさん、おはようございます。生きることは無価値というと面食らったものですが、八正道の実践で無価値な世界、無価値な人生というものが少しづつわかってきます。普通価値ある人生だと思うのではないでしょうか。何はともあれ、生きることこそ最高に尊いものだと。私の場合、最初、無価値論は信じ難いものがありました。その後なるほどと思い、無価値論に傾倒しました。今では価値ある人生を送りたいと願ってます。有難うございました。
あっきん
2009年03月20日 07:46
 おはようございます。
自己観察し、価値ある事とそうでない事の判断が必要ですね。欲も智慧も無限にあるそうで、私のとって欲から智慧のスイッチを切り替えられたいいなと思います。
それに因縁物語を見ると森で修業中の話が時おり出てきますが、実話と言う感じがしてスゴイと思いました。
まお
2009年03月20日 08:19
 ワンギーサ様、ツヨシさん、新さん、あっきんさん、おはようございます。
 特にスマナサーラ長老のダンマパダ112番の法話、心に染みました。やる気が続かず、自信があっても失敗ばかり。それでも唯一仏教に関する努力は続けていられます。努力してわずかでも結果を出すことに他のことでは得られない楽しみや喜びを感じたりしています。テーラワーダ仏教の有意義さは何と素晴らしく優れているかと思い至りました。
 スマナサーラ長老の法話を読み、阿羅漢の境地はとても素晴らしいものだということを微妙ですが初めて納得しました。

ワンギーサ様と皆様に悟りの光が現れますように。 
生きとし生けるものに悟りの光が現れますように
高橋優太
2009年03月20日 10:19
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。今、父といっしょに、スマナサーラ長老のDVDを見ました。悩むことも、怒ることも、バカバカしい、そんなことを考えないで、我ままにならないで、慈悲の瞑想をして、心を育てようと思いました。「落ち込むのは、人間の本性」もとても素晴らしい法話でした。生きとし生けるものが幸せでありますように。
身の丈修行者
2015年04月18日 07:19
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「私たちが生きていることは、一瞬、一瞬の積み重ねです。その一瞬をいかに充実して生きるかということが大切です」心に響きます。
思考・妄想していると、その一瞬を充実させる事は難しく感じます。。
実況中継の実践をする事でその一瞬を真摯に生きていけるように思います。
八正道を意識しながら、その時その時を大事にして参りたいです。

この記事へのトラックバック