賢者なら黒い行為を捨て去って白い行為を実践すべし

ダンマパダ 87、88

賢者は黒い行為を捨てて
白い行為を実践しなさい
家を出て家のない状態で
楽しみのない離れた場所で

そこで喜びを求めなさい
欲望を捨てて無一物となり
賢者は心の汚れから
自分を清めなさい



○この詩から学ぶこと

 この詩も選択がテーマです。黒い行為を選ぶのか、白い行為を選ぶのかということですが、答えは決まっています。黒い行為を捨てて、白い行為を実践しなさいということです。ここで黒い行為とは悪行です。白い行為とは善行です。

 次に「家を出て家のない状態で」と述べられていますが、これはどのような意味でしょうか? 文字通り、出家してともとれますが、釈尊は出家者ばかりの述べているわけではありません。

 余談になりますが、釈尊が「比丘たちよ」と述べている場合は、特別の場合を除いて、比丘だけに述べているわけではなく、比丘(僧侶)と比丘尼(女の僧侶)、優婆塞(うばそく、男性信者)、 優婆夷(うばい、女性信者)を含むということです。

 話しを戻します。家とは愛着の象徴です。ですから、愛着から離れて愛着のない状態で、白い行為、すなわち善行為を実践しなさいということです。

 次は「楽しみのない離れた場所で そこで喜びを求めなさい」です。これはやってみれば分かるのです。世間では、面白可笑しく、騒がしい状態が楽しく、喜びがあると考えていますが、実はそうではないのです。瞑想しても分かることですが、欲望が消えた時は、世間の喜びと比べもののならない静かな喜びがあるものなのです。ですからここではこのように述べられているのです。

 それで、実際に欲望を捨てて無一物になり、心の汚れ、煩悩を落として、自分を清らかなにしなさいと釈尊は仰るのです。

 このようにして涅槃への道を進みます。次回の詩に続きます。

○賢者なら黒い行為を捨て去って白い行為を実践すべし
○人里を離れた所で瞑想し欲望捨てて喜び見出す  

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年03月04日 05:41
 おはようございます。
「家に居ても、暇でしょう。アルバイトに行くと、社会勉強になります。協力ができます。体を動かし、健康になります。給料は少なくてもいいのです。お金に困っていないのだから。」父。
 僕はアルバイトをします。仲間と話します。先輩の話を聞きます。食品を運びます。
 この行為は煩悩が落ちていますか。
2009年03月04日 06:17
ワンギーサさん、ツヨシさん、おはようございます。「賢者は黒い行為を捨てて、白い行為を実践する」とならないのは何故なのでしょうか?命令形で語る時とそうでない時は特別な違いがあるのでしょうか?有難うございました。
まお
2009年03月04日 06:51
 ワンギーサ様、ツヨシさん、新さん、おはようございます。
 二日くらい前に、協会のHPのジャータカ社会仏教学を読んでいたら、ジャータカのお話について、阿羅漢であるお釈迦様が嘘を言うはずがない、遠い昔にバラモン修行者達の生きていた精神的にけっこう高度な文明があったのではないか、だから雀同士の話や鹿などの動物と人間が話をしたりすることも当たり前のようにあったのではないか、と考えて、これらのお話は事実ではないか、本当にあったことなのではないかと思いました。皆様はジャータカについてどう思っていますか?よければ聞かせてください。
ワンギーサ
2009年03月04日 08:13
皆さん、おはようございます。
ツヨシさんへ。
心は光の速さより速く、生まれては消えているのです。コメントでは判断できません。しかし、ツヨシさん、自分にはいつも煩悩があると思っていたほうが、正解です。それを自覚できるようにして下さい。
新さんへ。
ダンマパダではあまり命令形は使われいませんが、ここは命令形です。理由はいろいろ考えられますが、正解は分かりません。
まおさんへ。
ジャータカ物語は、その教訓を学ぶようにして下さい。事実かどうかは分かりません。釈尊が人々に分かり易く、脚色した部分があるかもしれません。そこはあまりこだわらなくてよいと思います。脚色しても嘘をついているわけではないと思います。
2009年03月04日 08:42
ワンギーサさん、有難うございました。命令形があまりないので?でしたが、内容を重視したいと思います。有難うございました。
高橋優太
2009年03月04日 09:12
ワンギーサ先生、新さん、まおさん、ツヨシさん、おはようございます。黒い行為(悪行為)を捨てるよう努力します。ありがとうございました。
まお
2009年03月04日 10:40
高橋優太さん、おはようございます。

ワンギーサ様へ
コメントありがとうございます。これからは事実かどうかを考えて妄想しないで教訓を学ぶようにします。ジャータカ物語に対するもやもやがなくなったのでよかったです。
まお
2009年03月04日 11:49
ワンギーサ様へ
 昨日慈悲の瞑想について詳しく調べようと思って協会のHPの「心を育てるキーワード集」の「慈悲(四無量心)」を読みました。詳しい実践方法がわかったのでこれまでそれぞれの対象に対する感情で瞑想することが間違いだとわかりました。慈悲の瞑想を念じたり唱えたりするときは早口ではなくてゆっくりにした方がいいのですか?
 今日はその次の「ヴィパッサナー瞑想」を読みました。この二つの法話を読んで瞑想を始めたのに全く理解していなかったことがわかりました。「日常的な問題を置いておいて、すごく大きなスケールで、『苦』を根本からなくすことを目指す」のがヴィパッサナー瞑想なのに、私は自分の問題や悩み事の解決を求めていました(以前のコメントに書き忘れたのですが自分の問題の解決法を考える妄想もありました)。瞑想すれば楽になれるとわかっていても「毒矢のたとえ」のように私は考えて妄想ばかりしていました。「自分ができる範囲で精一杯がんば」りたいと思いますが、これで少しはヴィパッサナー瞑想が出来るような状態になりましたか?
まお
2009年03月04日 11:52
ワンギーサ様へ
 それから、「六種類の動いている感覚が命」であるということがよくわかりませんでした。これは瞑想して理解できることですか?
ワンギーサ
2009年03月04日 14:06
まおさんへ。「ヴィパッサナー瞑想が出来るような状態になりましたか?」はヴィパッサナー瞑想に挑戦しようという意志のある人はそのような状態です。心配しなくていいのです。やる気があればやれるものです。
「六種類の動いている感覚が命」については瞑想指導の時、長老がお話になると思います。六種類は眼耳鼻舌身意です。その感じる機能が心なのです。そして心を持つものが生命なのです。ですから感覚があるものが生命なのです。わからないことはノートに記入してゴータミー精舎に来た時に聞いて下さい。ノートに記入したら後は、気にしないこと。
まお
2009年03月04日 16:39
ワンギーサ様へ
 コメントありがとうございます。ヴィパッサナー瞑想に挑戦してみます。わからないことを記入するノートを決めて疑問を書くておくことにします。書いたら、気にしないようにします。ワンギーサ様、ありがとうございました。
2009年03月04日 19:47
 ワンギーサさんへ。
 話していると、問題点を知って欲しいという煩悩があると思います。自覚になっていますか。
ワンギーサ
2009年03月04日 22:21
ツヨシさんへ。
自覚できていません。自覚できていれば、そのような質問はしません。言っているこたが分かりますか?分からないから聞くのですよね。分からないということは自覚できていないということです。よく考えて下さい。分からなかったら他の人に聞きみてください。
2009年03月05日 14:09
 ワンギーサさんへ。
 自覚は、心の状態です。心は他人にはわかりません。自覚になっているか、と他人に聞いても、分からない、という意味ですね。
2009年03月05日 21:39
ツヨシさん、今晩は。先ほどお腹が減って食事をしました。私はお腹が減ったという自覚はあったのですか?是非知りたいので教えて下さい。
ワンギーサ
2009年03月05日 22:32
ツヨシさん、そうではないですよ。新さんのコメントを参考にして考えてみて下さい。
この問題は、結構自分では分からないものです。あわてないで、しばらくじっくり考えて下さい。あとで、ああそうか、と分かります。
2009年03月06日 05:21
 おはようございます。
「私はお腹が減ったという自覚はあったのですか?」新さん。
 「お腹が減って食事をしました。」と、思うことは、自覚は無かったのです。「お腹がへって食事をしました。」があったのです。
 教えになっていますか。
2009年03月06日 07:20
ツヨシさん、おはようございます。ということは、「頭が痛い。喉が痛い。…」という自覚なしに、お医者さんに行って風邪薬をもらった経験があるのですか?
2009年03月06日 20:51
新さん、頭の痛みを感じます。お医者さんに会います。「どうしましたか。」「頭が痛いです。」体温計を挟みます。口を開けます。薬をもらいます。
身の丈修行者
2015年04月09日 06:57
ワンギーサ長老の分かりやすい本文・解説の「欲望が消えた時は、世間の喜びと比べもののならない静かな喜びがある」ですが、冥想中に体(欲求?)メインから心が支配するほうに移行した?ような時に、とても喜びを得た体験を思い出しました。
もっと精進して参りたいです。
たか坊
2016年09月03日 18:33
今回も明るく楽しく学べたコトを、嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック