生きものは幸せ求めるそれなのに害する人は不幸になるよ

ダンマパダ 131、132

生きものたちは幸せを求めている
暴力で彼らを害する人は
自分の幸せを求めても
死後に幸せを得ることはない (131)

生きものたちは幸せを求めている
暴力で彼らを害さない人は
自分の幸せを求めれば
死後に幸せを得る (132)


○この詩から学ぶこと

 今回の詩の一行目も、私たちは生きていく上で非常に大切な真理を述べています。「生きものたちは幸せを求めている」このことは、自分のことを考えれば分かることです。自分もよくよく考えれば自分はかわいいし、自分は幸せになりたいのです。このことを自覚することは自分にとって大切なことです。

 自分は何をしたらよいか分からない、自分の生き方の分からないと思っている人はたくさんいます。しかし、自分が幸せになりたいのだということが、はっきりすれば、幸せになるためには何をすればいいか考えるようになるからです。そうすれば、釈尊の教えはすべて、人々が本当に幸せになるための教えですから、それに近づけるのです。

 また、幸せになりたい大切な自分は、自分の力だけでは生きて生けないし、幸せになれないのです。先ず、生まれてきたのは、両親の御陰です。成長できたのも両親の御陰ですし、他の多くの人々の御陰なのです。そして、その人たちも、みんな自分の幸せを求めているのです。そのことを知れば、私は幸せでありますことを自覚して、私の親しい人々が幸せであることを願わざるを得ませんし、生きとし生けるものの幸せを願わざるをえません。

 慈悲の瞑想はこの心をしっかりと育てるのです。慈悲の瞑想で育てる慈、悲、喜、捨の心は無量心といわれる、無限に大きくなれる心なのです。これらの心を無限に広げると、最高位の神々である梵天と同じ心になるのです。あと一歩、悟りの智慧が表れれば阿羅漢になります。

 しかし、幸せを願っている生きものたちの希望や期待を踏みにじって、彼らを害する(傷つけたり、殺したりする)ならば、自分の幸せを守る権利は失われます。この世でも不幸になると思いますが、たとえこの世でその結果が現れなくとも、死後は必ず不幸な結果になることは間違いないことなのです。もちろん、幸せを願っている生きものたちを害しないならば、この世でも幸せになると思いますが、万が一、幸せになれなくとも、死後が間違いなく、幸せになれるのです。これが宇宙法則であり、真理なのです。

 130番、131番に関するスマナサーラ長老の法話が日本テーラワーダ仏教協会のホームページにあります。http://www.j-theravada.net/howa/howa54.html
しかし、130番は私は昨日取り上げたため、テーマが少しずれていますが、混乱しないように勉強してください。

○生きものは幸せ求めるそれなのに害する人は不幸になるよ (131)
○生きものは幸せ求めるそうだから害さない人幸せになる (132)

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~ 

この記事へのコメント

2009年04月02日 04:35
 おはようございます。
 御蔭。食事を用意してくれます。教えてくれます。連れて行ってくれます。寝るところを用意してくれます。仕事をくれます。声をかけてくれます。
 生きとし生けるものが幸せでありますように。
2009年04月02日 04:55
ワンギーサさん、おはようございます。「私は幸せでありますように」慈悲の瞑想の最初ですが、偽善でない合理的な教えにとても納得してます。集中して念じると結果的に「怒り」が出ずらくなります。「怒り」は不幸の原因ですが、「怒り」を目の敵にして頑張るのもやはり「怒り」なので、四無量心を育てる方が自分には合ってると思います。有難うございました。
2009年04月02日 05:24
ワンギーサさん、最後の箇所が納得出来ません。物質世界を重視した基準から照らし合わせれば、他人に害を与えて不幸にならず、慈しみの気持ちで生きて不幸になる。ということはあるかもしれません。しかし、例えば心の平安という基準からすれば、他者を害する場合は既に不幸であり、慈しみで生きることは既に幸福だと思うのです。それに例外はないと思うのですが、いかがなものでしょうか?もちろん、慈しみを無量に育てるのがあくまで幸福の基準であるならば、話は別ですが。
まお
2009年04月02日 06:50
 ワンギーサ様、ツヨシさん、新さん、おはようございます。
 以前の私はものすごい無知の塊だったとわかりました。どんなものでも殺生しないようにしようと思います。
 私が幸せでありますように。
 私の親しい人々が幸せでありますように。
 ワンギーサ様と皆様が幸せでありますように。
 生きとし生けるものが幸せでありますように。
あっきん
2009年04月02日 07:42
おはようございます。
 医学の進歩はすごいですよね。その影に実験動物として、モルモットや犬等の生き物が解剖され、試され殺しています。関係者によると、供養して果物など添えているそうですが、論理が成り立ちません。
ワンギーサさんはこの実験動物についてどう感じます?
病院の体質なので、どうにもならない。でも気になる。
犠牲で成り立ち、結局死ぬことに変わりない。
高橋優太
2009年04月02日 08:22
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
2年前、どうしようもないくらい気持が沈んでいた時期がありました。そのとき、仲の良い友達は連絡を頻繁にくれました(実際、あのときの自分は暗かったので、いっしょにいても嫌だったと思います)。両親は毎日励ましてくれました。家庭教師の先生も話を聞いてくれました。学校の先生も心配して、家に足を運んでくれました。実際のところ、自分が社会から与えてもらったものは、ものすごいたくさんです。このことを思い出すと、社会から慈しみをもらったのだから、自分もしっかり慈しみのある人間になろうと思います。怠らず、悪感情に負けず、また頑張ります。私が幸せでありますように。私の親しい人々、お世話になった人々、このブログに集まる皆様が本当に幸せでありますように。生きとし生けるものが幸せでありますように。
ワンギーサ
2009年04月02日 09:06
皆さん、おはようございます。
 新さんへ。業のことは、複雑なのであのように書きましたが、基本的には善因善果、悪因悪果です。それと見た目で不幸に見えても、本人は幸福ということも有りますし、その逆もあるのです。そういうことで納得してください。
 あっきんさんへ。動物を殺すような動物実験はやらないほうがいいと思います。金儲けのための、不必要な新薬開発が行われていますので、多くの生命が殺されています。それになるべく加担しないようにする以外ないのが現状です。私たちのできることは自分の心を清らかにすることです。
皆さんが幸せでありますように。生きとし生けるものが幸せでありますように。
高橋優太
2009年04月02日 17:20
ワンギーサ先生、こんにちは。
一昨日の3日くらい前から、一昨日まで、実践を夜の分、あと朝の分一回サボってしまいました。ごめんなさい。勉強が忙しいなど自分に言い訳をつけると、すぐに怠けたがるので、勉強など自分のやるべきことは、昼のうちにしっかり終えようと思います。勉強も実践も先延ばしする考えでは、ダメなので直します。また頑張ります。生きとし生けるものが幸せでありますように。
身の丈修行者
2015年04月23日 06:20
自分も・相手も・社会も嬉しいと思う事をして、嬉しくないと思われる事はしないように心がけたいです。
そして慈しみの気持ちを深めたいです。
そうすれば心は明るくなり、暗くなる事はないのではと思います。
それは幸せを得る事にもなるように感じます。
実践して参りたいです。

この記事へのトラックバック